院長BLOG

2019.01.19更新

当院での痔の手術は硬化療法だけでも切除でも日帰り手術です。

私の手に負えないような症例の場合には専門病院へ紹介しますが、ほとんどは当院の日帰り手術で可能です。

今回は、イボ痔の手術治療として、ジオンによる硬化療法単独とするか、はたまた切除したほうが良いか、という選択について説明しておこうと思います。

最初の診察の時点ではジオンだけで良いだろうと判断してあっても、実際に、麻酔がかかった状態、手術の体勢をとったときに、実はジオンだけでは多分不十分ですぐに再発するだろうと思われる症例も多々あります。こういうケースについては事前に患者さんに説明しておきます。

たとえば他院で、ジオン治療だけ取り扱っている施設があるようですが、そういうところでは、いざ切除となると、無理でしょう。そういう準備をしていないわけですから。

で、そもそもジオンだけでは無理めな病変の場合、結局1年以内に再発、ということもあります。先日も実際にそういう症例がありまして、当院で治療をしました。再発ということもありましたが、切除根治術を施行しました。その際思ったことは、その症例は最初からジオン単独では無理だったろうな、ということです。患者さんとしてはなるべく一度で終わらせたい疾患ですので、最初から切除併用が望ましい病変ならば、ちゃんときっちりした治療をする、というのがやはり王道だと思います。

また、日帰り治療の中でも、最近専門施設で多いのが、ジオンだけの場合、無麻酔で治療する、というものですが、これも、相当なエキスパートがやればさすがにうまくやるのでしょうが、それでも再発率は1,2割ある、というのが実情です。ジオン治療はメスを入れない治療ですので患者さんにとっては負担が少ないですから、その割には素晴らしい成績をもたらす治療ではありますが、無麻酔で開始してみたけれど、実は切除が望ましいと判明することも少なからずあろうかと思います。その場合、では切除に切り替えるというのも事前にそれなりに準備してないと、麻酔の問題など無理だったりしますね。

当院ではいずれの術式でも可能なように、基本的には全例同じ麻酔方法で行なっております。

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.01.11更新

現在当院では痔の日帰り手術は眠る麻酔を使用しつつの局所麻酔で行なっておりますが、

最近ではALTA療法、つまり注射で治すイボ痔の手術ですね、それを無麻酔で行う施設がだいぶ増えているようです。

通常は眠る麻酔をしたほうが患者さんの手術中ストレスは軽くすみます。

ただ、眠る麻酔が怖い、という人もいるかもしれません。

また、たくさん手術をされる施設では、1件あたりの所要時間を少なくする必要性もあるでしょう。そういう場合には事前麻酔なしとする選択が徐々に増えてくる理由になるでしょう。

当院ではこの際どちらでもOKとしようと思います。

基本的には眠る麻酔で、と思いますが、患者さんの要望があればそれに応じて対応しようと思います。ただしこの無麻酔法はALTA療法単独でやる場合に限られます。

投稿者: 三本木クリニック

2019.01.11更新

今月13日は日曜日ですが、当院の開院記念日です。

今回は10周年ということで、記念品を出しておりますが、最初の記念品である、卓上カレンダーがだいたい終わりましたので、次、ボールペンになります。

これも限定100本ほどになりますので無くなり次第終了となります。

意外に高級感のあるペンですよ。

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.01.11更新

来月の話になりますが2月7日木曜日は午後診療を午後5時過ぎから開始とさせていただきます。

集団保険指導という会が名古屋であり、保険診療を行う医師は必ず参加するべきもので、今年は木曜日のためやむをえず午後診療開始時間を遅らせることにするのです。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.01.08更新

シミがある、という症状で受診される患者さんのなかには、案外多いのが、シミではなくイボだというものです。

見た目が似てるので間違えるのも仕方ないですが、触ればすぐわかります。ボツボツ隆起しているならイボかホクロになります。ホクロは見た目ですぐわかるでしょうからシミと区別しづらいのはイボ、となります。

イボの場合、物理的に焼灼して除去するのが一番手っ取り早くキレイに早くなおります。

当院ではこのようなイボの治療を得意としております。

投稿者: 三本木クリニック

2019.01.08更新

この時期乾燥肌の症状の患者さんが目立ちますが、その多くの人は保湿剤を希望されます。保湿剤で改善する場合というのは比較的初期対応の時期です。

女性などは化粧や洗顔により日頃から顔の皮膚を傷めている生活をしていることが多いため、また、男性より皮膚が白くて薄いため、乾燥しやすく、また、そこから皮膚バリア破たんを来たして皮膚炎となり、結果としてのシミを発生させてしまいます。

