院長BLOG

2021.10.21更新

当院で処方する糖尿病治療薬であるSGLT2阻害剤のなかで、一番処方症例数が多い製剤は現在38例に処方してあり、その症例数としては決して多いというほどではないけれど、糖尿病治療薬はかなり多くの種類があるなかで、比較的新しい薬剤としてはまあ当院レベルのクリニックとしてはそれなりかなと思います。他のメーカーの同効薬も処方している症例は別にありますが、今回はこの38例で検討してみました。

HbA1c(ヘモグロビンA1c)の、投与前平均値6.6で、投与後の平均値が6.3と、平均値で見ると軽度の低下となりますが、投与前値の平均値がひどくないレベルのためにこういう結果になったと思います。ただ、それでも統計学的に有意に低減効果が得られました。ちなみにこの薬剤によって、LDL、HDLコレステロール、TG(中性脂肪)への影響は統計学的には有意差はありませんでした。平均値も投与前後でほぼ同等でした。

この薬剤は内臓脂肪の低減に有用かと言われているので、脂肪肝の数値としてAST、ALT、γGTPを調べたところ、残念ながら有意差をもっての低減にはいたりませんでした。ALTとγGTPについては平均値が少し下がったので、今後症例数の蓄積によっては有意差も期待できると思います。

この系の薬剤では肥満の是正に有効といわれているのですが、投与後1年とかの短期ではそうであっても、2,3年経過の長期となるとどうかなという懸念がありましたので、短期と長期でのHbA1cの推移を比較してみましたところ、短期投与でも長期投与でも、数値の低減効果は有意に見られました。短期だと平均6.9から6.5への低下、長期だと平均6.5から6.3への低下、です。変化度としては軽微に見えますが、初期値がひどくないことからこうなりますが、それでも有意差がでております。

また、若年層と老年層とでは効き目の差異はどうか、ということで、おのおのの変化度を比較してみましたところ、老年層は6.6から6.3へ改善、若年層でも6.5から6.3へと改善しいずれも有意差ありでした。

投与前値があまり軽度の糖尿病だと効果が分かりにくいかもしれない、ということで、投与前HbA1cが7以上の症例に限定して検討したところ、前値7.6から後値6.4へと大きく改善していることが分かりました(p<0.001)。また、そういう事例においてはγGTPの前値62が後値38へとこれも有意に低下していました。つまり治療前の数値が悪ければ悪いほどに改善効果も大きい、ということになります。

 

前回示した中性脂肪の治療薬との併用で何か有意差があった項目はないかと検討しましたが、いわゆるメタボへの相乗効果というものは統計学的には認められず、あくまでも糖尿は糖尿の薬が有効で、中性脂肪の薬は中性脂肪の薬として有効、ということが各々判明した結果となっております。これらの組み合わせ処方によって、脂肪肝の数値が著明に改善した、ということではなかったようです。が、とくに中性脂肪の薬に関しては脂肪肝への効果も期待できそうだということでは今回の調査の意義の一つとして発見でした。

 

今回の検討でもやはり思ったことは、やはり数字と統計でしっかりと評価をする、ということは、当院のようなクリニックの症例にあっても大変大きな価値があるのだ、ということです。

今後の診療活動に生かしていきたいと思います。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.19更新

先週行った、当院での糖尿病治療薬と中性脂肪治療薬の効果を検討する会の報告です。

まず中性脂肪治療薬で、腎機能や横紋筋融解への懸念が少ない、パルモディアという薬についてです。

全症例での比較では中性脂肪の平均427mg/dLから188mg/dLへと半分以下へ減少し、HDLコレステロール(善玉と言われている)は平均46.5から54.5へと上昇し、この2項目では統計学的に有意差がでました(p<0.001)。

脂肪肝や肝機能への好影響に関しては、ASTが平均32.1から29.3へ、ALTが43.9から34.6へと低下していましたが有意差はありませんでした。ただしγGTPに関しては56.4から39.0へと統計学的に有意に減少効果が認められました(p<0.001)。

 

