院長BLOG

2021.05.31更新

自分も一昨日の土曜日に2回目のワクチンを受けました。

当院にかかりつけの患者さんでもそろそろ2回目を終わったとか、近日2回目をやる予定だとかいう人がでてきましたので、私が2回目を受けた感想を書いておこうと思います。

まず、痛みは1回目と同様か、少し軽い程度です。接種1日目で注射部位周辺の筋肉が痛くなります。腕が上がらないとかそういうほどでもないですが、筋トレをしようとは思いません。そういうレベルです。

そして、高率に発熱などがでるという2回目ですが、果たしてどうか。というと、私、本来風邪をひいてもそうそう発熱しない体質なんですが、接種翌日の夜、体熱感があって計測したら37.3度となりました。その直前にゾワゾワとして筋肉というか節々というか、そのあたりが風邪症状のように発現していて、どうなるかなと思っていたら寝るときになって発熱しました。微熱程度ですが。それでロキソニンを服用して30分か1時間で眠れました。

接種したのが土曜日で、その日はさほどどうということもなかったが、一応ランニングは控えて歩きにしておいたんです。

で、いろいろ変だなと思う体感が翌日の日曜だということです、昼にだるくて昼寝をしたり、夜は先述のように微熱とかぜ症状。

その間いろいろ雑用はしているのですが、本来やろうと思っていたことが一部できなかった。夕方は一応息子とランニングはしたんですけどね。それで汗かいたから良いだろうと思っていたのですが、軽度とはいえ普通ではない調子を体験しました。

明けて今朝もなんとなく正常ではない印象があります。いろいろな人の話を聞くにつけ、どうやら、こういう反応がかなり高率で、とくに現役世代には高率にでているようなので、今後未成年にも接種する動きになったときには、免疫反応が危険じゃないかなと思います。欧米人の100kgくらいある体格の人と、小さい日本のおばあさんや子供と、同じワクチンの量というのはどうも合わない気がします。

そして接種するのなら、現役世代は土曜日など翌日が休みの日にしておいたほうが良いと思います。

今後未成年への接種も当院として担当することになった場合、ちょっとそのあたりをどう対応するか、悩みどころかなと思います。未成年の場合にはワクチンの副反応としての発熱や過剰免疫反応が危惧される、ということです。老人よりも感染発症リスクが極端に少ないのにワクチンの副作用が高率にしかも高熱などのレベルで発症するとなると、メリットとデメリットのバランスがよろしくないのです。量の設定を考えるべきではないかと思います。これについては私が決められることではないですが、こういう実地体験をフィードバックして、欧米産のワクチンを日本人が受けるときにどうするべきかを中枢の専門家は考えて方針を決めないといけないと思います。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.31更新

アマゾン限定で販売開始をした私の著書ですが、今回第1巻も50冊刊行しました。

アマゾンでは注文をしないと出版社のほうに「アマゾン倉庫に納入するように」という指示がでないため、現状では一時的に在庫なしという表示になってしまっていますが、実際には在庫はまるまるありますので、1巻を買いそびれたとか、2巻を読んでみて初巻はどうなのかなと興味を持たれた人にはぜひ購入していただきたいと思います。

1年後に売れ残っていたら、それは店頭販売となりますので、それはそれで仕方ないのですけれども、、、。手売りのほうが、アマゾン販売での利益ゼロに比べれば多少の赤字補てんにはなりますし。ただ、多分購入される方としてはアマゾンから買うほうが楽かなと思うので、今回はそうしています。

ということでどうぞよろしくお願いします!

