院長BLOG

2020.05.12更新

もう何十年も前にNHKのドキュメンタリー番組で「わが青春のトキワ荘」というのが放送されていたのをユーチューブで偶然見て知りました。

放送当時はまだ手塚治虫も藤子F不二雄も赤塚不二夫も石ノ森章太郎も存命で、他に出演していたトキワ荘の漫画家たちも、いまとなってはすでに死去されている人がほとんど、というほどに昔の番組でした。

トキワ荘に住んでいた仲間のうち、放送当時ですでに売れずに引退した人もあり、家族と離れてしまってもなおアルバイトをしながら漫画への情熱を失わずにいる人もあり、でもその人も持ち込んだ原稿は結局出版されることなく終わったとか、悲喜こもごもの情景を淡々と描写した番組でした。

その時代に合わせたというか、もしくはたまたま作風が時代に合ったという場合には売れっ子漫画家になっていて、昔、戦後の間もないころの古風な漫画の理想を忘れられない人は実質引退状態となってしまっている。

どういう収入にせよ生活できればそれでいいわけだから、売れない理想を日々追い求めても生活に困らない経済状況ならば構わないし、アルバイト生活でその日暮らししていても本人がハッピーならばそれでいいわけですが、、

この番組を見て自分自身のことを思ったのです。私は現実主義の生き方を意識せずに自然に採用して生きてきたんだと。

もともとそういうことだったわけではなく、必要に迫られてそうなったのだろうとやはり思いますが、医師となって、しかも開業医となって、となると、尚更現実主義者にならざるを得ないのがまさに現実ってやつです。

あくまでも客観的事実からどう現実の行動をとるか、ということです。確率の良い方法をとる。効率的な方法をとる。

ただ我ながら残念なのは、本質医療というものにこだわるあまり、まあそれがある意味理想なのかもしれないですが、それにこだわるあまりに、感情的になってしまうことがあります。それは現実主義者ではないかもしれません。ただ、本質的なことというのは整合性が保たれていることでもあるはずなので、現実主義とは根本においては相反しないはずではあります。

患者さんの要望する内容が、本質的に危険な選択である場合にはさすがにそれを許すことができません。もちろん、自死することも自由であるわけだから、患者さんの自由でいろいろ決めて良いのはあるのですが、それならば病院に関わることも不要でしょうし、もしその要望の先にあるものがより快適に長生きすることであるのならば、それに反する行為を推奨することはできないわけです。そこをなかなか分かってもらえないことがたまにあり、患者さんの側でも、この良い状態を維持するのに実はかなりハイレベルな調節や観察を要していることを、気づいていなかったりするのです。平和や健康というものは、未然に危険を回避させているおかげで成り立っているのです。・それを知らずして、いまの安定は誰が管理しても同じだと勘違いするのです。それを一所懸命に説明してみても、それは理解してもらえないこともあるんですね。表面に出てないことを分かれといっても無理かもしれないのはあるので。

そのうえで、いかに現実に落としどころを作るか、ということは、大変なことです。現実、客観的事実、エビデンス、というものをやはり重視することが目的のためには重要なのです。

希望的観測や気持ち感情だけではなかなか現実というものは都合よく動いてくれません。

逆に医者が理想主義者すぎる人物だったらどうでしょうか。危険ですよね。たとえばコロナのような災害下においても、過激な偏執思考に陥る、そしてその偏狭な考えをあちこちにばらまくような医者は社会では害悪にもなるのです。

まあ、実際に、明らかに非常識で異常な内容の著書をたくさん出している近藤誠という医師もいますからね。医師というものは、ある程度の個性は良しとしても、基本的には中道を意識して現実主義者でなければどうしようもない存在職業であると、私は思います。実際に患者さんを一人でも治療する場合、自動的にそうならざるを得ないのです。でなければそれは恐ろしいことです。

理想については趣味の世界の中でそれを追求し、一方、社会的職業としてプロとしてやる場合には、やはり時代や現実社会にある程度合わせた対応を取らざるを得ない。ただし、それが世界全体や国全体が間違った思想や方向に突き進んだ場合には別ですけれど。

社会において普通に健全に生きていくうえで、個人の生活、家族の生活、ということを考えたときには、リアリズムにのっとった行動をとる、というのがリアルワールドだということです。

言ってみれば、現実主義というものは、実につまらない、淡々とした毎日の積み重ねであるとも言えましょう。しかし所詮は人間の一生などというものはそんなものだろうとある意味達観する勇気も必要というわけですね。

