院長BLOG

2019.09.20更新

おとといのことですが、名古屋で開催された講演会に参加しました。

今や外科手術後のリカバリーに漢方を使用する、ということが一般化されていて、例えば今回の講演で紹介されたのは、消化器がん手術後の大建中湯とか、肝臓手術後の茵陳高湯ですが、これらは大学病院クラスでも頻用されているようです。とくに大建中湯あたりは漢方の中でも一番販売数が多い部類のものだということです。

今回の講演会の目玉は、名大の外科から梛野教授による、肝門部胆管癌1000例手術のお話でした。

日本の肝門部胆管癌の根治術といえば、梛野先生の先代教授である二村先生により世界中に優れた成績を誇るようになりましたが、今回の講演で知ったのは、二村教授時代に400例、そして梛野教授になってからが600例、という内訳だったということです。

大体が手術時間が12時間以上かかるものがほとんどで、それでも当初からすごく安全性高く行われており、また、しっかりと根治性が保たれるため、5年生存率も40%台という、驚くべき成果を上げられています。

腹部手術の中で再難度の手術をこれだけやられているのは世界でもこの教室だけで、第二位と比べても断然の経験差があるということです。

思えば日本の外科学も1990年以前はまだまだ技術が未熟だったという、つい最近まではそういう時代だったのですが、本当にこの30年ほどで劇的に向上しました。それは肝門部胆管癌のみならずすべての手術において、といえるでしょう。

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.17更新

日曜日に名古屋にてレーザー治療セミナーに参加してきました。

世間は貴重な3連休の中日ということもあり、参加者は少な目でしたが、今回の内容は色素レーザーのことと、ラジオ波美顔器についての講演で、とくに個人的にはラジオ波の効用について関心があり、参加しました。

色素レーザーについては血管をターゲットにするので、基本的に赤あざに保険適応があります。当院にはこの機械はありません。保険適応外として有効な疾患としては傷痕やニキビ跡の赤み、といったところです。この機械については専門性が高いので当院での導入予定はありません。

つぎにラジオ波プラスアルファの機械についてですが、これは当院にも幾種類かあります。この中で、とくにオーロラ(現在はその発展系の機種を使用しています)に備わっている、ラジオ波と組み合わせて、光、赤外線、ダイオードレーザー、といった各々のハンドピースをどう使い分け、どういう効用があるのか、ということが大事なポイントで、なおかつ、最近はシワやたるみをどう攻略するかが個人的には最大関心事のため、そのためにはどのハンドピースをどう使うのか、ということを念頭に聴講しました。

結論としては最も最深に効くのはラジオ波と赤外線の組み合わせだということで、1cmほどの深部にまで効果が及ぶということでした。ということは、顔の頬領域でも十分深くまで効果を期待できることになります。一番のリスクはヤケドなので、それは充分に注意しなければならず、そのためのコツも学びました。実はこのハンドピースは当院にはずっと以前からあるにはあったのですが、一度ヤケドを生じさせてしまったので、その患者さんはその後自然治癒して跡形もなくなっておりますが、その後自分で嫌気がさして以後ほぼお蔵入り状態だったのです。ただし、当院の待合室にて流している動画には3種類の合わせ効果を解説しておりますので、そのうちの1つがこれなので、今回得られた知識をもとにして、また再チャレンジして、これまで以上に効果的な引締め、シワたるみ除去に効くサービスを提供したいと考えています。

とりあえずはお蔵入り状態だったハンドピースのメンテナンスを業者に依頼することから開始します。サービス開始となりましたらまたブログなどでご案内します。

ラジオ波は単独でも部分痩身に効果があることが今回の講演で再確認しました。たとえばおなかとか大きい面積に当てるタイプの機械があるそうですが、それだと単純にラジオ波だけなのですが、それにより、皮下脂肪のみならず内臓脂肪が施術直後に明らかにへることがCT検査で確認されています。患者さん的には、施術直後にベルトやズボンがスカスカになった、というんですね。当院にはその機械はありませんが、ラジオ波というのは、ヤケドさせて燃やすとかそういうことでなくても、不思議な脂肪縮小効果がある、ということです。

