院長BLOG

2020.09.09更新

このところ、まだ若いのに急逝してしまう話を立て続けに聞きました。

私の患者さんではないのですが、メタボ生活習慣病で明らかに治療をすべきだったろうに、放置していたため、50歳とかの若さで急性心筋梗塞死。

そして私がかつて大変お世話になったし大好きだったし尊敬していた大先輩の先生が胃がんで亡くなられました。まだお若いのに。健診をちゃんとやっていて適正に評価していれば、早期発見できたのではないかと、もったいなくて仕方がないと思います。

当院では毎年検診を承っていますが、今年はコロナの影響で、健診受診率が大変少ない印象です。ある人はまだ50歳代ですが、健診で小さい肺がんが見つかりました。すぐに手術の方針となりました。これで無駄に早死にすることは避けられるでしょう。

生活習慣病だろうと、癌だろうと、これは早期発見早期治療で着実に寿命を劇的に伸ばすことができることは、もう何十年も前の時代から誰しもに知られていることです。

医者の不養生だとか言われがちですが、私だって自分なりに毎年一通りの管理は自分で診ています。バリウム、検便、胸の写真、エコー、採血。たったこれだけで殆どの病気はチェックできるんです。

ましてや、サラリーマンだったら、なおさらに健診は充実しているはずですから、どうして??胃がんなんぞで早逝しなければならないのだろうか。悔しいし不思議でなりません。職場の管理体制が不備だったとしか思えません。

病院にとっては、医師が一番重要な人材です。その人材の検診をないがしろにする企業など、私的にはありえません。ありえないはずです。

それが現実になってしまったことを、猛省してシステムの改善に努めなければならないと強く思った次第です。ただ、いかんせん、部外者の私が憤ったところでなんら意味ないんでしょうけれど。

ともかく、私に関わる患者さんについては、きっちりとやる。これしかない。自分にできること。きっちりやる。それが最終的には感謝されることになると信じています。

投稿者: 三本木クリニック

2020.09.07更新

昨日は雨の降らないうちに愛知池をジョギングしてきました。

しかし、年と共に、痩せるのは大変になりますね。少しずつ自分を騙しながら調整していくやりかたが一番リバウンドが少ないのではないかと思いながら。

それで、下がり止まった体重をブレイクスルーするのには、まず昼のガッツリ食べを少な目にします。それにより午後の眠気も軽減しますね。

あとはやはり余暇の時間、休日や夜間を利用してランニングや散歩を増やす。

昨日走ってて思ったのですが、走ることは体幹筋の筋トレにもなっていますね。特に腹部。あとは肩の受動的筋トレにもなっています。

汗バーッとかいた後の水分補給が美味いこと。甘露甘露。

さて台風の影響がある月曜ですがボチボチ今週もやります

投稿者: 三本木クリニック

2020.09.07更新

イラストレータかつ絵本作家のニシハマカオリさんから友人のIさんを通じて当院に絵本を寄贈していただきました。

全国区のプロということで当然といえば当然かもしれませんが、上手に描くものですなあ、、。

ありがとうございました。キッズコーナーに配置させていただきました。えほん

投稿者: 三本木クリニック

2020.09.04更新

不摂生でも病気にならない人の習慣 順天堂大教授 小林先生 による著書の要約抜粋です。

1. 朝寝坊しても朝食は摂る。バナナ1本でもいい。起き抜けにコップ1杯の水を飲む。
自律神経にとって朝食は重要な行為である。副交感神経を刺激して全身の、ひいては脳血流を改善する。