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.31更新

先週、満月の日もその後も月が見えない話をしましたが、満月から3日目の土曜日の夜も、晴れているのに夜8時ごろ時点で月が見えないので、月の出を調べたところ、この日ですでに23時がやっと月の出の時間で、月の入りは朝8時ごろということでした。

満月はちょうど見やすい時間に見やすい高さで見えるから意識しやすいわけで、それを過ぎると急速に月は夜中の時間帯に見えやすく変わっていくというわけです。

月に関しては知らないことがたくさんあって、天文学者に詳しく学びたいと思うほどです。

月はツキ、つまり運とも関連するようですが、運といえば最近買った本で、あるタレント占い師の著書のものがあるのですが、生まれ年と生年月日別にいろいろ細かく記載されていて、「どれどれ」と自分のもみてみたところ、あまりに漠然としていて当たってるわけでもないので、さすがにこれは「無駄な本を買ってしまった」と思いました。ただ、その本には、占いのことはさておき、他のいいことが書かれているので、それは参考にすべきかなとは思いました。

5月は今日で終わりますが、この今月5月というのは、ツバメがGW連休明けからいきなりカラスに全滅させられてその後寄りつかなくなって、どうも調子悪い印象が3週間以上続いたという珍しい月でした。もう今月も終わろうかという昨日30日、なんと、ちょっと前に作られていてその後空宿状態のように思っていた巣にツバメがちゃんと座っているではないですか。それを発見して、ちょっといい気分になりました。今季3度目の正直となるか否か。カラスからどう守るのか、遠巻きに見守ろうと思っています。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.29更新

水木金曜日の3日間連続で夜曇りにて、不思議なほどに月が見えない状態が続いています。

まるで日本のいまの無明状態を象徴しているかのようです。

そんな中、しぶとく愛知池。これで12週連続毎日達成となりました。

帰りは22時ギリギリになったのですがひさびさに書店に行って何冊か本を購入。

今日私は午後から2回目のワクチン接種に行ってまいります。往診のあとだから時間がややタイトなのですが。

当院では6月12日の土曜日昼からコロナワクチン接種が始まります。日進市内の内科など30か所ほどの病院医院でも接種業務が始まっています。

当院では、原則として、過去に当院に何かしらで受診利用された方のみ、ワクチン接種の予約を受け付けています。だいたい予約から3,4週間後に接種となります。当面は、土曜日の昼のみの対応となります。ですので、もしお急ぎの方や曜日が合わない方は他所での予約をお願いいたします。

もし当院でとりあえず予約しておいて、接種日が近くなってから「他で早くやってもらえるから」ということでキャンセルされる場合は、ダブルブッキングされたことになりますので倫理的に違反することになりますので、もし他所でやられるのならば早めにキャンセルの連絡をいただけるようにお願いします。

当院にかかっている患者さんで、日進市以外の住所の方は、心臓病や高血圧の持病や既往があれば当院での接種可能ですが、高血圧や心臓病がなく、日進市住民でない場合には、住所の市町村での接種となりますので手配よろしくお願いします。

世間では正直なところパッとしないニュースばかりですが、自分の好きな事やちょっとでも楽しめることを探して見つけていろいろやってみることをお勧めします。テレビばかりみていると完全に頭がネガティブになってしまいます。人混みでない場所、運動できる場所はいくらでも探せばあります。趣味のものを愛でることも楽しいでしょうし、ときには読書も脳の活性化に有効です。

何度も宣伝して恐縮ですが、今回私の著書「よろず開業医のブログ日記」第二巻では、ところどころに読者へのエールがちりばめられています。描き下ろし本でないので、前半だけで本の内容のほとんどが終わってしまっているなどというスカスカな本ではありません。どこに珠玉の名言があるか、最後まで気を抜けませんよ。

自他共に励ますファイティングスピリットを、生命力アップのシャワーとして感じていただければ幸いです。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.28更新

hon

紀伊日の岬灯台の夕焼けを表紙にした第二巻

この写真だけでも一見の価値があると思います。自分ながら「ずいぶんいい写真が撮れたんだなあ」と、あとから見返して思う次第です。

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.27更新

昨晩は満月で、かつ皆既月食ということだったのですが、ちょうどその時間のころにランニングしていたのですが1時間走っている間、空は曇っていて、月食もその前後の月も何にも見えずに終わりました。