ラジオ波美顔機械を用いるさいに要注意なことは、やせ型の、皮膚が非常に柔らかいタイプの患者さんのたるみにはやりすぎないことです。一番良い適応はぽっちゃり顔タイプの患者さんです。それですら、やりすぎは禁物です。

下まぶたのたるみにラジオ波を照射することはしばしばやりますが、この場合には、眼球の周辺の脂肪が上からどんどん下りてきて、下まぶたの膨らみになってしまうことが繰り返されるので、これもある程度で終わりにすべきだろうと、講演された先生は語っておられました。

まあいろいろな面白い症例が紹介されて、まだまだ原理が分からない面もあるがこういう効果は確認できた、という話の数々で、興味深い会でした。赤外線とラジオ波と組み合わせると何故に深い層まで効くのかについては、赤外線で熱を上げることにより、組織の抵抗が減じて、ラジオ波が深いところまで浸透するからだという説明は、いままで知らなかったので、ハタと膝を打つ思いでした。

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.15更新

昨夜は新しく名大病院長となった小寺教授を囲む会に参加しました。

同門の開業医や関連病院の部長や副院長といった面々がざっくばらんに集まって、という、かれこれ10年も続いていた会ということで、私もこれまで時々参加してきましたが、このたび、消化器外科教室の統一に伴って、また、小寺先生の多忙さのため、一旦、今回が最後、ということになりました。

毎年春に行なわれる、いわゆる正式な同門会は、長老連中と、大学に現在在籍している医局員、そして大病院の院長部長クラスを参加主体とする会のため、末端の開業医には敷居が高いので、オフ会のようなこの会は、かつて一緒に仕事をした先輩後輩仲間が、比較的少人数で気軽にワイワイやることができる貴重な機会ではありました。

現在、第一線で最先端の医療を率いている先輩後輩たちの元気さを見ると、ああ、俺も頑張ろうかなという気持ちになります。また、自分と同じような開業医の先生もいて、親近感がもてます。

気持ちは若いつもりでも、メタボや老化を感じて来るし、そして、自分より若い世代もどんどん部長クラスになってさらに若い世代を指導引率している話を聞くと、ため息がでる思いもあります。医師であっても自らが病気になって第一線を退くことになった話や、仕事の悩みと闘う人もあり、また一方では、日焼けして真っ黒の運動マニアになったり、忙しい中時間を割いて長距離自転車ツーリングを趣味としてるメチャ元気な先輩諸氏もあったりして、皆それぞれいろいろ頑張っているなあと、。

名古屋大学病院の病院長にまでなった小寺教授もまた、前任者から引き継いで愕然とした赤字経営の問題に早くも疲弊し、さらに学会の会長をも目指しつつ、日々の臨床や研究や指導に当たるという、とてつもなくハードな毎日を送られているようです。凄いパワーが必要です。自分も含めて、皆が健康に留意して頑張って行こう、という気持ちです。

いまの時代、医療も本当に面倒なことや複雑な仕組みが増えていき、日進月歩のスピードも速くて新しい情報や治療についていくのも大変、常にきっちりとやらないといけない時代となっています。さらに、経営的にも厳しい時代で、大病院の多くは赤字経営で、国や自治体からの補てんでやっと存続しているようなものでしょう。

それでもとにかく毎日頑張るんだ、ということが、結局みんなやっていることなんですね。そのためには、まず健康。健康を維持して、元気があって初めて、いろいろな仕事や楽しみ事が成せるのだ、と。そう思います。

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.12更新

現在当院ではPelleveという美顔治療を行なっておりますが、これまでの経験から、一度見直しをしなければならないと感じています。

というのも、現状10分について1万円という手法でやっていますが、1回やるだけでも効果を実感してもらうためにはパーツごとでも30分は施術する必要があるという、原法に則った方式を採用したほうが良いのではないかと思うからです。

当院は美容専門クリニックではありませんが、やるからには効果をより実感頂きたい。

それで30分3万円というコース、しかもできれば目じりだけ、ほうれい線だけ、というように部分で集中的に施術する、というメニューを選択できるようにしたいと思います。

当院のようなところで、3万円も美容医療の費用をかけることについて、悩ましい面もありますが、3回やるのと1回を3倍やるのとでは、ペレベのパンフレットを見ると原法として1回を30分から60分やるほうが良いように思います。それと、これまでの当院での経験とを合わせ考慮した結果での提案です。

