院長BLOG

2021.07.31更新

イボ痔で外痔核に連なる病変ではALTA療法だけでなく、切除をしますが、それは美容的にキレイにすることが必要であって、そのためにおそらく先人の先生方もいろいろ手技を検討されてきたと思いますが、私もそのうちの一人であって、過去にいろいろな方法を勉強したり試したりしてきました。

現在では一番うまいことあっさりできる方法で、かつ現状では一番キレイになるやりかたとして、バルーニングという局所麻酔剤の注射をして、デザインを決めています。

手術時は排便とかで怒責怒張する状態ではないのでたいてい外痔核やスキンタグはしぼんだ状態です。それを、局麻のバルーニングで怒責状態だとどう膨らむのかを再現してやるのです。

そうすると適正な切離ライン、切除するべきボリュームが勝手に設定されるのです。

この話はおそらく優秀な肛門外科医なら、この文章だけで簡単に理解できると思いますので、優秀な先生でまだこの手技を試していない人は検討してみると良いと思います。

ともあれ、絶えず日々改良を考えながらやっています。

スーパードクターの脳外科医福島先生はテレビでも有名な先生ですが、もう80歳になろうというのに、相変わらず全国津々浦々手術に奔走され1年365日休まない、というのを徹底しているそうです。凄すぎます。おそらくこういう先生にはもうそれなりの守り神がついてらっしゃることでしょう。尊敬のうえに尊敬、というほどの人物ですね、私には無理ですけどね、、。。。手術さえしてればいい仕事でもない、というのが開業医というやつですし。息抜きもないとやってられません。凡夫というやつですわ、、、、、。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.31更新

今週途中から、愛知池ランの蜘蛛の巣に嫌気がさして、もう自宅近所を回るコースに変更しました。

昼間は蜘蛛の巣は全然ないんですがね、、夜になると途端に張りはじめるんですよ、ヤツらは。

ただでさえお化けがでそうなとこ走るのに、蒸し暑いし、まあ根性を鍛えるには適しているんですけれど。また日曜に息子と走りますけどね。

夏は冷房や冷たい飲み物で体調を崩しやすいので、適度に汗をかく運動をすることが大切です。熱中症には注意しつつ。

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.31更新

これからは虫刺されが増える時期でしょう。

私は蚊に対するアレルギーがヒドイので、これからの1、2か月は野外での蚊のヤロウにヒヤヒヤしなければなりません。

昨日の晩も早速、ネコの額の庭でちょっとバイクに荷物とりつける作業したら、3か所も刺されました。

慌ててムヒを塗りましたが、最近ではもう私のようなオジンにはあまり効かないのです。

それでステロイドの軟膏を塗布。

最近気づいたことで、よく擦りこむように塗布すると、一発ですぐ効き目が感じられるので、今回もそうしてみると、同様でした。

アトピー皮膚炎や慢性湿疹でも、同様のことが言えると思います。

軟膏塗布でべたつくのが嫌だという人は、是非すり込み作業を頑張ってみてください。良く効いて、かつ、べたつきも軽減します。

非露出部であれば塗布して絆創膏で被覆する方法も大変有効ですが、指とか露出部とか、そうそう絆創膏被覆もできない場合や絆創膏のテープ自体がかぶれの原因になるタイプの患者さんには、上記のような塗布方法が推奨されます。

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.30更新

最近はクエン酸入りのプロテイン、クエン酸のタブレット飴、といったように、疲労回復のために頻繁にクエン酸を摂取している私です。

ちなみに、痛風のときや、酸性尿のときにもクエン酸は治療としても用います。

細胞内にはクエン酸回路といって、呼吸の生化学反応の回路があり、生物学でも生化学でも習います。

昨晩はランニングのあと、汗びっしょりになって、帰宅後トイレしていたら、顔から噴き出した汗が目に入って、口にも入って、その汗が目に沁みるわ、味は酸っぱいわ、ということで、これはクエン酸だわ、と思った次第です。

体のPHをアルカリ性に保つのにも良いかと思います。もともと人間の体は弱酸性に保たれるホメオスターシスが働いているのですけれども、そういうののアシストにもなろうかということです。

 

疲労といえば、、

最近はなんだか若い人にストレス由来の心身不調の患者が目立つ印象があります。ストレスと全然関係ないように思えて意外に関係あるのが、歯の知覚過敏ですね。これ、特に虫歯があるとかじゃなければ、歯のくいしばりを寝ているときとかに無意識にしていると、それにより歯根の神経が痛むのか、歯茎がやられるのか、とにかく冷たい物や熱いものの飲食によって歯茎、歯の付け根のところが知覚過敏で嫌な症状がでてしまいます。