2. 精神的な疲労がたまったら、発酵食品や食物線維の多い食品を摂ることで腸内環境を改善し、メンタルヘルスの改善が得られる。
3. 長いデスクワーク後のストレス解消はウォーキングで徐々に。それも夜のほうがケガが少ない。
4. 肉食嗜好の人は付け合わせの野菜や果物からまず食べる。脂肪対策にはナッツも推奨
5. 炭水化物が大好物で丼物やラーメン、カレーなど食べる際には、あらかじめ半量だけ取り分けて、それ以上は食べない工夫をする
6. 昼食の配分は朝4,昼2,夜4,という具合。昼食後の眠気を防げる。
7. 揚げ物や中華などが好物の場合、タマネギとリンゴ酢の味噌汁を一緒に食べる。
8. 夜9時以降の夕食は魚や鶏肉をメインにする。そして腹5分目とする。
9. 炭水化物を安易に抜くダイエットは危険。グリコーゲンの枯渇を招き、肝臓に負担をかけるため。
10. お酒を飲む場合、酒1杯に対して水も1杯飲む。怖いのは夜中の脱水症。また、宴会の予定がある日の昼食は腹5分目にとどめておくべき。
11. 寝酒は良質な睡眠を妨害する。一瞬の麻酔作用もあるが興奮作用があるため。
12. つまみはチーズ、ナッツ、豆腐が良い
13. 前夜飲み過ぎても翌朝の朝食を抜いてはならない。腸内環境が乱れる。
14. メタボ体型だが痩せるための食事制限が出来ない場合、逆にこまめに少しずつの食事に替えてみる。つまり間食をとる。ただしケーキやアイスはダメ。ヨーグルトやチーズ、ナッツ、バナナ、ドライフルーツのたぐいを。食事前には1杯の水を飲むようにする
15. 副交感神経の機能低下で便秘となる。ストレスも原因となる。オリーブオイル飲用で対応。腸内環境の改善のためにも朝の目覚めのコップ1杯の水。
16. 3時のおやつも低カロリーなものならば良い。疲労を和らげることができる。

 

といったところです。
その他にも自律神経を乱さないための、食生活以外のさまざまなシチュエーションでの心がけや対処法などが書かれてあり、かなり久しぶりにインパクトを受ける本を読んだ印象でした。感情の起伏によって(とくにネガティブなものによって)、一旦乱れた自律神経は3時間は続いてしまう、との内容は、自分でも思い当たることがあり、若いころならいいけれど、年とるとそういうのがすごくストレスとなって、体を蝕むのが実感されるので、自律神経をあたふたさせない工夫は今後の人生において大変重要なことだと思いました。若い人で精神衰弱の傾向の人にも参考になると思います。

食事や生活習慣に関しては、上記のように要約箇条書きにしてしまうと、物知りの人にしてみれば「当たり前のことばかりじゃん」と思う知識もあろうかと思いますが、意外に実践しているかどうかというとそうでもなかったりするし、日々の積み重ねがやはり重要なのだと思います。そのためには、忘れた頃にまたこういう勉強をしなおして生活習慣の修正をすることが結局は長い人生のために有効なのではないかと思いました。

 

投稿者: 三本木クリニック

2020.09.03更新

昨晩、20時からの勉強会の前の、夕食後50分だけ空いた時間を利用して(というのも、昨日は午後から往診や自分の体のメンテなどで帰宅が18時になってしまったので)、愛知池は断念して、かつ食後なため、ウォーキングをしました。

ときに少しジョギングしたりもしましたが、ほぼ歩き。

それでも風がないと湿度が高いので汗がまあまあ出ます。

ただ、昨晩のこの時間は風が通る場所だとすごく気持ちいい風が吹いていて、ちょうど目の前に満月が煌々と光っており、「なんだこの気持ちよさは!」と叫んでしまいました。

思えば人生は考えようによっては大変虚しいものです。ただ、こういう気分調子のよい一瞬があるために、まあなんとかやってられる面もあろうというものです。

少量でも朝ごはんはなるべく抜かない方が良い、とか、朝起きたらコップ一杯の水を飲むと良い、といった自律神経の指南が、最近の本(まだ要約報告できてないですが)にあって、たしかにそうかもしれないんだけど、でも痩せられないからなあということで、ならば運動量を増やすか、そのほうが楽しいし、そういう観点で少し動き始めています。これから涼しくなってきて、猛暑からの卒業でますます気持ちよくなるんじゃないかな?そう期待して。実際そうなるんですけども。