時間がかかることなので、もちろん希望者限定としますし、予約枠も別途確保しなければならないので、あくまでも希望者のみとさせていただきます。

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.12更新

ときどき悪夢のように過去の自分の後悔がフラッシュバックすることがあります。

それは誰しもあることだと思います。

感情的なことだったり、やるべきことをしなかったとか、言えなかったとか、ぎゃくにやりすぎたとか、選択を間違えたとか、いろいろあるでしょう。

 

しかし、喜怒哀楽の感情そのものについては、そのときそのときで自分自身が率直素直に感じたことであり、そのこと自体に後悔することはないと思います。

 

さらにいえば、やる必要もなかった争いや、逆に、やらずに後悔するようなことになってしまったとか、そういうことについてさえも、基本的に後悔することないです。

結果的にはショボい選択をしてしまったのかもしれないことであっても、その時はそれがベストだと思って採ったことです。ショボい選択をした自分もまた佳し、と。

もしフラッシュバックでウワーっとパニックになりそうなときには、自分の信心しているなにか言葉やお経などを唱えるなどでそのつど昇華させると良いと思います。

 

季節の変わり目、とくに夏の終わりや晩秋のころというのはウツになりやすい時期ではあります。やたらとだるいとか眠いとか、肉体が休みたがってるような状況というのは、私が思うにですが、内的成長をするときです。つまり充電ですな。病院に入院している患者さんなんかは強制的に肉体を休まされるようなもので。

そもそも、まあ言ってみれば、一部のスーパースターを除けば、ほとんどの人は凡人です。そしてスーパースターは大抵持って生まれた体力に裏打ちされて形成されるものです。人一倍元気な体質だから凄い業績を残せるように思います。一流な仕事をしている人をみると、医者でも芸能人でも政治家でも会社社長でも、だいたいそうです。であれば、フツーの体力である自分ら凡人は、ボチボチ自分なりにやるしかないです。もちろん楽しく没頭してしまうとか、瞬間的短期的に頑張るとかいうのは良いでしょうが、それも自分がやりたいと思えばこそです。

誰のための人生か。威風堂々と生きよう。天上天下唯我独尊。寝るのもよし。

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.11更新

教科書的知識とエビデンスはどんどん新しい情報が溜まってくるし、また、そもそも教科書的古典知識を、自分の関わる領域については網羅学習しておかねばならないのが前提だし、そして健康保険のルールという制約がある中で、実地臨床での対応にも合わせなければならないという、医師のいまさらながらの不自由さに、最近は疲弊してきています。

内科外科含めたジェネラルを標榜するということは、医学を学ぶ上では最も優れた土俵であると同時に、プロとして及第点以上を取れる状態を維持しなければならないのでなかなかの重圧です。

いまさらながらです。

一つの臨床的疑問や不明点を解明しようとすると、たいていは教科書レベルを逸脱した領域であって、そこを自分自身の経験というエビデンスで乗り越えていかなければならない。そしてそれはときとして狭いルールに当てはまらないことがあります。

近年は社会保険の締め付けにより医師の裁量権がどんどん狭められてきています。財務省からの医療費抑制政策指示ゆえなのでしょうが、少子高齢化の日本では医療費が増大するのは仕方ないことです。消費税も社会保険費に使われているのはほんの一部であり、多くは財務省の自己満足だったり、無駄にアメリカから戦闘機を買わされて費やされて終わりです。

今度の増税でも景気後退は予想されます。医療もどんどん萎縮します。

そんな中でごくごく普通の医療を地域地域で担っている立場の医療者は、いろいろ悩ましく過ごしています。

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.09更新

2年ぶりに御前崎灯台のまん前にある小旅館に泊まってきました。台風の影響でしょうか、蒸し暑さがすごく、日差しも強い気温も高いということで、まあ短距離ツーリングとはいえ汗ダクダクでたどり着いた感じです。

涼しく冷房を効かせてくれていた部屋から、すぐそばに見える灯台はやはりフレネルレンズが秀逸で、こんなに近いところから灯台が見える宿泊施設は他になかなかないのではないかと思います。