狼男でもないですが、満月というのはキレイなので、タイミングが合えば、できれば見たいもんですから、毎月。

今日も雨ということで、今夜の月はどうなるか。

世の中はコロナでどうにもパッとせず、せいぜいコロナワクチンを早く済ませたいというのが年輩成人の目下一番の関心事でしょう。

昨日の午後は老人施設の30名にコロナワクチン接種をしてきたのですが、毎年のインフルエンザワクチンや5年おきの肺炎球菌ワクチンでは、今回のコロナワクチンほどには待ちわびた雰囲気は得られないですから、

今回のコロナワクチンをきっかけにして、日頃からの予防医療やワクチンに対するありがたみが分かると良いなあと思う次第です。

ワクチン打ったからメタボ対策やフレイル対策をしなくて良いということでは決してないのでそこはオトナなら理解しましょう、と言いたい。

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.27更新

一昨日からアマゾン限定で発売開始の私の著書、第二巻は、現在アマゾンで在庫切れとなっているようです。

これ、売り切れということでは全然なくて、単にアマゾンの倉庫に入荷してないだけということです。

つまり注文があってから初めてアマゾンから出版社に倉庫への納入指示がでて、それから、購入者さん、まずは予約された方へ配送されるという順番のようです。

まだまだこれからですので、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.27更新

当院でもコロナワクチン業務が始まりました。

外来患者さんの接種は基本的に土曜日の午前診療終わり次第の枠で行うことになりました。

6人で1バイアルという制約のあるワクチンのため、どうしてもなるべく6人を1セットとして投与しなければならないため、当初水曜日も活用しようと考えていましたが、現状では土曜のみとなります。

お急ぎの方や日程が合わない場合には他所ワクチン接種会場や他のクリニックでの接種をお願いいたします。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.24更新

今回2冊目の本を出しました。

内容の割に安くないと思われるかもしれません。

昨年の今頃、1冊目のときにはクリニック窓口でも販売していたし、その方が利益も多少はでるのですが、無理やりに売りつける感があっても嫌なので、今回はアマゾン販売だけとしました。

アマゾンでのみの販売となると、販売価格の4割をアマゾンが徴収し、そして宅配費用も出品者負担となり、なおかつ1冊毎に出版社が手数料を取ります。となると、出版社いわく、あの値段でちょうど利益ゼロになるというのです。あの値段以下だと1冊売れるごとに赤字。

さらに、印刷代などの製作費についてはすべて私側の持ち出しで、本の価格に上乗せしていません。それでもこの値段。本当に不思議ですが、100冊程度だとそういうことになるのでしょう。

ということで、こんな苦労して、費用も大変高くて、購入者にも高い値段で、何の意味があるのかなあと、我ながら思います。

これは自費出版で少数冊ゆえの仕方なさなのですね。

ただ単に自分の記録ということだけの目的ならば、2,3冊つくれば良いだけのことですが、そういう目的ではもちろんなく、そして、本というものは他人に読んでもらって初めて意味があるのです。

本の本文中にも記述したことですが、かつていろいろな医師の先生らが専門書以外でも本を出されたことはあるでしょうが、全国的に有名で、タレントとしても知られているレベルの偉い先生でもなければ、はっきりいって、何にも引退後や死後にその業績が残らないんです。学会誌や論文はもちろん残りましょうけれど、医者の仕事というのは、学術だけのものではないですから、論文しか残らないというのは侘しい。それは教育者でもそうだと思うんですよ。大学教授でもそうだし、長年小学校中学校高校などで教育に貢献してきた先生方だって、多くの生徒を育てたという立派な業績があると思うんですが、そういうのはあまり記録や評価に残らない。

国会議員や地域の消防団を長年やってきた人には勲章が貰えるが、長年教育や町医者をやっていたって何にもそういうのは無い。

勲章がほしくてやっているわけではないけれども、少なくとも、何かしらの形で残るもの、評価に値する材料というのか、そういうものがあっても良いと思う。

それが本という形なんです。ネットでブログを延々と残すことももちろん可能ですが、それとはちょっと本という形はまた価値が違うと思うし、それなりに中身があるブログならば本になるのは自然の成り行きだと思うんです。中身があるかどうかを判断するのは、自分だったり、他人だったりだろうけども。