現状維持ではなく痩せることを目的とする場合、それはあくまでも中年の標準体重とでもいうべきレベルをゴールにして差支えないと考えているのですが、それでも達成するのはなかなか簡単ではありません。無理なダイエットはリバウンドのリスクがありますし。それでとにかく毎月500gずつでも減らすという図式で、と意識しているのですが、当然、現状維持でないのですから、少しずつカロリーをやはり減らさねば、無理というものです。そのうえで、運動も増やす。そういうことだろうと思います。朝ごはんを食べるのなら、昼夜をその分減らして対応し、なおかつ運動の回数と時間と負荷を増やす。

それが最近の生きがいの一つかな、、。

勉強も少しずつ進める。それもある種、実験です。人生の醍醐味の構成するものはいろいろあるかと思いますが、そのうちの一つが、実践であり、実験であり、研究です。

投稿者: 三本木クリニック

2020.09.01更新

私が一番好きで、しかも、地味に一番長く付き合っている美顔機械が、メディラクスシリーズです。

現在メディラクスプラスというタイプを使用しています。これ、もう古い機種となってしまっていますが、いまだにこれが一番好きで一番安心して効果を期待できます。

つまり、お肌の弱いタイプでも副作用がまず出ない。ヤケドの心配もない。ありとあらゆる顔皮膚の症状所見に有効(シミ、ニキビ、アトピー、毛穴、乾燥肌、など)、脱毛もできてしまう、肝斑にも使用できる、といった特徴があります。

昨日も長いこと通院されている患者さんが、この治療を半年以上ぶりにやったのですが、やはり治療前よりきれいになったと周囲の人たちから言われるそうですし、しばらく合間を空けていると、肌の調子が気になるようになるそうです。見た目は私が見るに大して問題なくてキレイなのですが、本人にしか分からないレベルがあるのでしょう。

今後もこの機械が壊れずにいてくれる限り継続したいと思います。予約がなかなか取れないのが申し訳ないですが、まあ、2か月おきでも十分効き目がありますから。しかも安いですよ。安さを売りにしてるわけではありませんが、この手の治療としては気軽に入って来られる機種です。

 

投稿者: 三本木クリニック

2020.09.01更新

大して食べ過ぎているわけでもないのに、やはり3食食べると、痩せられませんね、、。

たとえば2食だったのを3食にして、その内訳カロリーを変更して、1日のトータルカロリーを同じにしようとしても、おそらく少しやはり2食よりは3食の方が合計量が増えているのではないか。

若い人だったらこれくらいの食事だと持たないと思うほどの量の食事でも、中高年になると、代謝でロスするカロリーが少ないため、自動車でいうと燃費の良いハイブリッド車か軽自動車のようになってしまう。

太った人がより太り、普通の人でも太っていく。年齢とともにそうなるのは、やはり普通にしてるとそうなってしまうのでしょうか。

昨日も数年かけてゆっくりと、相当の体重減少させた患者さんがこられましたが、やせた状態になってもやはりちょっと食べ過ぎるともう太り方向に戻るとのことです。

2食を3食にするならば運動も週2から週3にしなければならないということになるのかな、、いろいろ実験してみたいと思います。

バイクでも生活習慣の改善でもなんでもそうですが、実際に乗ってみないことには、実践してみないことには分からないです。他人がどうだったからとか一切関係ないです。自分の体質にあった生き方というのがあるんですね。バイク選びでも本当にそうです。その人の趣向好みや目的、年齢体格などによりいろいろですからね。

先日読み終わった、順天堂の教授先生が書かれた著書はなかなか有用な情報がありましたので、近いうちに要約ポイントをブログで紹介したいと思いますが、もう少し後日になります。

