院長BLOG

2018.10.08更新

日本三大灯台の1つとして名高い、京都丹後半島先端にある経ヶ岬灯台を訪れました。ここは観光名所になっているようですが、周囲に土産や飲食店などが殆ど無いようなロケーションでもあるため、本当にここを目指す人しか来ないだろうなあというムードです。観光バスはよく来るようではありますが、、。

駐車場から徒歩でほんのちょっとした山登りをすると灯台、そして展望台と散策できます。

第一等フレネルレンズがほぼ目線の高さで見えるように配置された灯台とその手前の広場のため、まるで鉄人28号かガンダムの頭部を真ん前に見ているような印象をもちます。結構感動的です。今年は雑草がよく生える年だったこともあるのでしょう、さすがに草むらが少々あれているというのはありますが、定期的に整備されていることはもちろんのことでしょう。

明治31年に初点灯している貴重な灯台で、かつ現役です。日本初の水銀槽式回転台装置でもあったということです。灯台を訪問するときには毎回思うことですが、できれば宿泊できるスケジュールで、夜の灯台光を観たいものです。今回も日帰りですのでその点だけは残念です。

ここには晩秋から冬の、晴れてるけども厳しい風が吹く、という時にまた来たいなあと思いました。

この灯台は登れる灯台ではないので、もし本気で登りたければ年一程度で記念イベントがあるときに行けば、ということですが、まあ間近でレンズが観られたから良しとします。

 

帰り道には天橋立に立ち寄りました。日本三景といわれている観光地ですが、私行ったことなかったのです。生まれて初めての訪問です。それにしては地味だったなあ、、というのが率直な感想です。日本三景というわりにはあまり商売っ気がないというのか、ここでも美味いものは食べれませんでした。土産物屋さんがやっている食堂でうどん食べただけで終わりました。

ただ、天橋立、これは2.5kmほどの長さの砂州なんですが、ずらーっと松が並んでて、ここを歩いて往復はちょっと時間が足りないので、レンタル自転車と、復路は乗り合いボートで往復しました。これが結構楽しい。

天橋立には回転式の橋があって、大きな船が通行するときには通行人は一時ストップし、橋が回転して舟を通してからまた橋がつながるという仕組みになっているのですね、これもなかなか興味深く初めて目にしました。

この日は台風の翌日ということで、海の付近では路面が水浸しというところもあったりして、まだ水位が高い状態でもあり台風の名残りを感じました。

天橋立では、展望のため山の方へ上がるケーブルカーとかリフトとかもあって、そこからは砂州が良く俯瞰できるそうですが、まあわざわざそこで股のぞきするのを喜ぶ歳でもないわと思いそこはスルーしました。ひなびた昭和の観光地といった感じですね、、。それででしょうか、地元の人たちは世界遺産になることを期待しているようで、登録を期待する看板がでていましたが、世界遺産なんぞに認定されることはやめたほうが良いと思います。いろんな意味で悪くなるだけです。経済効果などを他人に期待することは同時にゴミも入ってくることとセットになる、ということをそろそろ分かった方がいいのにと私は思います。

それにしても、、せっかく海の近くということなのですが、飲食店が本当に少なくて、道の駅なども食堂は満員で行列、なかなか食事にありつけませんでした。海の幸などついつい期待してしまったのですが、その方面だけは今回(以前越前岬のときもイマイチでしたが)諦めました。

この地域には舟屋という珍しい建物住居群が残されているということで、それも観光地となっているようですが、まあ、実際に生活されている人達を見物するというのもちょっとなあ、ということでそこもスルー。たしか寅さんか釣りバカ日誌だったか、そういう系の何かの映画で見たことのある、あの風景ですね。

中高年になると、ちょっと無理してでもでかけたり運動したりすることが結果的には活動寿命を延ばすことにつながるのだなあと、自らが感じた今回のツーリングでした。翌日の今日は全身筋肉痛ですが、ほどよい筋トレになったと思います。一緒に行った友人は「運動すると気持ちがいい」と言います。そういうことを言えるのは大人ですね。

投稿者: 三本木クリニック

2018.10.08更新

題名のとおり、10代20代までは、筋トレをすれば、した分だけ筋肉は増えるし、また持続力もあります。筋トレを意識してせずとも、普段の活動が自然に筋肉を鍛えることになっていたり、また、同じ程度の運動をしても、老人とは筋肉の増え方つき方が違います。これは誰もが分かることだと思います。