そういうときには、漢方では抑肝散を飲んで寝ることをお勧めします。オリンピックで他人を応援して感動するとか楽しむのは結構ですけれど、自分をこそ一番に応援しようよ。スポーツ観戦がストレス解消になるならば大いに結構ですが、そんな暇も余裕もないという人ならば、体に良いものを摂取したり服用したりして、良い睡眠をとりましょう。ときには美味いもん食って。今の時期は土用の丑あたりなのでウナギ屋さんなどは大変なことでしょうが、そういう高いものじゃなくっても、自分が癒されるものならなんだって良いわけで。旨いもの食べに行っても行列で待たされすぎてストレスになるようではそれも良くないですから。

いまは登山行くのも行列で大変ですけれどもね、、これは、先日行った山のバス停でもらったバッジの写真です。

n

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.29更新

最近、4例ほど、表題のようなことを思う患者さんがあったので、、。

1例目は、独居のおじいさん。でも通院のために娘さんが実家に立ち寄ってくれて、病院にも付き添ってくれて。おかげで認知症気味だったのが改善し、普段さびしい毎日なんだけど、娘さんがいっしょだとはちきれんばかりの笑顔になっています。

2例目はおじいさんもおばあさんも大病を経験しながらも元気で、という娘さんの話。当院にはご夫婦で通院されてるのですが、最近では娘さんも一緒に、耳の遠いおじいさんの通訳係のような感じで付き添ってくれます。おばあさん(おかあさん)いわく、「この子は親の自分がいうのもなんだけど親孝行な子でね、産んで良かったと思ってるよ」と。なんという美しい話。

3例目はまだ現役世代のお父さんですが、仕事にかまけて実は重症糖尿病が発覚。以後専門医へ紹介し通院されているのですが、その娘さんがまだ若いけどしっかりしてて、お父さんに叱咤激励しているのだとか。お父さんは厳しいこと言われながらも嬉しそうなんだと、奥様からの報告。

4例目は、ヒドイ皮膚掻痒症のおじいさん。足腰が不自由なので、娘さんが甲斐甲斐しくいつも付き添ってくれるのですが、「家では喧嘩ばっかりですよ」とかいいつつも、親子ならではの深い絆を感じます。本当に親孝行だと思います。他人の親子のことながら涙がでます。

 

息子は、というと、あんまり役に立たないですねえ、、まあ、これは仕事のことだとかいろいろ背景が違いますからね、仕方ないですが、日本での文献では、親の介護をするのは圧倒的に娘だということです、そしてそれ以外はほぼダメだとか、、。でも強いて言えば息子の嫁、というんですね。独り者の息子が老親の自宅介護をする、となると、もう危険なにおいがしてきてしまいますね。

まあそれほどに、娘という存在のありがたいことよ、という話です。そしてそういう娘に育てた親の上手さと人間性、というのもあろうかと思います。ゆめゆめ娘に怨みを買うような親になってはならないわけで。親がしっかりした生き方をしていれば娘は親孝行に育つ。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.29更新

毎朝当院にはゴミの収集業者さん(日進衛生さん)が来られるのですが、今朝はたまたまタイミング合って会釈をしたのですが、運転席から今日の担当Iさんが最高の笑顔を送ってくれました。

なんとも素晴らしい笑顔でした。

日頃、私などはブラックジャックとかシャーロックホームズとか(いずれも架空の人物ですが)に憧れているためか、自分自身分かっているけど愛想がないので、今朝のIさんの笑顔には、ズシーンと、おなかというか胸というか、体の奥にズドーンと響くような衝撃を受けましたね、、、。

驚きましたわ~~。日進衛生さんには開業以来ずっとお世話になっているのですが、本当にいつもありがとうございますね。

それにしても、、笑顔の天才かよ、、、泣けるわ。 オリンピックで誰かが金メダルとかとるのも凄いことですけど、自分には関係ない世界ですからね、、。むしろこういう、身近なひとの行いに、感動を、というか、すごい深い感動をいただけるわけなんですね。

笑顔の患者さんも毎日多々おられて、それはそれでいつもありがたいことですし、いつも励ましてくださるサポータの皆様にも感謝しております。

でも、今日はまた顔見知りのIさんが収集車の担当だったのか、ということもあり、そこに意外な驚きと、そこでさらに最高の笑顔だったからね、これで午前中いっぱいはイケそうですわ。ありがとうございます!!!