投稿者: 三本木クリニック

2020.08.29更新

昨夜は金曜の夜ということもあり、今週はなかなか処置や手術治療、各種業者との打ち合わせや対応など、いろいろ忙しかったことと相まって、かなりヘトヘト状態でしたが、そんな中、かねてから約束していた会合に参加しました。糖尿病治療薬であるSGLT2阻害剤の当院における使用状況とその効果成績に関する報告発表ということで、名古屋市内で行いました。

当院のデータによれば、SGLT2阻害剤によって、一番効果が大きいのは、比較的高齢者、で、メタボ体型の患者さん、だということが判明しました。若い人だと空腹感に敏感なために糖尿病治療薬により逃がしたカロリーを自ら摂取しなおしてチャラにしてしまうことがあるようですので、若い人の場合には、相当の肥満体型の患者さんには有効だと思いますが、中肉中背となると劇的効果期待するのは難しいかもしれません。これはこの薬に関する知見としてはかなり新しい発見です。

それから、糖尿病の薬でありながら、すべての年齢層を通して共通して有意差がでたのは、脂肪肝、肝機能の改善が認められたことです。すなわち、AST,ALTといった数値が一様に有意に低下改善しました。以前からこの薬は脂肪肝に有効であることが指摘されていますが、当院の症例でもそれが再確認されたことになります。いってみれば、内臓脂肪の軽減効果がある、ということです。

そしてさらに、中性脂肪の軽減についても期待してデータを取ったのですが、中性脂肪は採血時における食事の影響(食後か食前か、など)を受けやすく変動幅が大きいためか、有意な低下改善効果は認められませんでした。

中性脂肪の改善に関しては、それ専用の治療薬が普通にあって、その治療薬についての検討は今回はしておりませんが、現在、中性脂肪治療薬で腎臓への負担副作用が少ないとされる新しい薬が数年前からでており、それはすでに当院でも数多く処方しておりますので、それによる治療効果の統計学的検討も来年あたりに実施してみたいと思います。

このように、開業医であっても、多数ある症例数をもってすれば、研究活動も普通に行えるのだということを、私自身が実際にやることで証明しているわけです。

 

投稿者: 三本木クリニック

2020.08.28更新

医者が書いたダイエット本ですらさまざまある現状で、一体どの健康法が一番なんだろうかと、医者の私も訳分からなくなります。

結局自分がそれらの指南書を真似してみて、結果どうだったか、ということを体験してみるほかありません。

つい昨日届いた本では順天堂大学の小林教授先生による、自律神経に着目した生活習慣法、太らないで、かつストレスをためない方法を読みはじめました。

ひさびさにヒット級の本だった。

レビューでは、あまり評価してないコメントもありましたが、私個人的には、ダイエットとか痩身とかだけでなく、社会生活法としても自律神経の観点を取り入れていろいろ解説してあり、かなり高評価をつけたい本だと思います。偉そうなこと言ってすみません。

まだ読み途中なので、また一通り完了したら要約でもご紹介したいと思います。

投稿者: 三本木クリニック

2020.08.27更新

モニターの皆さんのおかげによりまして、エクシリスによる部分やせ効果を確認完了しました。

実際、他院でもすでに多々導入され実施されている高額なマシンなので、効果があるのは当然といえば当然なのですが、当院では実際にどの程度の出力で運用すればどの程度効果がでるのかを確認してから本格始動とさせていただきたかったので、モニターの皆さんによって、本格始動に先立って、事前評価として再確認をさせていただいた次第です。

その結果、部位別のパラメータ、施術時間、それによる効果の確認が終了しました。

不断の運動療法との併用をとくに強く推奨します。

残念ながら、というか、まだ、予約枠がいっぱいですので、本格始動の宣言ができない状況ですが、一通りのモニターさんが終了しましたらまた予約再開しますのでご期待ください。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

前へ 前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png