院長BLOG

2019.03.31更新

看護師の資格制度には、医師の立場からみるとどうにも解せないものがあります。

准看護師と正看護師、そして看護学校と看護学部、さらには大学院への進学の有無

これだけたくさんの階級分けをしてしまっています。

精度を作るのは役人や現場から退役された人たちでしょう、だからこそ現場が分かっていない。

医師はどうかというと、いくら専門医や学位を苦労して取得しても、大学院を卒業しても、給料には何にもプラス反映されません。

大学院で学位をとるのに、凄く優秀な人でも3年かかります。私は通常の年数の4年かかりました。4年間、これ、看護大学の4年間と同じ年数ですね。でも何にも給料には関与しません。

何が言いたいかというと、ナイチンゲール精神に、資格の上下(うえした)で扱いに上下があるのか、という原理原則からの疑問です。

ただでさえ准看護師と正看護師とで階級があるのに、さらに3年の専門学校と3年の大学と、また階級を分けて、現場は公平感や平等感があって和気藹々協力的に仕事ができるのか?

同じ仕事をするのに、資格だけで並べると、下から順に、准看護師、看護学校卒の正看護師、大学看護学部卒の正看護師、そして大学院卒の正看護師、と単純に4つもの段差があります。

大学院はともかくとしてもその下に3段階のヒエラルヒーがあって、それらは給料が違うことにしなければならないのでしょうかね。四大卒の場合、初年度のフレッシュマンでも看護学校卒の子の2年目と同じ給料になるんでしょうか?

私個人的にはそういうルールについて、大病院ではどうなっているのか、知りません。知りませんけれど、もしそうなれば何も実務を知らないのにすでにエリート値段をつけられるのでしょうか。また、逆に、就職1年目はどこの学校(専門学校か大学)をでようが同じ給料なのでしょうか。それはそれで四大卒の人は不満に思うかもしれません。

日本におけるこの状況をナイチンゲールが生きていたらどうみるでしょうか。

こういう、身分の違いのような資格分けをどんどん押し進めることは、上述したように協調的な仕事をするのに支障を来たす可能性があるのと、ひいては患者さんの身分によって仕事の調節をしてしまうことを(有意識か無意識に)してしまいかねない危険なことではないかと思います。

看護師は看護師で、形式的な資格に関わらず、価値の高い仕事です。それはしかし、身分や給料の差をつけることでその価値を周囲にみせしめる類のものではない、というのが私のナイチンゲール精神の理解です。

昔、ある看護師から発せられた言葉で、このヒエラルヒーに基づいた差別的意見を私が聞いたとき、唖然とさせられた記憶がありますが、この先もその不快感はずっと忘れることはないでしょう。その時点で私はそういう人は看護師の仕事をするべきではないとすら思います。お金のためと割り切る生活なのでしょうから、それは自由ではありますが、私にはない考えですし、価値観が正反対です。

私は医師ですが、では医師の場合でいうと、出身大学によって給料が変わりますか?変わりません。どの大学をでようと優れた人、そうでない人いずれも関係ありません。スタートラインからどのようなスタンスで生き、仕事をするか、ということの積み重ねで違ってくる。そうですよね。

生物は絶えず学習しつづけ前に進むという存在です。動物は植物よりその性質が顕著で、人間はその最先端の立場にあります。意識するしないにかかわらず、日々成長学習するのです。

かつて仲良しだった友人が、年月とともに疎遠になるのは成長に差があり互いの距離が広がるからです。彼我との人間性の距離が離れすぎてしまえばそれはもう、言語が通じないといっても良いレベルのところにまで達してしまいます。付き合える訳がありません。

たとえば70歳くらいの年代の人たちが、若々しく元気だったりずいぶんヨボヨボになっていたり、個人差が大きいことは日常よく見られることですが、人間性についても同じことが言えると思います。70年も生きてきて、中学生レベルかと思うような人も世の中決して少なくないですね。それは恥ずかしいことと思わなければならない。しかもそういう年齢になってしまうと、もう変えられないし、変わらないし、見かけ上の年だけはとっているので誰も指導してくれません。

