院長BLOG

2020.05.07更新

昨日はゴールデンウイーク最後の休み日ということで、予定通り、連日となる愛知池のランを遂行しました。前日と同じく、午後、夕方よりは前という時間帯で、最初小雨程度だったのが、終わるころにはザンザン降りの雨で、ただでさえ数組しかいなかったのが、最後には完全に誰もいない状況のなか、息子とバトルしました。

途中、堤防土手の下端から上までの3往復を含めて、ということで、その時点で雨ザーザーでしたが、なんとか頑張りました。なにせ、スタート地点に戻ってこなければ帰れないんですから、途中棄権のしようもありません。それがまたいいんでしょう。登山もそういうところありますね。

快適な状況でなら、誰でも気分よくジョギングや散歩できるでしょうけど、雨だろうと雷が鳴っていようと決めたらやる。もちろん体調など無理してはダメですが、そうでなければ、多少のおっくうさは無視してやるんです。で、実際に、やった。終わってみれば1時間という短い時間だし、たいそうなこともないですけれどもね。それでも最短記録更新ですよ。

なんとなしに世の中全体が虚しい無力感にやられている昨今ですから、正直なとこ、雨降ってるのにヤル気でないですけどね。それでもやってみると、体はびしょぬれだし、体ガタガタになりますが、唯一、達成感というものが得られます。おっくうだったけども、誰もいない雨の中で、雷に怒られながらも走る、ということは何か特別な感覚があって、達成感が倍増したように思いました。腹もへって、夕飯を遠慮なく食べれますからね、、。

息子とのバトルでは当然負けましたが、意外にもさほどの差がつかなかったのは我ながらなかなかだと思いました。見た目ダサダサでしたよ。でもね。

「雨の中でも毅然として咲く花であれ。強くあれ。強くあれ。そしてほほえみを仲間に分け与えよう。」こういう内容の詩を書いた偉人がいます。雨ん中でも、です。

そして、昨日はそのあと久しぶりに書店に行き、スピリチュアルな本を1つ見つけて買いました。いま求めてるのは自分はこれやなあと思うもので一気に読み終えました。清涼飲料のようなもんですけれどもね。待合室に置いておきましたのでよければご覧ください。書店には無数の本がありますが、自分が読みたい本というのはほとんどありません。1冊でも見つかればラッキーな部類です。紙媒体でなくて現代はネット媒体でも無数に情報がありますが、中身が深いものというと、本当に稀有なレベルでしか見つかりません。結局、、自分で創造するしかないのかなというのが率直な思いです。

しかし残念ながら自分発、というのは、自分自身にとってはインプットになりませんからね、、。それは残念といえば残念ですが、新しい価値というものは、結局自分の人生では自分が作るしかないのかもしれません。

こんなこと書くと、一介の町医者が何を偉そうにと思う人もあるでしょう。どうぞどうぞご自由にそう思ってくださいな。でもね、自分の価値っていうのは、自分が認めれば価値なんですよ。世の有名人とか偉い人とか大富豪とか見てみたら分かるでしょう。歴史上の偉人と比べたらどうですか?どれもこれもどんぐりの背比べのようなものではないですか?客観的に他人からみればそんな程度ですよ。でもその人たちは自分自身を価値大なる存在だと自認しているのです。でなきゃあんなに好き放題発言できないですよ。それは自由なんです。ウソとかファシズムとか過激派ですら自由放題ですからね、それはさすがにどうかと思うけれども、それもこれもある意味同類でしょう。自分の価値は自分で認めていいし、高めていいんです。

誰か、私の魂を揺さぶるような大物よ来たれ、と思っています。そして一方で、当院に来られた人にはスピリチュアルな意味でもぐいっと引っ張りあげてやりたいし、それができる自分でありたいと思います。まあ、そんなことを思いながら今日からまたボチボチやります。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png