中年以後になれば自主的に筋トレをしなければ退縮するばかりです。ケガをして安静を一時的に必要とされたあとも、筋トレをしなければどんどん衰えていくだけです。

痛いからといって、安静にしてばかりいると、また、苦しいからといって、運動負荷かけない生活をしていると、どんどん悪循環に陥りますね。

これらのことは、すべて私自身に言えることで、実感したことなのですが、中高年の人たちに共通することだろうと思って、当たり前のことではありますが改めて意識するように書きました。

投稿者: 三本木クリニック

2018.10.04更新

また麻疹風疹の出没が全国パラパラと発生しているようですが、これだけグローバル社会だともうほとんど世界中つながっているからどうしようもないという印象があります。

最近は急に涼しくなったため風邪をひいてしまう人が目立ってきました。かくいう私もついついいまだに扇風機を使ってたりして、夏の体の癖が抜けないのですね。気をつけなければいけません。

 

10月に入ったのですが、今頃の割にはシミの相談の患者さんが多い印象のある今週です。結構遠方から来院されたりで驚きます。当院、というか私はあくまでも専門で美容をやっているわけではないので、サービスの位置づけでやっています。高級高額の治療を希望されるなら専門のところへいっていただければ良いだけのことです。ただ実際に治療をするのは器械ですからね。私はその適応というか選定をするだけのことです。これは私自身が実際に患者さんの診察と施術を自分でやっているから身についた経験知識によるものです。そのポリシーはいまだに同じです。

10月に入って、それまでずっと週3のペースで入っていた肛門手術や鼠径ヘルニアの手術予定が来週からゼロとなりました。これは一時的なものではありますが、ちょっと休め、ということかもしれません。ただし、技術的なことについて、日帰り手術だから治療が不十分だとかいうことの可能性については、現時点ではあまり欠点を思いつくようなことはやはりない、という自信がありますので、そういうことが原因とはちょっと考えておりません。

いずれにしても空き枠を利用して、この際、多数オーダーまちとなっているイボやホクロの治療を少し前倒しにして時間を有効活用しようかと考えています。そういう意味ではスケジュールの相談に乗ってあげやすくなっています。

 

そういえば冒頭風邪の話をしましたが、当院ではすでにインフルエンザワクチンの接種を開始しております。ストックがいまのところ多数あります。まだ時期的に早いかなという気もしないではないですが、実際すでに何名か接種されました。ご予約のうえよろしくお願いいたします。。

 

投稿者: 三本木クリニック

2018.10.01更新

土曜日は台風上陸前夜ということで、大雨でしたが、名古屋市内でのセミナーに参加してきました。

 

大阪市内でクリニックをされている千福先生による講義でした。講演、というよりはより実践的な講義、という印象。

毎回この先生の講演を聴くたびに思うことは、本当に賢い人というのはこういう身近なところにもいてしまうものなのだなあ、ということです。そして大変にお元気。

講演のされ方も大変に素晴らしく上手。

世の多くの開業医はくたびれている印象があります(それは医師会での大きな集まりでいつも感じること)が、この千福先生はなんと元気なことでしょう。顔ツヤも御髪もパリッとフサフサ。

そして今回の講演でも新しい知見をたくさんいただきました。

あとで全部復習しないととても覚えきれないわと思うほどの盛りだくさんの濃い内容でした。

千福先生の講演が素晴らしいのは、難しい漢方の理論や文献を、西洋医学とうまく合致させてエビデンスをからめて分かりやすく分類解説される点です。こういうことは相当賢くないとできないことです。名前が福々しいだけあって、何か神仏がこの世に遣わされた人物ではないかとすら勘繰っています。

私がメモしただけでも、

人参湯、黄耆湯、柴胡、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、小建中湯、甘麦大ソウ湯、黄連解毒湯、抑肝散加陳皮半夏湯、加味帰脾湯、五苓散、麦門冬湯、小半夏加茯苓湯、呉茱萸湯、などなどの漢方が紹介され、それだけでなく講義内容資料にはもっと多数の漢方が紹介されています。