で、そんな中にあっても、内在する魂には常に燃える生命力とでもいうべきか、怒りだったり情熱だったり、そういうものを包含している必要もあって、そういうものがないと単なる動物に成り下がってしまうわけです。

バランスというものはかようにして非常に難しいものです。一見まっすぐに歩いているつもりでも知らないうちに傾いてしまっていて、ずっと遠くにあったはずの側壁に当たり続けてしまうようなことがあるからです。当たっているのに気付かずそのままガリガリと引きずり続けてしまう。それは客観的に俯瞰で見直さないと把握できない、もしくは他人から指導矯正をうけるか。

投稿者: 三本木クリニック

2020.05.11更新

当院での日帰り手術のうち、肛門手術については、いろいろ考えるとこれまでに紹介していないことで追加しておくべき良い特徴がいくつかあります。

まず、診察のときですが、左側臥位でおしりだけを診る体位となりますので恥ずかしさが最小限です。こだわりの強い専門施設ではしゃがんだ状態の怒責位という体位で肛門を診察することもあるそうですが自分が患者だったらちょっとあり得ないことだと思います。

肛門単科クリニックでないので、待合室周囲みな肛門患者か、という変な感じを味わずに済みます。

術前検査や術前処方などは極力省略しており、よほどの持病がないことにはそこで費用負担が増えることはありません。

手術はいずれも短期作用型の睡眠剤を使用するため、眠っているうちに終わることがほとんどです。

日帰りで、かつ、一日入院とかですらもないので、費用が一番安い点数しか請求できません。麻酔方法も特殊な麻酔器を使用することもないので、麻酔器使用費もありません。ゆえに、たとえば生命保険の申請を後日すると、還付金でおつりがくることでしょう。これは鼠径ヘルニア手術でも同様です。

肛門手術については、後日、他の外科医が見ても手術瘢痕が分からないようなきれいな仕上がりを常に目指しています。

手術時も診察時にも、患部を診るのは医師1人、私だけです。手術時には看護師は外回りに1人だけですので、最少人数かつ短時間で行いますので恥ずかしさが少ないはずです。

手術体位については、専用の紙パンツに履き替えたのち、肛門手術の場合にはうつ伏せで、閉脚して行います。一般的な肛門専門病院やクリニックでの手術ではジャックナイフ体位という、うつ伏せの開脚状態で行うことが多いと思いますが、それもちょっと抵抗感があるでしょうから当院ではフラットの状態で閉脚で行います。お尻をテープで固定します。

 

以上のような長所があります。当院では内科を主体としています。夕方の診療もありますし、往診の仕事もありますので、肛門や鼡径ヘルニア根治術の手術枠は週に3件までしか設定できません。また、その枠を必ずしも埋めることに特に尽力している訳でもありませんが、結果的に大体順番に埋まっています。このように、なるべく気軽に、日帰り手術を、しかもちゃんと美しく機能を損ねずにやってほしい、という患者さんのニーズがあれば、社会貢献としてこれからも続けようと思っています。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

2020.05.07更新

昨日はゴールデンウイーク最後の休み日ということで、予定通り、連日となる愛知池のランを遂行しました。前日と同じく、午後、夕方よりは前という時間帯で、最初小雨程度だったのが、終わるころにはザンザン降りの雨で、ただでさえ数組しかいなかったのが、最後には完全に誰もいない状況のなか、息子とバトルしました。

途中、堤防土手の下端から上までの3往復を含めて、ということで、その時点で雨ザーザーでしたが、なんとか頑張りました。なにせ、スタート地点に戻ってこなければ帰れないんですから、途中棄権のしようもありません。それがまたいいんでしょう。登山もそういうところありますね。

快適な状況でなら、誰でも気分よくジョギングや散歩できるでしょうけど、雨だろうと雷が鳴っていようと決めたらやる。もちろん体調など無理してはダメですが、そうでなければ、多少のおっくうさは無視してやるんです。で、実際に、やった。終わってみれば1時間という短い時間だし、たいそうなこともないですけれどもね。それでも最短記録更新ですよ。

なんとなしに世の中全体が虚しい無力感にやられている昨今ですから、正直なとこ、雨降ってるのにヤル気でないですけどね。それでもやってみると、体はびしょぬれだし、体ガタガタになりますが、唯一、達成感というものが得られます。おっくうだったけども、誰もいない雨の中で、雷に怒られながらも走る、ということは何か特別な感覚があって、達成感が倍増したように思いました。腹もへって、夕飯を遠慮なく食べれますからね、、。