中性脂肪治療薬で、パルモディアの前に、従来型のフィブラート系薬を使用していた症例では、切り替え後に数値がどうなったかというと、中性脂肪値が切り替え前では平均304で、切り替え後が179ということで、これも平均値では低下しています。ただし統計学的有意差はありませんでした。少なくとも切り替えにより悪化はしていない(非劣性)ことは確認できました。となると、副作用の懸念が少ないというメリットがあるパルモディアは有用性で上回ることになります。これらの非劣性さについては、HDLコレステロールの変化や肝機能の数値においても同様となりました。

また、パルモディアの前にEPA製剤を使用していた症例についての検討では、切り替え前には中性脂肪値248.6だったのが切り替え後では110.2ということで、これは有意に低下減少を認めました(p<0.05)。その他の項目についてはフィブラート系薬を事前に投与していた症例との比較と同様という結果でした。つまりEPA製剤ではやはり中性脂肪を下げるパワーは弱いということになります。

中性脂肪を下げる治療薬で現在ある薬のなかでは、パルモディアが一番効能が良く、なおかつ副作用の心配が少ない薬剤、ということが、当院の数少ない症例でも統計学的に有意差がでて証明されました。

今後、この結果を踏まえて、中性脂肪の治療に取り組んでいきたいと思います。

なお、メーカーにはパンフレット作成を依頼したところですが、中性脂肪が高いとどのような数値で心筋梗塞や脳梗塞イベント発生が高く、治療によってどの程度そのリスクが軽減されるのかを分かりやすく示したものを配布できるようにしたいと思います。

最新の臨床研究では中性脂肪は随時採血で177以上であれば治療の対象とすべきである、という結果がでてきています。脂質代謝がどうしても体質的に苦手なアジア人では動脈硬化の予防や治療が大変重要となります。引き続き予防医療の啓蒙活動はがんばるべきだろうと思いますし、それがこれからの時代の主たる医療テーマになるだろうと思っています。予防医療の啓蒙はなかなか難しいんですが。

 

引き続いて、糖尿病治療薬の症例検討の結果についてはまた次回報告します。

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.18更新

週に3,4回は愛知池を走ろうということで、先週は月曜は猿投山、木土日は愛知池、というふうに走ったり歩いたりしていますよ。

日曜などは風寒い日だったその夜ということで、ウィンブレ着てのランがちょうど良い感じ。さすがにホタルはもう不在となりました。昼はデイキャンプで寒くて風邪ひきそうになっていたのでおっくうだったのですが、夕食後しばらくしてから、葛根湯を飲んで、やっぱり息子と一緒に走ろう、ということで何とか息子のペースについて行って走ったら、体調は回復しました。自分の内部からの熱産生と発汗が大事なんですよね。

ただ、、今朝起きると顔や手がパサパサ。乾燥です。

保湿剤をこまめに塗布して皮膚バリアを助けましょう。保温にもなるし、皮膚トラブル予防になります。顔のシミ対策は冬のほうが重要です。保湿をかなり意識することとこすらないことの意識を高めることです。触ってカサカサ音がするようなのはダメです。

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.18更新

日曜は雨上がりとなり風の強い寒い日となりましたが、昼から夕方までデイキャンプに。

近場でもいいところありますね、浜名湖。

2

ちょっとしたカフェで過ごす人もあるし

2

タープ張るのに一苦労の強風。こんな日は他には誰も居なくて貸切状態。心の洗濯っていうやつですな

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.16更新

当院で扱っている糖尿病薬のうち、SGLT2阻害剤は比較的新しい薬であって、単に血糖値やヘモグロビンA1cを低下させるだけでなく、内臓脂肪の軽減に有用かと言われている薬です。脂質代謝への好影響も期待されています。

また、中性脂肪の薬も比較的新しい薬剤があって、そちらも腎機能への懸念が従来の薬剤よりも少ない特徴があります。

この2種類の薬はメタボ症候群としては大いに関連がある薬剤となります。

当院ではこれらについて、かれこれ3年ほどの使用経験となり、これまでの症例をまとめて統計学的に検討してみることにしました。

その結果がでましたので、昨晩は、それに関する検討会を、製薬メーカーの協力の下で行いました。

結果はどうだったかというと、自分でも気づかなかった効能や傾向が統計学的に有意に出ていたことに驚かされ、これらの薬の効果について、自信を深めたという面もあるし、個々の症例をその都度のデータの上下だけで見ていると案外に治療効果を見逃してしまいがちなのかもしれない、という面も認識できました。