偉そうなこと言って、自分はどうなんだ、ということですが、私も当然未熟です。未熟ですからこそ、何かしら勉強したり日々向上しなければならないと思っているのです。それはお互いに感化し合わなければならない。それが仲間であり、友であり、家族であろうというものです。

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.31更新

鶴舞公園では桜が見ごろとか言われている今日ですが、Tさんという方に教えてもらって気になっていた、稲武のタカドヤ湿地というところに早朝行ってきました。

ここは秋の紅葉は素晴らしいらしいですが、今朝のここは寒い小雨降る状態で、たしかに湿地だと確認し、誰もいない散策路を10分ほどで一周して終わりの小さな自然公園。

初夏とか、秋のもみじの時期は良いでしょうね。

 

当院では開業初年から毎年ツバメが巣をつくってしまうのでこれからの時期毎朝の掃除が大変です。今回はもう諦めて、敢えて彼らのシンパとなって、ツバメ台1丁目を作成してみました。ツバメを応援しつつ、患者さんに迷惑をかけず、掃除も楽になるなど期待しますが、どれだけ役に立つか、また試行錯誤の日々がやってきます。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.29更新

少し前のブログでも紹介しましたが、6月から長期処方可能となる新しい中性脂肪治療薬のペマフィブラート(商品名パルモディア)は中性脂肪を42から48%低減させ、善玉コレステロールであるHDLを16から19%上昇させ、悪玉コレステロールLDLさえ9%低下させ、ガンマGTP(これは肝臓の酵素)を29%低下させるという、かなり画期的な薬です。

この薬は胆汁排泄のため、腎不全患者さんにも投薬可能となっています。これに関連して、高コレステロール血症の治療薬の筆頭であるスタチン系薬剤との併用禁忌が解除された薬剤となっています。

中性脂肪はLDLコレステロール同様、悪い脂肪であることは知られているのですが、LDLほどたくさんのエビデンスがでてなかったのが最近ではかなりいろいろエビデンスが出てきています。やはりこれも正常値に下げるべき、ということです。

脳卒中、心筋梗塞、といった、直接命にかかわる疾患にならないために、60歳代、70歳代を元気に過ごせるようにするために、自覚症状がなくても、人間ドックや検診で異常値となっていれば、日常生活習慣の改善やダイエットとともに、治療を始めることが大変大事重要なことです。

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.29更新

何をきっかけにして、長年続けていた悪習慣である喫煙をゼロにして、以後禁煙を継続できるのか。

これは個人個人でバラバラだなあと思うことしばしばです。

私は禁煙してもう13年ほど経ちますが、私自身は体調への悪影響を自覚してこれはヤバイと感じて以後一切喫煙していないのですが、禁煙してから何年もの間、ときに寝ている最中、タバコを吸ってしまっている夢をみることがありました。結構リアルなので、目が覚めたときに、「あれ?いまタバコすってしまってなかったっけ?」と再確認してしまうほどです。

最近はさすがにそういうことはほとんどありませんが、影響というものはなかなか長いこと残るものですね。

で、患者さんとかでもみていると、こちらがあれだけ厳しく禁煙するように言っていてもなかなかやめられない、やめたくもない、という人で、たとえば昨日こられたおじさん患者さん、ひさしぶりに風邪かなにかで受診されたとき、1年前からふっと禁煙できたと報告してくれました。他人事なのに大変うれしくなりました。握手して拍手して。

禁煙治療を当院では行なっていますが、保険で薬が処方できるのです、今は。それで成功する人もいますし、途中で来なくなって失敗しただろう人もいます。結局は、薬だけではやめられない、ということです。先のおじさんの場合、案外簡単に止められたよ、とのことですし、やはり意志の力が重要です。せっかくやめれる薬を処方しても、薬を服用するかどうかは本人次第ですし、しっかり12週間治療を継続することで失敗を防げる率を高めることも本人次第です。割合多いのは、最初の1か月の治療でもう大丈夫と判断してしまって、来院されなくなり、その後ひさしぶりに何かのことで来院されたときに、実は失敗してましたということはよくあることです。

いまタバコ500円とかするんですよね。驚きます。毎日1箱だとすると、1か月で1万5千円もするんですよね!!それでも日本はタバコの値段が安い方だということですが、いろんな利権がからんでいるでしょうから、なかなかすぐには値上げできないのでしょう。