息子とのバトルでは当然負けましたが、意外にもさほどの差がつかなかったのは我ながらなかなかだと思いました。見た目ダサダサでしたよ。でもね。

「雨の中でも毅然として咲く花であれ。強くあれ。強くあれ。そしてほほえみを仲間に分け与えよう。」こういう内容の詩を書いた偉人がいます。雨ん中でも、です。

そして、昨日はそのあと久しぶりに書店に行き、スピリチュアルな本を1つ見つけて買いました。いま求めてるのは自分はこれやなあと思うもので一気に読み終えました。清涼飲料のようなもんですけれどもね。待合室に置いておきましたのでよければご覧ください。書店には無数の本がありますが、自分が読みたい本というのはほとんどありません。1冊でも見つかればラッキーな部類です。紙媒体でなくて現代はネット媒体でも無数に情報がありますが、中身が深いものというと、本当に稀有なレベルでしか見つかりません。結局、、自分で創造するしかないのかなというのが率直な思いです。

しかし残念ながら自分発、というのは、自分自身にとってはインプットになりませんからね、、。それは残念といえば残念ですが、新しい価値というものは、結局自分の人生では自分が作るしかないのかもしれません。

こんなこと書くと、一介の町医者が何を偉そうにと思う人もあるでしょう。どうぞどうぞご自由にそう思ってくださいな。でもね、自分の価値っていうのは、自分が認めれば価値なんですよ。世の有名人とか偉い人とか大富豪とか見てみたら分かるでしょう。歴史上の偉人と比べたらどうですか?どれもこれもどんぐりの背比べのようなものではないですか?客観的に他人からみればそんな程度ですよ。でもその人たちは自分自身を価値大なる存在だと自認しているのです。でなきゃあんなに好き放題発言できないですよ。それは自由なんです。ウソとかファシズムとか過激派ですら自由放題ですからね、それはさすがにどうかと思うけれども、それもこれもある意味同類でしょう。自分の価値は自分で認めていいし、高めていいんです。

誰か、私の魂を揺さぶるような大物よ来たれ、と思っています。そして一方で、当院に来られた人にはスピリチュアルな意味でもぐいっと引っ張りあげてやりたいし、それができる自分でありたいと思います。まあ、そんなことを思いながら今日からまたボチボチやります。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

2020.05.07更新

当院は日進市でも南東の端に位置しているので、最も紹介する先として多いのが豊田厚生病院です。

豊田厚生病院では、カモメイトという機関誌が定期的に発行されており、当院にも都度に送られてきます。その中で、いままで知らなかったのですが、関連提携医院の紹介コーナーというのがあって、すでに豊田市やみよし市内のクリニックがこれまでにいくつも紹介されているようです。

日進市のクリニックはほとんど紹介されていないようですが、当院がこのほどこのカモメイトでの紹介のお誘いをいただきました。

7月ごろに発行される予定のものだそうです。もし豊田厚生病院に立ち寄られる際にはこのパンフレットをご覧になってみてください。

投稿者: 三本木クリニック

2020.05.06更新

コロナ自粛のGWも今日で終わりです。私は毎年この連休は遠出をしないのですが、今年はそれに輪をかけて、こじんまりと過ごしました。

最近は運動を頑張っています。筋トレで代謝の効率を上げる、クルマで例えるなら排気量を上げる。そしてそれだけではやはり痩せられないし持久力がつかないので、やっぱりランニングはどうしても必要だと思うこのごろです。代謝能を上げても、炭素を排出する出口である肺の機能、もちろんセットで心臓もですが、心肺機能を上げない事にはダメで、クルマで例えるならエンジンだけ大きくしても、吸排気系を上げてやらないとちゃんと燃焼してくれないということです。

おとといには以前登った豊田のほうろく山、昨日は愛知池1周およびその途中にある長い土手の往復上下を3往復。しかしシンドイですよ、愛知池の土手!これは。今日もまたやりますけどね。夕方とかだと全然混んでないので、自粛には支障ないと思います。

5月いっぱいまで自粛要請とか緊急事態宣言延長とか言ってますが、実質的には14日くらいで一段落となるだろうと思います。公立陶生病院の先生が東海テレビのニュース番組にオンライン出演されて言われてたのは「5月最後まで、というのはさすがに長い」というコメントでした。第一線で対処している先生がそういうことを発言されたということは非常に意義があると思います。それを受けてアナウンサーの人は意外な顔をされていましたが、リアルな世界というのは素直に受け入れるべきでしょう。愛知県は東京とは違いますからね。東京なんか、リスクが高いのに、もうすでにガマンできなくて、ぞろぞろと人出が復活してきているようですから、いかに人口密度が高いかということがうかがわれます。それをひどく責めすぎることはまた違うと思いますけど。