理論についてもいろいろと解説され、先述のようにうまく分かりやすく分類し、難解な古典文献を現代語訳され、かなり実践的に説明してくださいました。

今回はとくに、これからの季節、秋冬に有効な漢方、というテーマでいろいろ紹介してくださったので、またまた嬉しい内容でした。

この日この時間、行きも帰りも大雨でしたが、名古屋市内繁華街は人やタクシーが大賑わいで、明日台風が来るというのにやたら景気がいいことだなあと感じました。今月半ばに東京に行ったときにも感じましたが、例えば東京では早朝から皆さん頑張って働いている、そして夜中明け方まで飲み屋街はワイワイ賑わっていたのをみるに、今回の大雨の名古屋繁華街の賑わいを重ね合わせると、景気は今後良くなるのではないかと思っています。

ただし、そこへ水を差すのが働き方改革と称した大企業の業務縮小。これは大企業しかできないことであり、中小零細企業では到底できないことではありますが、大企業が働かなくて景気が改善するわけないです。これが残念なことです。ただし、中小零細は今後しばらく上昇するでしょうし、大企業もサボり方針になるのであれば何年かかかって低迷することになるでしょう。こんなことは、ゆとり教育が失敗したことからも明らかなことです。官僚が考えることって、プレミアムフライデーとかいう言葉のでたときもそうでしたが、たいていはロクでもないように思ってしまいます。高級国家官僚の皆さんは責任とらなくていいんだから楽ですわね。

投稿者: 三本木クリニック

2018.10.01更新

うつ病になりかけのときや、過労で心身ともに疲れているときには、

何かしら楽しみを自分なりに探すことをお勧めします。

散歩が楽しい、となるかもしれません。

月一の登山や旅行

好きなテレビや映画を鑑賞する

寝ること

運動をする

ショッピング

研究活動

ゲーム(個人的にはあまりお勧めしませんが、これがストレス発散に良いのならそれもありでしょう)

ほかにもいろいろあるでしょう。仕事が楽しければそれはそれで大変結構なことです。

 

仕事や勉強で忙しくて、上記のように、暇な時間を要するものを実行できない、というケースも多々あるでしょう。

そういう場合、まず1つは、そういうくらいの時間は絶対に作れるはずである、ということを認識すべきでしょう。睡眠時間を削らなくても時間は探したらどこかにあるはずです。それが盲点です。

そうはいってもその1つがかなえられないという場合には、仕事や勉強中のちょっとした休憩時間、それこを5分10分で何かできること、つまり、ただぼーっとすることでない何かで、自分の気分転換ができるようなことや楽しみを見つけることでしょう。

そういうことが「ないない」と思っている人でも実は無意識にそういうことをやっているはずです。漫画を読んだり、風呂に入ったり、ということでもそういう役割を果たしていたりします。

疲労やうつ的状況のときには、また、怒りを感じているときは、周囲への感謝を忘れていることが多いですね。自分自身を振り返ると、ほぼ100%そうだったと思います。

自分が意識していないときでも実は振り返れば助けてくれていた、ということがあるものです。だから無理やり感謝せい、ということでもないですけれど。誰かしら気にかけてくれている人というものはある、ということです。

投稿者: 三本木クリニック

2018.09.28更新

インフルエンザワクチン、今年も受付開始しました。

毎年、入荷時期がフワフワ不確定で、早めに接種しておきたい、または予約をしておきたいという人たちにとってはヤキモキすることになるのですが、今年も今週初め時点では何とも分からないということでしたが、無事、というか、入荷することができました。

10月1日から接種開始となります。予約は受け付けております。よろしくお願いします。

 

投稿者: 三本木クリニック

2018.09.28更新

ここ最近ひどい脱出痔核、つまり脱肛状態の患者さんを続けて手術することがありました。

ジオンを併用すると術後の腫れが極端に少なくて助かります。それは患者さんの苦痛軽減にも非常に寄与することです。

寝てるうちに、日帰り手術で、そして脱肛している状態のイボ痔でも、術後1か月の診察でみると、こんなに何事もなかったかのようにキレイに治るか、というほどにうまく治療できます。

当院は肛門疾患のみを扱う病院ではないので、いろいろな内科外科皮膚科美容といったことのついでに、便秘や痔の相談も気軽にできると自負しています。

10月は手術の予約枠がだいぶ余裕があります。緊急的に安楽に治療を受けたい方は、予約不要の診察をまずはどうぞ受けて下さい。

投稿者: 三本木クリニック

2018.09.26更新

当院ではさまざまな診療をしておりますが、具体的にどういう独自の機能があるのかについて、多少の事例を挙げてみたいと思います。

 

