院長BLOG

2021.06.18更新

rえ

昨日仕事終わりはまだ明るくて、だんだん日が長くなってきたなと思っていたら、前の薬局さんらがなにやら空を見ているので何だと思ったら、虹がでてました。ひさびさに見ましたね。雨上がりですっきりとした涼しさもあり、何とも清々しい、むしろ寒いくらいの夕方。

夜のランニングも短パンTシャツというわけにはいかない涼しさで、長袖長ズボンで走りました。後半はまあまあダッシュをしたりして。その前の日の登山とでどうやら筋肉がついたのでしょう、今朝の体重は増えてしまっていました。筋肉は肥大すると水分をどうしても必要とするのでその分体重に加算されてしまうわけです。

しかしこうして少しずつでも体脂肪を減らしていくことは重要ですしそれがそもそもの目的ですからね。

 

さて今朝は続々と生まれてくるツバメのヒナの証(卵の殻)を見つけました。前の日にも落ちていましたが、1日1羽ずつ孵化しているようです。

カラス対策をまだしておりませんが、どのタイミングでカラス避けをするのかまだ迷っています。あくまでも自然の生物ではあるからね。

 

虹を見た時というのは花言葉とかじゃないけれど、「そのままその調子でやりなさい」というメッセージだとか。考えたらどの人生でも普通に頑張っているのならば当てはまるような言葉ではあるけれど、なんとなく嬉しいじゃないですか。たまにしか見られないものですからね。昔、黄色いワーゲン(ビートル)をみたら良いことがある、とかいうのと似たようなもんかも知れませんが。

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.17更新

昨日は映画のあと、昼からとなりましたが、予定通り、猿投に月一登山ということで行ってきました。

平日の昼ですから人はほとんどいなくて、すれ違ったのはどうだろう、2組か3組かくらいだけでした。

蒸し暑くて息苦しいような条件なので、今回はまあ歩きだけとしよう、という気分でスタートしたのですが、この日は午後他にも予定があるので、できるなら少しでも早くという気持ちが作用して、最初からジョギング登山としました。もちろん途中厳しい階段の上りでは走れないですけれど。

そんなこんなで地味に気づくと山頂到着は1時間8分というまあまあ良いタイムとなっていました。汗だくでしたけどね!

さ

となると、、ここは一発、記録を狙ってみるか、、ということでここからはラン主体とし、

結局登山者用駐車場からの往復で1時間52分という自分としては異様に凄い結果で、記録更新となったのでした。小さいながら水分など入ったリュックをそれなりに背負ってですからね。当分この記録は我ながら抜けないだろう、と思うほどでした。

そのあとは、三ヶ日ジャンクション経由での東名高速新城パーキングエリアで稲荷寿司の購入、岡崎市内のバイク屋へ立ち寄り、といった予定をこなし、夕方帰宅となりました。これにて、早朝からのカルテ整理などの雑用で始まったもろもろの休日活動が完了しました。まあ何かとバタバタしているわけです。

先週からの疲労がどうしても抜けないのでね、運動で体力をつけないといけない、ということなんです。

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.17更新

昨日はお休みをいただいて、「名も無い日」という映画を見てきました。(以下ネタバレになりますのでご注意ください)

若者の孤独死をきっかけに家族の絆を考えようというテーマだと感じました。

現代の、どこにでもありうる事例だと思います。そしてこれは若者だけでなくもちろん高齢者老人の孤独死も同じようなことがいえると思います。

自分の人生でいっぱいいっぱいの毎日という現代。兄弟同士ですら見て見ぬふりをする。あとで激しく後悔するくらいならなぜその時に対応しないのか。

セルフネグレクトの人には強引にでも家族が付き添い、病院への受診や入院をさせるべきだろう。とは思うものの、実際に連れて行く家族もいないとどうしようもない。

本当に守るべきものは建物としての家ではなく、家族や自分の過去の思い出でもなく、つまり過去ではない。本当に守るべきなのは自分の命、今の命であり、普通に生きる生命力である。普通に生きる生命力を失った時、それは病気であり、治療が必要なのだが、それを自ら拒否した場合、孤独なひきこもりとなり、そこに誰か同居する家族や付添人でもいないことには立ち直る機会を持つことができない。というのが私の感想です。