昨日の私は愛知池運動の前には、2014年春に放送された「にっぽん縦断こころ旅」で火野正平さんが自転車で走った道、瑞浪市にある美濃焼の巨大陶製こま犬から恵那市岩村の大名墓地への20kmをバイクにてたどりました。岩村近辺はバイク乗りとよくすれ違いました。ツーリングスポットとして有名なのかどうか分かりませんけど。途中、曽木の温泉施設とか、明知鉄道の駅にある温泉はいずれも休業となっていました。まあ、やむなし、といったところか。

明日からまた仕事です。皆さんよろしくお願いいたします。自粛ムードのなか、皆さん一様にイライラストレスが溜まっていることでしょう。どこかに鬱憤を晴らしたい気持ちも分からなくはないですが、必要以上に責めるのはやめましょうよね。どうせなら強い相手に対して喧嘩を売って下さいな。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

2020.05.01更新

2017年末から2018年末までの1年ちょっと分のブログから抜粋したブログ本の出版作業が着々と進行しています。とうとう最終校正となりました。発売となりましたらご紹介しますので是非よろしくお願いします。

それと関連があるわけでもないですが、当院ではオリジナルTシャツを作成することになりました。M,L、LLの3種類を用意する予定です。白地のスポーツタイプ生地で、当院オリジナルニコちゃんワッペンのロゴを胸に入れたデザインのシンプルなものです。少数しか注文しないため実費1300円くらいになるかと思いますが、当院のアミーゴサポータを自負されている方々、宜しければ是非ご購入ください。出来上がり次第、院内に掲示します。

美肌専用に特化したナチュラケアのニュータイプ製品を開発中です。これも今年中に発売となる見込みです。通販や窓口での購入可能です。完成したらご報告紹介いたします。

5月いっぱいまで自粛規制が延長しましたが、どうやらだいぶコロナ災禍も落ち着いてきました。これまでどおりマナーエチケットを継続すれば大丈夫でしょうから、徐々に元気に体調をアップしていきましょう。無理は禁物ですが、自宅でゴロゴロテレビばかりでは毒ですよー。

投稿者: 三本木クリニック

2020.04.30更新

ゴールデンウイークまで自粛状態となっており、さらに5月いっぱいも延長となる見込みですが、

愛知県では、ことに日進を中心としてみると、日進市ではずっと前に1人だけ陽性患者さんが出たあと新規感染患者はありません。

愛知県全体でみても、新規感染者および死者は完全にピークアウトしています。報道によれば国産のワクチンも開発されているそうで、意外に早く予防接種が可能となるかもしれません。

また、有名人などが死亡したりして、危機感が高まり、衛生マナーが身についた状態となっているのは、今後、規制解除となったあとにも役立ちそうです。

正直なところ、延長して5月いっぱいまで規制となると、経済の問題が相当厳しいので悩ましいところですが、規制解除になろうとなかろうと衛生的対応は継続されることでしょう。

人ごみを避ける、人と接触や会話の際にはマスクをする、手洗い励行。まあ、はっきり言ってそれだけで良いような気もしますけれどもね。

テレビでは、外出そのものを自粛することが善、となっていますが、それは東京とか人口密度の高い地域の話です。東京都心部に住んでたら、アパートから一歩出たらもう人が居ますからね。そういうのと愛知県の田舎地区とは状況が全然違うということを、テレビ漬けになってしまっているのならば多少は客観的にとらえる意識も持つべきでしょう。まあ、連休に沖縄旅行に行くとかいうのはちょっとどうかなあと思いますけれどもね、、程度の問題ですわね。

リスクを負ってわざわざ観光地にワイワイでかけて顰蹙買うよりは、いまは自宅や近所での運動をするのには最適な時期です。適度にジョギングやウオーキングや筋トレは大事ですね。昨日の夕方にも愛知池をスロージョギングしたのですが、途中にある広い土手で、そのうち最後の急こう配のところだけですが、そこを駆けあがるのを、5セットやったのですが、メチャしんどくてクタクタになりました。息子は若いから平然としてますけれども、こちらは日ごろの運動不足や肥満が本当に身に染みました。

目標があるといろいろ少しずつでもやろうと思うものですよね。夢というよりは目標を持つべし、と、最近読んだCoCo壱番屋創業者の宗次さんの著書にありましたが、自分にとって楽しい目標をいかに持つか、というのはそれに対しての努力をする、日々のスパイスになるので良いことだと思います。