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.27更新

7

明るく見えますが、実際には周囲真っ暗の愛知池付近です。

昨夜は体が重い中、やっとこさランを終えるともう22時近いんですが、そのころになってやっと月が見える高さまで上がってきました。。どうもね、満月の翌日翌々日って、もう月があまり見えなくなるんだがなんでだろうと思っていたのですが、この時期は月の出は遅いのでしょうか。22時近くでやっとです。だから、夜ランニングしてて月明かりがまあまああるのは満月となる数日前から満月までの数日間だけなのです。これが秋冬となるとまた違うんでしょう。その時期なら明るさが増すように思います。

そして一夜明けて今朝は気持ち良い空です。

8

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.24更新

3月初めから毎日ランを続けてかれこれ経ちますが、

この時季は厳しいですなあ。

昨夜は雨がぱらつく蒸し暑い夜ということもあり、私以外には誰もいなかった愛知池周回路。

昼間には大丈夫なのに夜になると蜘蛛が巣を張り巡らそうとするんですね。それでもう顔から腕から足からまとわりつくこと著しい。

根性の培養。

もうこのところはホタルもいなくなりまして、たまに野良猫に出くわしたりやウシガエルの声が近くで発し驚かされたり、あんまりイイもんじゃない。

今週は木金曜日がオリンピック祝日だったということですが当院では通常営業して、予定手術や処置をこなしました。

結果的に今週もなかなかタフな週となりました。毎週こんなこと言ってる気がする。

 

サザエさんの漫画で、おじいさんがランニングをしているのをみて、サザエさんがカツオと「凄いねー」「あんなおじいさんになりたい」などと褒めているのがあるのですが、そのおじいさんの内心では「子つめたく、職なく友なく、趣味もなく、妻と合わねど死にたくもなし」というのがあるのです(1971年1月26日朝日新聞朝刊)が、年取っていくと人生そんなもんだろうなとつくづく思います。でもこのおじいさんには健康がある、走れる足腰がある、そして、だからかボケてもいない、という何ものにも代えがたい宝を持っていますよね。

健康でありさえすればなんにせよ良いんです。可能性はなんでもありですから。

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.23更新

個人で仕事をしていると、基本的に自分で自分を守るしかないのですが、ときとして人智を超えた力を感じることがあります。

ありがたいことです。

youtubeなどでも、「幸運が訪れる」などといったヒーリング音楽動画がしょっちゅう提案されるのですが、それらの訪れは、すなわちそういう世界からのメッセージなんだろうと、実は思ったりしています。

実はあなたは護られているんだ、という。

そういう、決して詐欺やインチキ宗教とかではない、良い画像やメッセージを目にするということは、そしてそういうのが連鎖的に次々と候補に挙がってくるということは、それだけ実は幸運でかつ護られているんだ、ということの表れなんだなあと、いまさらながら、思う次第です。

実際、そういうことを感じることはときどきあるから、です。

そして、例えば私のこのブログをたまたま見たあなたも、あなたにとっての偉大な護り神やご先祖とか、そういった、目に見えない良心的なあなたを愛する存在から、間接的な佳きメッセージを受けた、ということになるわけです。まさにシンクロですね。

あらためて、、本当に、ありがたいことです。心の中でありがとうと叫ぶ!そして周囲の人々、家族や仲間やお客さんにも、ありがとう!!!

 

ところで、、昨夜は臨時の仕事があったりして、そこでも護られ感を心底実感したわけですが、ともあれ仕事終わり帰宅し、なんだかんだで、夜のランニングは22時からとなりましたが、とりあえず実行できました。もうすぐ満月になりますね、、。

私が最近摂りはじめた、アダプトゲン製薬さんが米国の有名なプロテインメーカーと専属契約して製造販売しているプロテインの、BCAAつまり分岐鎖アミノ酸+クエン酸の効能は、この暑い時期の疲労回復にはすばらしく体感できます。

XTEND BCAA で検索すると通販で購入できます。おすすめです。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.07.23更新

8月はお盆関連のお休みをいただきます。

8月9日は本来は当院では営業日とするところですが、休日診療所の当番日となっており、やむを得ず休診します。

 

また、11日、13日14日15日をお休みとします。

10日、12日、は営業します。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png