1.うつ病の成功例

うつ(鬱)については当院では基本的に古典的なうつ病、たとえば疲労蓄積、心労過多という明確な原因があって発症したタイプを取り扱っています。抗鬱剤にもいろいろありますが、当院は専門医の精神科ではありませんので、過去のいろいろな事例の成功例経験をもとに、また、一般内科医レベルで処方しやすく、副作用も少ない、また、治療からの離脱も容易な手法を採用しています。

この手法によって、他院専門医で、挙児を断念するようになどと言われた患者さんの治療をし、何事もなく無事赤ちゃんを出産でき、また、お産後は治療終了しておりますが、とくに問題なく何年も経過しています。

 

2.痔の再発例に対する治療の成功例

他院でジオン注による硬化療法を受けたが再発したという症例を当院で治療することがときにあります。その際、しっかりとジオン注治療をしてやれば大丈夫の場合には再度それを行い、さすがにジオンでは無理な脱肛症状の場合には最少侵襲を心掛けた根治術を行います。いずれもキレイに治っております。

他院専門医で受けられた痔ろうやイボ痔の手術後に問題となるのが、肛門狭窄症状ですが、それを当院でうまく治療した事例もあります。また、当院では日帰り手術しか行なっておりませんので、麻酔の手法にも工夫をこらしております。

 

3.血圧管理の成功例

高血圧や高脂血症、そして糖尿病といった生活習慣病については自覚症状がないとなかなか治療の動機づけが難しいのですが、合併症のリスクの説明などを繰り返ししながら治療にもっていきます。それが嫌ということで来られなくなる患者さんもいるかもしれませんが、あとで後悔してしまうことになるので大変恐ろしいことです。例えば30代40代では何ら支障なく過ごせるとは思いますが、低い確率とはいえ、突然死や突如脳梗塞脳出血になったり、有名人の死去で有名になった大動脈破裂といった致死性の疾患の原因となります。また、無治療で放置しておけば60代以後に高確率でそういう合併症を引き起こします。腎臓が寿命を決めるという説もありますが、腎臓にももちろん長年の蓄積作用があり、あなどれません。

たとえば当院に、長年高血圧を指摘されていたが、放置しており、とうとう頭痛症状が露呈してきたという患者さんが来られました。これは大事になるまえに気が付いて良かったとして、さっそく治療を開始し、頭痛もとれて血圧も正常化しております。今後ももちろん治療の継続は必要ですが、これは放置しておけばまず脳出血か脳梗塞などの大事に至っていただろうと思います。

 

4.麻酔の技術

麻酔標榜医の資格を持っているので、麻酔の手法については安心できます。間違っても手術中に麻酔管理が行き届かなくてトラブルになるなどということはありません。もちろん、日帰り手術ですので、筋弛緩剤を用いて人工呼吸器につないでという全身麻酔は行いませんから、そういう意味では無難な方式しか扱ってないのではありますが、、。とはいえ、美容外科で医師が手術に夢中になって、麻酔事故になってしまったという事例も報道で目にすることがありますので、決してこれもあなどれません。モニタリングや麻酔薬剤の選択やその量などはしっかりして施行します。間違っても某大学病院のように、麻酔薬の適応外過量投与などということは行わないのは当然です。そのうえで、いかに日帰りで安楽に手術を受けられるか、ということをレベルアップして個別対応しております。

 

5.糖尿病治療の成功例

糖尿病は当院でも扱っております。インスリン管理をも対応し、なおかつすべての内服薬についての知識をアップデートしています。ただし一番問題なのは、日常生活の指導や本人の病識です。怠薬や通院延滞という傾向のある患者さんについては、毎日外来のあるクリニックよりは、専門医や管理栄養士などの体制があるしかるべき病院に紹介することも少なくありません。いい加減な治療をしていることは患者さんの不利益になるからです。これは重大な問題です。

 

6.美顔治療の成功例

当院には美顔治療機が6種類あります。各々に特徴があり、患者さんの状態によって選択して提案します。よほど稀な事例でないかぎり、ほぼすべての患者さんで治療効果を得ており、さまざまな組み合わせや繰り返し治療により、どんどん改善されることを自覚してもらっています。当然、内服や外用剤による治療も扱っています。

 