夢のままだと実現しようという具体的な行動に直接結び付きにくいからですね。

たとえば当院もそうですが、このところのコロナ自粛でいろいろな悪影響はありますが、それでもやれることや楽しいことを見つけていろいろやったり、美味い食事や良い睡眠のために運動すると気持ちが良いとか、普段しなかったことで改めてやってみて、新しい発見があったりして、それもまた一つ世界が広がるなあと、思うのですね。家でじっとしてテレビばかり見ているのは害ですから。

 

投稿者: 三本木クリニック

2020.04.28更新

昨日、たまたま訪問してきた美顔機械業者さんが、スゴイ掘り出し物の機械を買わないかと提案してきました。この担当者さんとは以前に別の機械の導入で付き合いのあったのです。

いままでも今も、たるみとりやしわ取り治療の機械はいろいろ扱っていますが、ヤケドのリスクとか、費用面とか、効果発現とか、やはりまだ改良の余地があるのは否めずでして、ちょっと気軽に皆さんが試すにはまだハードルが高い印象があり、当院のような田舎医院で美人になってもらうにはやはりリーズナブルで効果が高い、という条件は必須で、なおかつ現状のものは、例えばおなかとか腰回りとかの、つまり、顔以外の広範囲部にも使える、痩せ効果をもたらす機械ではなかったので、今回の提案には即決で乗りました。

ゴールデンウイーク明けに動き始めることになりました。稼働はまだ5月下旬になるかもですが、最初のうちは人数限定のキャンペーン価格で提供したいと思いますのでよろしくご期待ください。

まだ本体を確認しておりませんので、確実な情報が出せるようになり次第、詳細をご報告します。

投稿者: 三本木クリニック

2020.04.28更新

このところ何故だか当院ではニキビのことで相談される患者さんが増えています。

どこかに皮膚科に関するクチコミサイトでもあるのか知りませんがときどきそういうのを見て来院されたと教えてもらうことがあります。

 

それで、実際来られるうち多くの患者さんは以前他院で治療歴があるか、市販のニキビ治療薬で対応したことがありますね。

そこで、スキンケアの説明をするのですが、そこでのポイントは

洗顔のし過ぎ、脱脂しすぎ、こする作業、ピーリング剤の使用、は、ニキビ悪化の原因となりうる、というものです。

もちろん、患者さんの状態により個人差がありますので一概には言えませんが、思春期難治性ニキビや成人難治性ニキビだと、多くは、洗顔を頑張りすぎて、つまり脱脂しすぎて、本来必要な皮膚のバリア機能や皮脂までも損ねてしまってる印象があります。当然こする作業が多くなっていますし、ひどいとエステや市販のものでピーリングをしてしまうケースもあります。ピーリングはニキビにはおすすめできない行為です。

保湿でも化粧水の類は使いすぎないことです。

皮ふのバリア機能を回復しつつ、ニキビの治療を、なるべく保険治療で進めていく。いきなり美顔機器による治療しなくても良いケースが多いです。ニキビの治療をしていてもなかなか改善しないと、皮膚科医は下手したらどんどん治療を強化して、例えば抗菌剤の外用剤を何種類も処方したり、迷宮に入り込んでしまいます。

それよりもまず、普段自宅でどういうスキンケアをしているのか、というところから確認することが最も重要だと思います。

投稿者: 三本木クリニック

2020.04.27更新

日曜日は運動意欲に火が付いてしまったようで、夕方近くから愛知池を歩きと走りと交互にして一周しました。7.4km。

7kmというのは長いもんですねえ。なかなか終わらない。結局1時間20分くらいかけてようやく終わりました。

自粛によってか、ときどき他の人とすれ違う程度。自分はマスクをして歩いたのですけれど、マスクをしていない人ももちろんあって、だからといって、接近するわけでもないから別に気になりません。

愛知池は東京の砧公園とか駒沢公園とは違うのです。

この日の午前に行った、鬼岩公園付近の松野湖も周遊コースがあるのですが、そこはだーれもいなかった。

7kmというと、1万歩はクリアする距離ですから、一周だけでもいいトレーニングになると思います。

しかし私はちょっと走るともう苦しくなるんですが、慣れたランナーは本当に凄いですね。チャッチャと走り抜けていってしまいます。中には190cm以上ありそうな大きな人が、トレイルランのTシャツを着て走ってましたけどもその人も余裕の走りでスーッと過ぎ去ってしまいました。

世の中には凄い人が山のようにおられますな、、、。

夏の本格登山に向けてトレーニング頑張ります。

投稿者: 三本木クリニック

前へ 前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png