私は割と本屋さんに良く行く方だとは思うんですが、最近はネットで購入することのほうが多いのはありますが、いずれにせよ本はまあまあ読むほうだと思うんですが、たとえば有名なタレントや専門家というのか、テレビでまあまあでてくるような人が書いた本というのは、最初のうちこそインパクトが強い濃い内容だったのが、だんだん水増しというのか、内容がスカスカになってきてしまう傾向がどうしてもある。

想像で描いたフィクションでもなければ、そうそういろいろな内容はでてこないでしょう。人生は時間が平等ですから。どれだけ多くの人とあったり、たくさんの勉強や経験をしたり、場合によっては睡眠時間をいかに削って経験値をあげるか、ということに集約される。それにより差がつく。

せいぜいその程度だから、たとえば若いおにいちゃんがいくら学問として勉強して、その内容を解説してても、実際の人生経験は短いわけだから、さすがに30歳の凄く優秀な人が60歳の普通に生きてきたおじさんと社会経験値で肩をならべることは難しいでしょう。個人差はもちろんあるけれど。

学者さんが書いた本でも、たしかにいろいろと文献とか論文とかをたくさん勉強してて、そういったデータを解説して、読者に知見を提供する、というのはどんどん新しいものができるでしょうが、それはあくまでも実体験のものではないわけで、どうだろう、深みというものはどうしてもなくて、ただのデータの羅列になってしまいがちで、結果的に、あれ?この本読んでなにか明日から活用できるようなことってあるのか?という気持ちで終わってしまう。

タレントが書いた本も同じで、ただ有名だから売れるだけで、実際にはゴーストライターが書いただけかもしれない口述筆記かもしれないし、いずれにせよ、本当に価値があるなあと思う本というのは年に何冊もない、というのが個人的な感想なんですね。

じゃあ、自分の本がそういう巷にあまたある本よりも価値が高いのかというわけでもないんです。ただ、自分のブログの価値は自分でそれなりにある、とおもって書いて、それを抜粋編集して出した、ということなんです。

他にもいろいろ本を出す理由はあって、まだ少し書ききるには時間がないので今朝はこれで終わりますが、読んだ明日から何かしらに役に立つ、それもテクニックとか勉強したかいがあったとかそういうのではなくて、言ってみれば生命のインスパイアになるようなものだと思って、もしよければ読んでいただきたいなあと、思うのです。私のことを全くしらない人が読んでも正直ぴんとこないローカルな話ばかりかもしれないが、現状はこんなところだろうと思っています。ローカルでも普遍的なものもあるので、そこはどれだけ理解してもらえるかなと、淡い期待をしている次第です。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.05.22更新

昨日で満11週となった、毎日愛知池ランニングですが、このところの梅雨入りによって、雨、風、蜘蛛の巣、といった障壁が、心理的にヘバらせてくれます。

おまけにたまに地べたに居るカタツムリにも注意しなければならないので、もう、なんというか、ヘバります。

息子の試験期間が終わったので、夜8時半から走れるようになりましたが、おとといの夜10時ごろ、雨風が台風のようだった日は、珍しく誰一人ともすれちがわなかったですが、昨日は2人ほどとすれ違いました。とはいえランニングというよりはウォーキングの人でしたが、、。

今朝はまあ快晴になりました。お天気コロコロ変化で、体調を崩さないように皆様お気を付け下さい。

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E5%91%89%E6%88%90%E6%B5%A9&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%9A%E3%82%84%E9%96%8B%E6%A5%AD%E5%8C%BB%E3%81%AE%E3%81%B8%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%81%93%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E6%97%A5%E8%A8%98-%E5%91%89%E6%88%90%E6%B5%A9/dp/4864319022

投稿者: 三本木クリニック

前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png