院長BLOG

2021.04.10更新

かれこれ5週間ほど、毎日愛知池1周を続けています。都合で1日空いたときは翌日ダブルでつじつまを合わせたりして対応しました。

それで3月の、結果的にはまあまあ忙しい時期も、しんどいとは思いつつも、大過なく頑張ることができました。この時期は皆さんいろいろと忙しいというケースが多いのではないでしょうか。

そういった状況で、体力が結局モノを言うというか、仕事をする、土日も有効活用する、というためのスタミナが中高年には特に必要で、そしてそれは若いころのように自然に備わっているわけではないわけです。つまり、何らかによって鍛えないと持たない、ということです。

この1か月以上の毎日のジョギング(たまにウオーキング)をすることによって、体力とかスタミナとかいうのは結局のところ足腰の力、脚力のことなんだなと、改めて思わされました。

東京などの都心部で普段電車通勤通学している人というのは、自然自然にそういう形で脚力が鍛えられているので、中途半端な田舎の人より登山などもすいすい歩いて行ったりできるように思います。

医者などという職業では実際多くの人が運動不足なんだろうなと思います。内科の先生ではたいていはメタボの患者指導をするはずですが、自分自身が中高年以後になったら積極的に運動なり食事なりの生活習慣の改善をしていかないと、どんどんメタボやフレイルに陥るんじゃないかと反省すべきかと思うんですよね。

医師会や研究会、学会などで医者の人々をみるにつけ、中年以降の年代の人たちはほとんどメタボ体型です。これで良くもまあ、他人にエラそうな指導できるもんだと、自責の念も含めて感じるわけです。

食べても太らないタイプとか小食で痩せてる人は逆に筋力不足であって、またそれはそれでフレイルとなりうるので、よほどそれも問題だと認識して改善させなければならないでしょう。ただし、こういうタイプは医者では稀ですね。大抵は中年太りの体型でしょう。

脚力がないとパッパと動けない、面倒くさがる、フットワークが重くなる、ということで、仕事もきっちりとできなくなります。それほどに、古くから言われていることではありますが、足腰の鍛錬は老化予防に重要だということです。

また今後も頑張ろうかなと思います。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png