以前の御前崎灯台は第一等レンズだったそうですが、現在は第三等となっています。それでも結構大きいです。

御前崎付近の海は座礁など海難事故が歴史的に多い地域で、この、明治時代に建てられた御前崎灯台に加えてさらに、付近の沖合の岩礁に、昭和33年に建てられた御前岩灯台のおかげで、座礁事故を防ぐようになったということです。この存在はいままで何度か訪れたにも関わらず、まったく今回まで知らなくて初めて認識した次第です。

そして、久しぶりの御前崎灯台は、やはり誰に称賛されることもなく、淡々と日夜その場所に過ごし、地道に活動しています。

これは人の人生にも重なります。自分の仕事にも。勝手ながら仲間のような気持ちを抱いてしまいます。

私が加入している燈光会の定期会誌がちょうど昨日届きまして、待合室の本棚に置いておきましたので、もしよければご覧ください。

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.06更新

昨夜は比較的少人数の参加者でしたが、心臓疾患、血管閉塞疾患についてのインターベンションの話や、超高齢者における心不全の特徴とその治療についての講演会に参加してきました。

心筋梗塞や狭心症においてはいまや持続型の薬剤溶出性のステントや、薬剤を持続的に作用させられる拡張バルーンカテーテルがあり、その薬剤は腫瘍学の領域では抗がん剤であるパクリタキセルなんですね。

それがどうして心筋梗塞狭心症の冠動脈の開存に役立つかというと、血管内皮細胞の過剰増殖を抑えるというのですね。炎症があるところは過剰に再生機構が働くのでしょう、それが却って血管閉塞を来たすわけで、それを抑えるということです。ステントに薬剤をのっけるというのは理解できますがいまではステントレスのバルーンでも薬剤を患部に留置させることができる時代になったのですね。

また近年では、昔一時廃れてしまった、血管のアテロームを削り取ることができるカテーテルが再開発され発売再開されているそうで、それは第一線の最先端でインターベンション治療をしている施設やドクターによってなされる高難度の手技のようです。一歩間違えたら血管を損傷させてしまいますから、おそらく血管内エコーなどをガイドにしながら安全性を確保するのでしょう。

狭い血管内の領域で、細かい血管内血圧のマッピング技術も発達して、それにより、単純に見た目の細さだけではない血流不全の有無の確認をすることができ、より効果的な血管治療に役立てている話など、最新の話をいろいろ聞くことができました。四肢の血管の閉塞性血管炎の治療においても、バイパス手術ができない症例で、普通なら切断となってしまうところを、カテーテル治療でなんとか治療せしめる話などは、施術するドクターの根性と執念を感じました。アンギオ手技で10時間とか8時間とかやるんですから、患者の麻酔とかはどうやってるんだと、当然鎮静か全身麻酔かを併用してるのだろうかなど、いろいろ思いをはせることになりました。

まあ、一般的な治療と、難易度の高い超専門的な治療とは、セパレートして扱わなければならないし、施設や医師も違いますから、世の中スーパードクターばかりでも困るので、いろいろ分担すればよいのです。

 

超高齢者の心不全については循環器の講演で必ず聞く言葉でHFpEFというのがあります。heart failure with preseved ejection fractionの略ですが、心臓拍出機能は保たれているのに心不全状態、というものです。

これは長年の高血圧が原因のひとつらしいですが、詳細な病態病因は不明なようです。高齢者に多く、左心室の拡張不全、心肥大、線維硬化、ということです。。そしてこのタイプの心不全に根本的に有効な薬はない、というんですね。ふつうの心不全に良く使われる、心負荷を軽減させるβブロッカーすらも効果が得られないとのこと昨夜の講演では述べられてました。