詳細については、また次回報告しますが、当院のような町医者であっても、実際に症例数がまとまったのならば、統計的に評価してみるということも大変有意義なのだと思いました。

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.15更新

医者がこんなことを書くのもどうかと思いますが、私は猿投神社にはずいぶん助けられました。まず得られるのが精神的な癒しというのかな、。

猿投神社の霊験については、ざっとネットで検索する限り、誰もそのことを記述することがないようですが、もしかしてどこかにそういう記述があったなら良いですが、個人的な検索では見当たらなかったので、このさい自分のことで一応書いておこうかと。。

真夏の蒸し暑い日とかは別にして、たいていいつもこの場所は清廉な空気であって、その理由は滝と森林によるものかとも思いますが、何かしらの雰囲気はやはりあります。

この時期なんて最高に良くなるんじゃないかな。

昨日は夜にどうしてもお礼を言わねばならない2件のことがあって、夜だけど立ち寄ったのです。自分でも努力や対策はするんだけれどどうしようもない見えない作用というのがあるのです。普段仏行信心はしているんだけれども、それでもなお、ということもあるのでね。こないだはでっかい山ヤモリがまるで神様の使いのように話を聞いてくれているようでした。

夜の境内は、昼とはうって変って、夜なりのムードがあるのはあるんですが、ここはいつ行ってもどうしても優しい空気の感じられる神社です(とはいえ22時以後には行きませんが)。奈良の三輪山のように山自体がご神体ということではないですが、猿投山もこんなにも地元の人たちから人気がある山というのも他にはないクラスだと思います。

霊験については、個人的なことを言わせてもらうと、間違いなくある、と思います。だからお礼に伺ったのです。猿投神社は全国的な知名度でいうと、どの神社紹介の本にも紹介されることはまずないですけれどね。ローカルならではの、だからそれがまたイイんです。

私が思うには、愛知池と猿投神社とは月と星のような関係に思います。そういう位置関係。

そういえば、いま南の空に高く黄色く光る星は、天文に詳しい人に聞いたところによるとやはり木星だそうです。その右下にあるのが土星。土星は少し暗いですが分かりやすいです。土星はタイタンだっけか。

関係ないけれど天の川は6~7月の夏に一番キレイに見える時期だというんですね。そういえば潮岬キャンプでみたのもそのころだった。岐阜長野あたりだと南木曽あたりでも良く見えるそうです。その詳しい人は毎年その写真を撮りに行くらしく、毎回感動するそうです。「夏になると天の川が上ってくる」という表現をされたのがインパクトありました。壮大ですよね。

猿投の件ですが、やはり失礼なことするとバチがあたります。それは神社はもちろんでしょうが、山でもそうです。私はそう思います。

登山される場合、西の宮経由で東の宮から山頂というコースや、7つの滝めぐりから西~東の宮~山頂というコースはかなりツウな人向けですね。西の宮から東の宮へ向かうコースでは、途中に大きな杉の大木(愛知県の指定記念物)があります。ずっと以前にブログでも書いたことのある武田道は偶然一度だけ歩いたことがありますがどうもいまは私は分からない。以前通ったときには名古屋のツインタワーが見えるポイントがあって、驚きました。西側が見える場所ってなかなか猿投山はないんです。

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.15更新

水曜日に愛知池ランをする時間がどうしてもなかったので、、昨日、木曜日は絶対に愛知池を走ると決めて、、その前に猿投神社にちょっと寄ってからですね、その後からのランニング。開始時間が21時ごろ。