昨日読んだ短い論文で、糖尿病患者さんで高血圧でヘビースモーカーという患者が足指の壊疽潰瘍となり、先進医療をほどこされたものの、結局すぐ悪化し、膝から切断となり、その4年後に脳卒中で死亡した事例が紹介されてました。待合室にしばらくの期間、置いておきますので関係する患者さんは一読されることをお勧めします。

動脈硬化のもろもろ合併症というのは、症状がでたころにはもうかなりの末期なのです。寿命が尽きる日が近づいているのです。これが人間なかなか分からないんですね。生き物のなかで人間だけが将来のことを予測したり学んだりできるわけですが、それでもこんなことですからね。

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.25更新

先週末は医師会主催の講演会に参加しました。

C型肝炎の治療の最前線とでもいうべき内容で、以前はインターフェロン治療主体のものしかなかったものが、つらい副作用もほとんど心配なく、内服治療で最短で8週間で終了するという、そして2種類以上の抗ウイルス薬を組み合わせることで、ほぼ100%ウイルス除去することが可能となった、というものです。

これら新しい薬群はDirect acting antivirus(DAAs)と言われ、すでにC型肝炎患者さんを続々と治癒せしめ、肝炎の最終的な帰結となる肝硬変肝がんの発症を防ぐことができるようになりました。

抗ウイルス剤はすぐに耐性ができてしまうリスクがあり、実際に以前使われていたこの手の薬もいまはもっと効果の高い薬に置き換わってきているようですが、その結果として先述の100%のSVR(sustained viologiacl response)つまりウイルス除去率を誇ることになっています。

肝臓癌はかつての日本では死亡原因の上位を占めていたものですが、これらの治療により膵がんにその死亡原因の上位を逆転されて下位になりました。喜ばしいことです。

この専門的治療は当院のようなジェネラルクリニックではこれまでもそうでしたし今後も扱うことはないでしょうが、こういう世の中の変遷を知っておくことは必要ですね。

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.24更新

当院では日帰りでの肛門疾患手術を行なっております。

この時期は毎年、過去1年間の手術症例を振り返ってNCDデータというところに入力登録するのですが、昨年1月から3月のものはすでに入力すみとして、追加分のものとしては、とりあえず昨年4月から12月までの9か月の振り返りで、45例の肛門手術、鼡径ヘルニア根治術を行っています。ざっと年間で60例くらいとなるかと思います。

今回9か月45例を振り返ってみると、ジオンのみによるイボ痔根治術がやはり多い印象がありますが、その次が意外にも痔ろうの根治術だということが分かりました。つまり、イボ痔の結紮切除術は最近では少数派になってきている、ということです。

痔ろうを日帰り手術で行う施設は愛知県で何施設あるだろうかと思います、それほどに結構難しいとされています。麻酔の問題もあろうかと思います。

当院では私が行う麻酔方法と、なるべく低侵襲な手術によって、痔ろうでも根治術が可能となっています。その結果から思うことは、痔ろうの根治術と、美容的結果とは矛盾せずにうまくやれる、ということです。もちろん、症例によっては、美容的や肛門狭窄などの観点から2期的に行わねばならないこともありますが、過去の症例を見てみると、ほとんどが1回の根治術で完治しております。痔ろうの手術を低侵襲で行うことの意義は、美容的な問題だけでなく、ソイリング(漏れ)や狭窄などの後遺症の回避です。もちろん術後の疼痛軽減にも貢献します。問題はその低侵襲手術で、キチンと根治性が得られるか、ということなのです。痔ろうはただでさえ再発再燃しやすい疾患ですから、根治性が高いことが最優先されます。その意味で、今回の振り返りによって感じたことは、根治性が高率に保たれている、ということです。低侵襲手術と根治性は相反しないということがいえるかと思います。

とはいえ、決して簡単な手術ではありません。単純な痔ろうで簡単な手術で済むような症例はあまりありません。たまにすごく単純な痔ろうの例があると、あっけなくて嬉しくなるほどです。デザイン力も要求される手術です。

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.23更新

当院では今年10連休となるゴールデンウイークの診療として

 