この映画の救いは、最後の書きおきとなった一言「死ぬのは最後」という誓いの一文でした。セルフネグレクトではあっても、自殺まではしないんだという気概だけは貫いたのです。

一般的にみれば負け組で社会不適合者だとしても、自分なりに一所懸命に生きたということは、その人の一つの価値であったと、そういうことなのだと思います。ただ、、長い不景気でちょっと油断すると死の泥沼に溺れていってしまうような現代の日本においては、どうにかしてでも家族の助けがあれば解決できることがあるんだろうが、それがなかなか自分のことで精いっぱいゆえに、なかなかそうはいかないのが現実なんだろうとは思いますね。人に必要なのは生物学的欲求を満たすということだけでなく、人とのつながりだ、ということなのです。どこかに誰か自分の思いや悩みを吐露する相手があれば、それだけでも救われる。

当院が少しでもそういう助けになれば良いと、思いました。

 

おまけ)

それにしてもこの映画、地元名古屋の映画だから、どうせ大した俳優もでないだろうと思っていたのですが、映画紹介を参照してもらえば分かると思いますが、なんと、そうそうたるメンバーが参加しているのでした。

主役は永瀬正敏。他に、オダギリジョー、金子ノブアキ、今井美樹、真木よう子、中野英雄、井上順、木内みどり、大久保佳代子。このあたりが私も知ってる俳優で、他にも草村礼子、藤真利子、岡崎紗絵、といった人たちが有名どころのようです。

愛知県出身の大久保佳代子さんとか木内みどりさんとかがやはり名古屋弁が自然に上手でした。木内みどりさんは2019年に急逝されているのに、2021年の公開映画にでていて名演を披露しているのに驚きましたが、演技が本当に上手だと思いました。

演技が上手だと思ったのは他には今井美樹さん、井上順さん、オダギリジョーさん。たいしたものだなあと思いました。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.16更新

昨日火曜日終了時点で、先週の疲労がまだ残っていて、どうにも夜のランニングに行くのが億劫で、ダラダラしているうちにもう夜9時半ちかくになってしまいました。

そろそろ雨が降るというのに、、、

やっと意を決して、バイクで池のほとりまで行って、トボトボ走りはじめましたが、、もう走れないんですわ。不、思、議。

歩いたり走ったりしながら、途中からはほぼ歩きのみとなってしまいました。そこへ雷と雨ザーザー。

雨が降る直前には、地面にホタルが最後の光を振り絞っているようなシーンもみましたが、、。。しかしこんな小さいやつでもこんなに光るんですねえ。

https://youtu.be/25fjIsU8_U8

このあと急に雷雨となったのです。

走ればまだ寒くないんだろうけど、どうにも走れない。

で、結局、最後まで早歩きで終わりました。

バイクにかけてあったヘルメットがまるでバケツのようになって雨水がたまっている始末です。

帰宅後の風呂のありがたいことよ。

 

さて、以前から告知していたとおり、本日水曜日はお休みさせていただきます。今日は猿投に行きます。雨でもなんでも行くのです。午後からですけども、、。

 

昨日の良かったことといえば、私の本を買って下さった患者さんがその本を持ってきてくれて、「面白いことや励まされることが書いてあって宝物にします」と過分すぎる言葉を頂戴したことです。

面白いことなんか書いたっけかなあ、、と思いながら、自分で読み返してみると、面白いというかなんというか、それよりも読みづらい文章をダラダラかいてるなあ、という印象のほうが目についてしまいました、、。これもくたびれているせいで欠点に着目してしまうのか、、まあ実際、上手な物書きではありませんね。でも他人が修正するよりは下手でも自分の文のほうが良いと思ってだしています。ともあれ、一人でも誰かにとって、少しでも価値になれば嬉しいです。