もうずいぶん涼しいでしょう?その前までがなんとなしに蒸し暑いような雨があったからか、雨上がりの昨日は急に涼しい、という日で。

ウィンブレ着てのランがちょうどいい感じ。そういう涼しさの昨夜ですが、、

以前息子と走ったときに見つけた場所で、またホタルが1匹光っているのを見つけました!もう草も刈られてしまっているというのに、、見間違いかと思ってじっくり観察したけれどやっぱり間違いない。1ミリの光。昨日は下弦の月の翌日なので結構明るい夜だったのに、明確に光が分かった。

こないだサヨナラしたと思ったのに、まだ根性で光ってる。一匹。感動しましたね。ああ俺も似たとこあるよと。お前も仲間だなと。

悩んでる人はメタボの人でなくとも是非自然を歩いてみてほしい。何かしら自然は偶然の形を装っては励ましてくれますからね。

10月14日に愛知池のホタルを見つける人なんて、多分私だけだろうなと、内心ほくそ笑んでしまいました。残念ながら雨でキンモクセイの芳香ロードが無香状態になってしまっていただけに、何かしらで喜ばせてくれるワイ、と。

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.15更新

9月10月はシミの相談が増える時期です。

「これって肝斑ですか?」という具合に質問される患者さんが普通におられますが、肝斑であることはそこまで確率高くないです。

肝斑かどうかはシミの臨床をある程度やっている医師なら簡単に判断できます。

肝斑の治療には内服治療が一番効きます。トラネキサム酸です。当院ではそれにさらにビタミンCなどを追加処方することもあります。

トラネキサム酸は止血剤として知られているため、血栓を誘発するんじゃないかという危惧される人がありますが、それは誤解です。トラネキサム酸もビタミンCも、毛細血管の脆弱性を改善させることで、たとえば破損した毛細血管を修復する作用があります。それによって、無駄に出血した場所では止血という結果が得られるのです。トラネキサム酸とビタミンCとは作用機序がもちろん異なりますが血管に対しては同じような効能です。

ですので、トラネキサム酸で血栓が誘発されると勘違いされている人はビタミンCでも血栓が誘発すると言っているようなものです。それはさすがに違うのは理解できるでしょう。

肝斑にトラネキサム酸が効くのは、真皮層にある弱い細い血管の脆弱性を改善するからだと思われます。もともと肝斑の病理機序というのがあまり明確ではないために、薬効機序も明確ではありませんが、実際の臨床として明らかに効果が実感できますので、そのように考えられます。

ビタミンCには血管の修復以外にもメラニン生成の抑制効果もありますし、コラーゲンの生成に関与するため、出血の治療だけでなく、骨折の治療にも意味があります。ビタミンCでは肝斑に対する保険適応が明文化されています。

 

シミにもいろいろあり、レーザーが良いタイプ、フォト治療が良いタイプ、内服が良いタイプ、と治療もいろいろです。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.13更新

朝、来てみると、、

クリニックに珍しい客が、、。

2

3cmほどの小さいヤツ。

 

アップにして真正面からナイスショット!

3

投稿者: 三本木クリニック

2021.10.12更新

211

11日はお休みして猿投山に月一の登山をしました。

午前の山頂の景色はこんなきれいなんですね。午後とか夕方とかに行くことがほとんどなのでなかなか午前というのが私的には珍しくて。

一応世間的には平日ということになっていますがこの日も大勢の人が猿投登山に来ていました。とはいえ、コロナ以前だったら日曜でこのくらいかなという程度。コロナ後のいまの日曜とかだと凄いことになってますから。

いつもだと正規の登山者駐車場がいっぱいなときには上のほうに侵入して路駐する車も多いのですが、いまは駐車場から上は工事期間ということで来年2月までは路駐禁止となっているようです。それでも強引に停めてる車も何台かありましたけどね、、警備員が出入り口に立っているので普通は入れませんね。私はバイクだから駐車場の余白に停めれるから関係ないですけれども、、。

今回はゆっくり登りまして、西の宮、東の宮という風に経由しました。西の宮から東の宮へのルートはちょっと荒れてた。あまりみんな通らない経路ゆえでしょう。

今回は荷物リュックを背負ってなので結構きつかったー。汗ビタビタ。

 

投稿者: 三本木クリニック

前へ 前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png