4月30日、5月1日、2日は、例年通り診療を行うこととしました。

 

ので、宜しくお願い致します。

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.23更新

昨夜はミニセミナーに参加してきました。

昨年秋ごろから比較的多く処方するようになった、SGLT2阻害剤(糖尿病の薬)の、当院での短期的評価を、データ解析とともに行うのが一つと、その薬剤が脂肪肝に有効である、尿酸に有効である、中性脂肪にも有効である、という大規模臨床試験の結果と対比もし、

さらに、今年の6月からとうとう2週間まで分処方という縛りルールが解除となる、腎機能への悪影響の懸念が少ない高トリグリセライド血症つまり中性脂肪の治療薬の過去さまざまな大規模臨床試験の結果を見せてもらうこともしていただきました。

SGLT2阻害剤は、大血管、心臓や脳の血管障害の回避のために有意に有効であるという結果がでた初めての糖尿病薬であり、また、さらには中性脂肪内臓脂肪の軽減、体重減少、そして痛風の原因である尿酸までも低下させ、脂肪肝も改善させるということが分かってきています。

ただし、これはあくまでも糖尿病の薬ですので、中性脂肪を確実に低下させるためには、以前はフィブラート系の薬剤しか基本的にはありませんでした。ただしこのフィブラート系は、スタチン系の高コレステロール血症治療薬と併用すると、腎機能への悪影響が出現しうるとか、肝機能への問題(これはとくにスタチン)があり、それなりに管理観察が必要です。ところがこの6月から長期処方可能となる新しい薬では、胆汁排泄型であるため、腎機能への悪影響が少ない、ゆえに腎不全傾向の患者さんにも処方でき、しかも、HDL(善玉)コレステロール上昇作用もあり、またさらには、肝機能改善効果すなわち脂肪肝の治療にも役立つということが、大規模臨床試験で出てきています。

ダイエットの薬は現状世の中にはあまり有効なものはないとされていますが、糖尿病の新しい薬で、尿から糖分を一定量排泄してくれる作用があるものは徐々に内臓脂肪が軽減していくことになりますし、脂肪肝と高トリグリセリド血症とを改善する治療薬と併用することで、お互いが相乗効果で内臓脂肪を減らしてくれる作用効果が期待できるものだと、大変うれしい薬が出て来たなあという印象を持ちました。

6月以後は当院でも、副作用リスクの少ない、また、副次的効果もあるこの薬(中性脂肪の治療薬)へ順次切り替えていこうかと考えています。最近では中性脂肪もやはり160以下にきっちりしないとダメだというデータがどんどん出てきています。

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.19更新

当院ではマイクロペンという美顔治療をしています。おそらく日本でもこの治療を採用している施設は数少ないと思います。

かれこれ5年ほど前からこの治療を採用しているのですが、この治療器械の説明動画があったのに、院内でのデジタルフォトフレームで再生できないファイル形式だったためか、長らくお蔵入り状態の動画となっていました。

今回、アダプトゲン製薬社長さんとの対談動画を院内公開するに際し、デジタルフレームを新しくしたところ、長年再生できなかったマイクロペンの紹介動画が再生できるようになりまして、個人的にちょっと嬉しい出来事となっています。

毛穴の改善治療であるマイクロペンは、他のフォト治療などと比べて侵襲的であるため、治療効果もそれなりに高い結果が得られます。当面在庫があるマイクロファインニードルでは1回の治療で1万円で済みますが、在庫がなくなると以後は1万3千円となる予定です(いずれも税込価格です)。

興味があり、やってみたいという方はご相談ください。動画もご参照ください。いままで言葉とパンフだけでしか説明できなかったことも動画ならよりイメージしやすくなることでしょう。

昨日公開開始した、アダプトゲン製薬社長さんとの対談動画も(音声はあえて小さくなっていますが)ご覧ください。

投稿者: 三本木クリニック

2019.03.14更新

昨日午後から、普段当院のサプリメントの製造でもお世話になっている、アダプトゲン製薬さんの、林 博道社長さんに当院にはるばるお越しいただき、ナチュラケアについての対談動画を作成いたしました。

当院の待合にあるモニターで編集動画を公開します。

投稿者: 三本木クリニック

前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png