シミの治療はたんにレーザーを当てればいい、というふうに誤解している人が少なくないですが、レーザーやフォト治療をしても、日頃のスキンケアができてないと、たとえばピーリングをするなどもってのほかですが、この冬の時期はとくに、皮膚を保護するような処置をしたうえででないと、光療法は効果がでません。

化粧水を多用されていることも多いかと思いますが、化粧水もアルコールが含有されているものが多いため、たいていは塗った瞬間だけしっとりするだけで、保湿の持続時間は甚だ短いと思います。

保湿については乳液やローションタイプではなく、なるべくクリームタイプを使用するようにしてください。

また、一旦皮膚炎になってしまったら、やみくもに保湿剤だけで対応するのは治りにくいので、当院に受診し相談してください。

投稿者: 三本木クリニック

2019.01.03更新

年末年始のお休みをいただきましたが、当院は明日4日から診療再開します。

昨日、1月2日は日進市にある東名古屋医師会休日急病診療所での当番業務でした。

年末31日は豊橋市内での病院での当直でした。

私的には飛び石でのお休みをいただいた形になりました。

昨日の休日診療所では予想通りインフルエンザ外来の様相でした。なんと過去最高受診者数200数名という記録を打ち立てたそうです。なんともはや、という気持ちです。私と小児科専門の先生との2人態勢、受付事務員さん、薬剤師さん、看護師さんも2倍態勢でのものでしたが、それでも最初から最後まで混雑していました。

中でも受付業務が一番時間がかかるといってもいいでしょう、何せたいていの患者さんは初診ですし、問診を記録したりカルテを作成したりするのにどうしても時間がかかります。その上また診療後には会計業務があるので、事務員さんが一番大変だったのだろうと思いました。

それにしても、東名古屋医師会休日診療所が設立されてからもう何年何十年にもなっているでしょうが、その歴史の中で最多数記録を成してしまったということは、これからもっと増える可能性がある、ということが予想できます。

インフルエンザ患者さんの多くはやはりワクチンを接種していませんでした。ワクチンを接種している人もありますがそういうひとは感染してもやはり比較的元気な印象があります。

正月から休日診療所に行く羽目にならないように、なるべくワクチンは接種すべきなのですが、なかなかできない人も少なくないですね、。これだけ有名な風物詩となっているワクチンなのですけれどもね。また今シーズンはワクチン供給がやや不足気味だったということも残念な結果を生み出したと思います。これもメーカーの人に反省してもらいたいことですが、毎年一定数のワクチンが必要なのですから、普通に毎年同じように数を用意しておけばいいだけのことですが、あるメーカーはワクチン製造過程がずさんだったり、その結果行政のチェックにひっかかって製造しなおしということになってしまったり、また、そのメーカー会社自体が消滅するようなことになってしまったそうです。私から見れば、難しくない仕事を軽視しているからそうなるのだと思わざるをえません。ただ、そのメーカーも、看板だけすげ替えて中身そのままでまた再開するのですから滑稽だなどと笑ってすまされない話です。看板が替わったらまた安心してしまうというのも我々としては反省すべきことかもしれません。

昨日の仕事中、一人救急車を要請する事態になりましたが、受け入れ先でも患者さんが多数あったらしく、受け入れ拒否をされてしまいました。やむなく救急隊に行き先を探してもらう対応としましたが、形式的な書類の体裁がそろっていないなどと、救急隊が官僚のようなことを言っていたそうなので、それはさすがに腹立ちました。本質的に何が大事なのかを良く考えて仕事してもらいたいものです。早く受け入れ先病院に搬送することが一番大事なことなのです。

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.01.01更新

昨日は他の施設で当直業務をして本日、2019年1月1日です。

大晦日に当直をしているとさまざまな思いが頭を巡ります(ことにまた2018年から2019年にかけての年末年始は、やたらに「平成最後」という言葉がでてきて、何かやたらと終わりだとか最後だとか言うことで視聴者の焦りをあおるような感じがして嫌気がさしていますが)。

テレビも基本的には見ないのですが今年はついついベートーベンの第九にまつわる番組をダラダラ見てしまいました。NHKですら、あおり演出が過剰な印象で食傷気味になりましたけれども、、

ともあれ、ベートーベンは、モーツァルトやバッハ、ハイドンのような貴族出身ではない平民出身の音楽家だからこそ、フランス革命時代を通じて、その先にあるべき世界平和や公平な社会を訴えるべく、最後の集大成である第九を作曲したそうです。だからこそ革新的な作曲方式を生み出したとか。

たしかに、ベートーベンの曲が他と異なるのは、予定調和でない生命の叫びのような印象をもつからなのですね。

 

最近読んだ本に、少し前に亡くなられた日野原重明先生の著書「だから医学は面白い」があります。日野原先生の生涯で印象的だった出来事などをエッセイのようにつづった内容でしたが、日野原先生に強い影響を与えた偉人がオスラー先生だったそうです。オスラー先生はアメリカ医学の祖とでもいうべき人ということですが、彼の名言に