7.イボ治療の成功例

イボやホクロについては基本的にすべての症例で手術摘除が行えます。小児のイボの患者さんについてはなるべく手術を避けて、当院オリジナルの組み合わせ処方による内服治療、もちろん外用治療も組み合わせることもありますが、地道に治療を続けることで、痛みなどの苦痛なくキレイに治すことができます。もちろん100%とはいきませんが、かなり高率です。大人の場合手術を前提として提案します。やはり手術治療は液体窒素での繰り返し治療よりも確実性が高く、治療回数も格段に少なく済みます。殆どの患者さんは1、2回以内の手術で完治します。頻度確率として数%程度の、多発のイボについては(特に足裏)難治性の事例もありますが、それでも他の治療よりは確実度が大きいので、他院でなかなか治らないという場合には当院で治療を相談されると良いかと思います。

 

他にも小手術や内科的皮膚科的治療を扱っており、一度の受診でいろいろなことが相談できるのが当院の機能の特徴です。通常は入院治療手術となる症例でも日帰りでたいていは対応できることが当院で治療をされるとご理解いただけるかと思います。

投稿者: 三本木クリニック

2018.09.25更新

連休は大変良い天気でしたが、私は特に予定らしきものがなくて、友人と急きょ会ったり、また、プチソロツーリングをしたり過ごしました。本来なら猿投登山したいところですがまだ足が完治してませんので今月は断念。

三重県鳥羽市、石鏡、そして鎧崎の各灯台を訪れました。

石鏡は旅館の敷地内といっていいような場所にある小さいもので、観光客としては、宿泊客か、わざわざこれを目指して行く人以外はおそらく意識しないようなものでしょう。

鎧埼灯台は石鏡から近くにあり、地元の人でもあまり行くことがないだろう場所にありました。こういうところはなんとも言えず心が和みます。車で行こうとすると軽自動車でないと難しいだろう場所を通らないとたどり着けません。人知れず海の安全に寄与している灯台は尊い存在です。

このあたりの海岸ははリアス式海岸だと習った記憶があります。地震の津波がなかなか危惧される地形ですが、それだけに灯台も沿岸に多数あるようで、またいろいろ行ってみたいと思います。

いまはカキのシーズンではないようなのでそのあたりの飲食店などは閑散としたものですが、10月からでしょうか、これからがシーズンなのでしょう。今年は猛暑だったので養殖のほうにも影響があるのかも知れません。

ただ、ぶらりとツーリングするのには大変良い状況すなわち観光客が殆どいないので良かったです。伊勢神宮とかはまあ年中混んでるでしょうがそこらへんには行ってないので分かりませんが。

帰路の亀山から四日市までの渋滞だけは本当にいつになったら改善するのか分かりませんが、いつ通っても渋滞です。構造的に当然そうなる道路だとは分かっていても閉口します。関西方面へ行くには名神か、この東名阪新名神を経由しますので、どうしてもここはこうなります。

 

投稿者: 三本木クリニック

2018.09.25更新

先週末の土曜は東名古屋医師会の会員を主たる対象とした、骨粗しょう症に関する講演があり参加してきました。

日進おりど病院でも外来診療をされている森田先生の講演ですが、藤田保健衛生大学病院整形外科の准教授だったのですね。総論から各論まで比較的分かりやすく解説していただいて、開業医でもたくさんみている骨粗鬆症患者さんへの治療方針の助けになりました。

高齢者の骨粗鬆症の治療として、従来はビスホスホネート製剤一辺倒でしたが、服用しにくい点が問題でした。それで月一服用製剤とか、半年一年間隔でも良いものもでてきました。また、もう一つの問題として、骨は固くなるけれども、それでも自然骨折してしまう症例が少なからずある、ということです。それはどういうことかというと、コンクリートに例えると、セメントは強化されてもその中に鉄筋が入っていないようなものです。

それで今回森田先生が一押しされていたのは、副甲状腺ホルモン製剤です。骨量がどうにも少ない場合や上記のような事例、すなわち高齢者の骨粗鬆症骨折例には第一選択となる、ということです。当院でも採用しております。

骨粗鬆症にはさらには女性ホルモンそのものの補充やそれに準ずる薬やビタミンK、もちろんカルシウムやビタミンDの補充なども有効です。薬剤ではそんなところですが、薬や食事療法だけでなく、運動療法や日光に当たるなどの日常生活も大変重要ですね。

更年期や閉経前など比較的若年の女性の場合には、女性ホルモン的治療が第一選択となるようです。これも当院でよく処方しています。

実際に診療している内容分野でも、ときどきこうやって専門家のレクチャーを受けることは知識のアップデートになるとともに、混乱した知識の整理や、勘違いの是正に有効です。

投稿者: 三本木クリニック

前へ 前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png