まあせいぜい利尿剤をどう駆使するか、ということになります。近年では利尿剤もいろいろ新しいものがでてきていますので、新薬による期待もされているところです。

超高齢者といえば私もかれこれ10年にわたり、80名収容の特別養護老人ホームの嘱託医をずっと一人で担っており、そこでは超高齢者ばかりです。当然末期腎不全や末期心不全の患者さんもそこそこおられますが、皆さん透析や入院にいたらずに長生きしてもらっています。老年医学というのもなかなか難しいのですよ、実際のところは。超高齢者になると家族ももう大病院への紹介や検査や面倒くさいことや侵襲的な医療を望まれないので、その状況でもなんとかコントロールしなければならないんです。年に1度くらいしか面会に来ないような家族でも、状態が良くコントロールされていてもなお、治療にケチをつけてくることもありますから。やりすぎもいけないし、悪くさせてもいけないし、家族の協力は得られないし、社会的な要素もあって、難しい面があります。老年医学は、医者のバランス力を鍛えるには良い対象かもしれませんね。いまの日本、少子高齢化のプロポーションにおいて。

まあいろいろありますが、こういう研究会に参加することは、必ず新しい知識に出会えることでもありますので、体力的にはきついですが、なるべく参加していきたいと思います。

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.04更新

昨夜は画期的な話を聞きに行ってきました。

名市大の新任教授(整形外科)の村上先生による講演で、いまのところ、この先生しか扱ってない術式だそうですが、例えば腎細胞がんや甲状腺がんによる、限局性の脊椎骨転移に対して、一塊に腫瘍巣を含む椎骨を根治切除することで、実に長期生存が得られることも少なくないという話。

Total en bloc spondylectomy (TES)という術式です。

例えば腎細胞がんでは、骨に転移しやすいものの、放射線治療が無効です。で、従来の整形外科や脳外科の手術では癌を撒き散らかす手術しかなかったのですが、金沢医大で技術を学んだ村上先生は、癌を含む骨をひと塊で根治的切除することにより、癌を撒き散らかすことなく完全切除する、そして骨転移による運動麻痺を治癒するのみならず、癌の余命すらも有意に延長させることに成功しています。

他にも甲状腺がん、乳がん、肺がんなど、適応となる症例は限られるものの、すばらしい成績をおさめているようです。

この先生の講演、なにしろパワーがスゴイ。いずれ名市大から世界中に有名となることでしょう。

さて、この術式にはさらに発展進化があり、近年では、切除した癌の骨を、液体窒素に入れて、癌細胞を死滅させたのち、また元の場所に金属の鋳型とともに戻すことによって、骨の再生を促し、それによって体を支える機能が保持され、なおかつ、以前は腸骨から正常の骨を採取して移植していた手間も省け、さらにさらに、その、癌細胞を死滅させた骨には実は癌の免疫機能タンパクは残っており、それを戻してやることによって、腫瘍免疫が発動して、別の臓器の転移巣にまで勝手に抗癌効果が波及してくれるという、凄い治療に至っているそうです。こういうのをアブスコパル効果というのですが、もとは放射線治療の領域での概念らしいですが、それを免疫治療でやってしまったんですね。

腫瘍凍結免疫、というそうです。

さらにこれに例のオプジーボを組み合わせるとものすごい効果があることがすでに動物実験ながら確認されているそうで、大したものです。

事前に下半身が完全にマヒしてしまって、かつ余命半年とか言われた患者さんが、この手術を受けて、術後杖もなしで歩けるようになって、なおかつ、5年以上生きる例も稀ではないというのですから驚きます。

この術式、テレビドラマでも紹介されたそうです。女外科医のドラマで。

良い仕事、世界でも誰もやっていない仕事をするというのは素晴らしいことです。それが人の命やクオリティを劇的に改善延長させるとなればとんでもない感動です。

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.09.04更新

つい昨日知ったのですが、10月からの消費税増税に伴い、初診料や再診料といった基本診察料が10円単位で値上がります。

当院では8月のお盆明けから、かかりつけ医機能評価加算により、すでに初診料が増額となっています。

消費税は自由診療や院内販売品にも今後は外税としてかかることとなります。これまでは消費税8%を当院で負担しており、それも少なからずの負担でしたが、さすがに10%となると、ということで、このさい完全外税方式とさせていただくこととしました。

直近の参院選で自民党圧勝により、消費税を予定通り増額遂行となったわけです。増税は残念ですが、仕方ありません。国民の多勢が賛成されたのですからね、、、

 

投稿者: 三本木クリニック

前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png