「今日の仕事を精一杯やり、明日のことを思い煩うな」

というのがあります。この格言には一番大事なこととして、まず今日やるべきことを精一杯やる、ということが前提にある、ということを認識しなければなりません。精一杯やったうえで、それで明日のことは思い病まずに寝ろ、というわけですね。

明日のことをあれこれ悩む人は大抵、今日の仕事を精一杯やってない、という共通点があります。目の前に問題があり、それを解決するための努力をしていないとか、その解決のためのスケジュールがカラなのであれば、その問題の解決のために少しでも有益と思われるスケジュールを立てて対策を一所懸命する、ということをすべきだと思います。

逆に、例えば病気で体を休ませなければならないということであれば、一所懸命に体を休ませる、というのも、養生に努めている、ということになり、意義があります。

テレビはインターネットでは絶えず誰かと比較させられることを無意識にさせられてしまう要素ばかりを映しています。絶えずセカセカとして気持ちが落ち着きません。自分と同じような年齢の人やもっと若い子とかが、自分よりはるかに恵まれた生活をしていると、世の中これだけ便利になったのに、何故自分は一所懸命働いて(勉強して)もこんなに差があって報われないのだろうか、と、無意識にイライラさせられてしまう状況にあるのではないでしょうか。実際にそれが本当に一所懸命必死にやっているのかどうか、というまず前提を疑わねばなりません。テレビやネットを見てる暇があれば自分のなすべきことをせよ、ということですね。自分のすべきことを必死になってしていないのに他人のことを見聞きしてばかりいるからおかしくなるのではないか。また、情報はなさすぎてもありすぎても自分の立ち位置が分からなくなってしまうという危険があります。現代はネット社会であり、テレビでもそうですが、自分の人生や生活にとってどうでもいいような必要のない裏情報ばかりがもてはやされ、結局は無用に焦らしたりイライラさせられてしまう結果になっている気がしてなりません。自分が逆立ちしても買えない高額な商品見せられて意味ありますか?自分がこの先どう頑張っても無理だろう収入を、自分と無関係の有名人がどれだけ短期間に稼いだとかいう情報聞いて、楽しいでしょうか?殺人とか喧嘩とかのシーンばかりのドラマを毎日テレビでやっていて、それを見る価値ってどんだけありますか?

私は当直を久しぶりにすると、長時間一人で過ごすことになり、たとえばそれが何日も居室にこもったまま過ごしてしまうような当直だったりすると、自分が結婚してるのか、独身なのか、子供がいるのかいないのか、また、医師としてクリニックの仕事がまたふつうにやれるのか、などということがぼんやりしてしまって分からなくなる錯覚に陥ります。テレビもくだらない番組ばかりすぎてほとんど見るに堪えません。でもそれが、もとの普段の生活の見直しのためになっているかもしれないと思ったりします。

一人冥想といえば、昨年末12月29日には昨年最後の猿投山登山をひさしぶりにしました。午後からの登山だったので帰るころにはかなり暗くなってしまったほどですが、そこでもほとんどだれもいない山行で冥想的自問自答をしながら数時間過ごしました。山頂では完全に雪が積もり、風はビュウビュウでしたので3分も過ごさずに下りましたが、雪道で3度も尻もちをついてしまって(その後早速アイゼンを買いに行きました)、もう、腹が立つやら情けないやら、気をつけていてもやはりやってしまうのです。

山登りですらこんなことです。ましてや自分の生活において、地に足をしっかりついて歩むということが、そしてそれを毎日毎日きっちりやるということがどれだけ大変なことか、ということです。そしてそれは、他人をうらやんだり自分と他人を比較したりしても何の良い効果もないのではないかと思います。よそ見をすると自分の足元がすくわれてずっこけてしまう、ということに他ならないです。

先のことをあれこれ思い悩むとき、たいてい自分自身は足を止めてしまっている状態で、頭とか顔だけ前につんのめっているような印象があります。まずプラクティカルに体を動かす、行動をする、ということが結局は現実の物質社会の地球においては絶対なのです。

思いと行動が一致して初めて、世の中で自分の行為となるのです。ネットでテレビで画像を見てるだけではただ他人の生活を観察しているだけにすぎません。それは、動物園でトラなど珍しい動物がおりに入っているのを見ているだけのようなものであって、それは自分の生活とは無関係というやつです。

現代人がかかえる鬱憤、とくにそれがいまや若い人に限らずですが、誰か特殊な能力や才能や富や地位を持っている人に憧れたり嫉妬したり、そういうことが過剰になりすぎるような演出が多すぎることが原因になっているのではないかと、つくづく思います。

誰かの人生ではなく自分の人生ですからね、自分がどうありたいのかを考えて、それならばどう行動するべきなのか、ということを自問自答する時間が、テレビやネットを見るのに浪費するよりももっと必要なのではないかと、テレビを普段みていない私ですら、思う、この年末年始です。

もちろん、誰かに強要されてその相手のために自分の命や生活を犠牲にする人生というのも、私は嫌です。他人と比べて自分の人生を見捨てるのもバカですし、他人に自分を支配される人生もバカです。

投稿者: 三本木クリニック

2018.12.27更新

1996年にエベレスト登山隊に実際に起こった大量遭難死事故を扱った映画「エベレスト」を観ました。

DVDで映画を見るのも久しぶりなことですが、この映画、見終わったあとの救われない感、そしてその原因としてリスク管理がずさん過ぎること、それで結果として簡単に何人も凍死することになってしまったことに憤りを感じました。

エベレスト登頂など豊富な登山経験のある人物が、エベレストの商業登山ツアーを定期的に企画し、それに応募したアマチュア登山家たちで構成された登山隊、というものですが、

1.エベレスト登山には最適な時期というのがあるようで、それがゲン担ぎもあり、5月の同じ日(ラッキーとされる日)に他国からも多数登山隊が登るラッシュ状態になってしまった

2.それらの各国からの登山隊らには何の連携やルール調整もなされない

3.午後2時には引き返さねばならないルールを、どうしても登りたいというツーリストの無謀な要求に安易に妥協(それが大金を払ってのツアーだから余計にそうなりやすい)してしまうことで大幅にルールを破ってしまったこと、そのルールも厳しく強調しなかった

4.おそらく前年までの実績ではうまく登頂できなかったことが続いていただろうこと(だから結果を出そうと焦ってしまう)

5.エベレスト登山での事故は登頂後のものが多い、という事実を軽視した

など、まだまだ挙げればいくつかあるだろうリスクを無視、もしくは管理しない状態だった。それゆえに当然起こるべくして起こったと思います。

ハインリッヒの法則というのがあって、それは、概念的な説明として私が理解するに、何かアクシデント、インシデントが起こるためには、背景にまず1つのリスク放置、そしてその中にまたあるリスクを放置、さらに、というように、いくつかの要因が重なって大事に至る、というものです。

実際の臨床現場でも、そういうことは少なからずあります。だからこそ、大学病院のICUにて治療中の患者さんが頚部疾患での手術後、後出血で窒息死するなどという馬鹿げた医療ミスが起こるし、小児に適応のない鎮静剤を過量投与する(それもICUでの出来事)などという、もはや殺人事件といえるようなことが起こるのです。

今回の映画の話に戻りますが、映画を見る限り、エベレスト登頂という、世界で最も難しい登山にしては、やはり契約内容の不備(例えば、鉄則ルールに従わない場合にはいくら温情的事情があろうとも以後は自己責任とする、などの契約をしっかりすべきだった)、計画の甘さ(他国の登山隊で渋滞することを予想したり事前に調べたりしなかった)、引率者の過信(自分がなんでもフォローできると思っていて結局自分も他人も、自分を助けに来させた仲間も死なせてしまった)、経験豊富といっても所詮は素人集団であって、それにしてはメンバーの数が多すぎた、といったことなど、他にも挙げればいろいろあるだろうミスがいくつも垣間見えます。

比較的最近では日本でも北海道トムラウシの縦走という難コースを軽装かつ初心者を大人数率いたツーリズムで何人もの人を死亡させた事故が記憶に新しいところですが、

それこそ猿投山ですら、夜や雪は危険だし、百名山などの有名な山の登山はもっと危険がたくさんある、ということを、ベテランですら忘れてしまうのでしょうか。いえ、ベテランだからこそ、軽く考えてしまうようになるのかも知れません。それは自動車運転や、仕事での作業などでも言えることかと思います。

登山は言ってみれば遊びであり、そこで死ぬのも本望か、という考えもあるかもしれませんが、仕事現場、医療現場ではそういうことでは絶対に許されません。

なかなかバランスが難しいことではありますが、とにかく、誰が見ても「そりゃ駄目だろう」と思うようなミスの連続、重なりは、命をいくつも失うことになる、ということです。プロのくせにルールが守れないような人に、どうして命を預けることができましょうか。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

2018.12.23更新

今年の年末年始の私は12月24日祝日と31日大みそかは他院で当直、そして1月2日は日進の休日診療所での外来診療当番の予定です。

休日診療所は医師会からの当番業務なので前々から決まっていたことですが、24日と31日については、たまには当直でもやってみるか、ということで、小遣い稼ぎを兼ねてのアルバイトとなります。

 

投稿者: 三本木クリニック

前へ 前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png