この年になると、物をもらったりするよりも、メッセージや励ましの言葉をもらうことのほうが嬉しいですね。

父の日でも、自分の子供らはこれまで何にもしてくれなかったんですが、昨年からは自分から娘・息子に請求して何かしらメッセージをもらうようにしています。でも逆に自分はというと、母の日には花を買って置いてくるだけだし、父の日には父が元気なころまでですがカステラを買って送ったり、大学に入ってからそういうのをするようになった程度ですからね、意外にメッセージなんというものはそれほどに気恥ずかしいんで、つまりは得難い、ありがたいものなんだ、ということですね。

自分が仕事で患者さんからいただくもので、一番うれしいのがやはり手紙ですね。もちろん、頻繁にコーヒーや野菜などいろいろ差し入れくださる患者さん達にも、いつもありがとうございます、と思っています。

子供さんの患者さんから絵手紙をもらうことがごくまれにあるんですが、それは嬉し過ぎてね、、しばらく飾っておきますね。あれは本当にうれしいなあ。

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.16更新

コロナウイルスは呼吸器や心臓にダメージを与えることがよく知られています。

普段から喫煙している人は相当のリスクがあると思います。

そしてさらにメタボ体型で心肺に普段から負担をかけていて予備能力がない人の場合、そこへ輪をかけてリスクが高まります。

タバコはいま1箱500円とかするんですよね。1か月で1万5千円。1年で18万円もの浪費をしていることになります。

自力で禁煙ができない人には、当院では健康保険で12週(約3か月)の治療を行なうことができます。

禁煙の闘いに勝ち組となるのか、相変わらずの負け組に居座るのか、それは自分次第です。

当院では勝ち組にシフトする意欲と勇気と闘う意志を持つ人を応援します。

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.14更新

先週末で14週が終わりました。毎日の愛知池ランニング。ときには歩く日もありますが、時間がもったいないので通常ほとんどはジョギングです。前半が苦しいのでとぼとぼ走りで、後半少し波に乗って、というパターンが多いかな、、。だいたい毎週日曜は息子も一緒に走っています。自分一人で走っていると全然遅くて1時間とかかかってしまうんですが、不思議と息子と走るといろいろ話しかけたりしながらなのに知らぬ間に速めで回れるんです。ある意味ペースメーカーになってくれているんでしょう。不思議なファンデルワールスパワーです。

ただ、この時期は蜘蛛の巣がやたらと顔や腕にひっかかるのが鬱陶しいことですが、帽子を被ることで対応しています。顔にひっかかることが一番癇に障りますから。

そういえば昨夜は三日月が見えました。思えば先月のスーパームーンとやらも全然見えずに終わっていて、以後も昨日まで月を拝めることがずっとなかったこの2週間(それ以上か)だったので、ひさびさの月は希望の光のような、まさに「ツキ」に思えました。

ガマンしてコツコツと一つ一つ頑張っていればいずれ光が差してくる。ツキもやってくる、ということでしょう。

 

月が生まれるといえば、当院のツバメもそろそろヒナがタマゴからでてくるころです。毎日1羽ずつというのが普通のようです。カラスに見つからないようにどうするか。カラス避け対策をこちらで介入するかどうか迷っているところです。これ、生まれてもすぐ食われてしまうのはツキがナイ、ということになりますし、ツキは用意周到さによって確率を上げることが可能だと思うんですが、今回はそのあたりはツバメもかなりわきまえている印象があります。なるべく存在感を消してひっそりしています。今朝は巣を見上げると目と目が合って、何か無言の会話のような感じになりました。

今週からいよいよ梅雨本格化といった気配です。先週はかなり忙しかったので、今週は雨に紛れて粛々と毎日を流れるように仕事しましょう、そう思っている次第です。

私のブログ本、いま1巻2巻ともアマゾンで販売中です。当院の患者さんでなくても、私のブログ集をみて、関心を持たれた方はどうか読んでみてください。

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.14更新

先週末、6月12日の土曜日から、当院でも接種が始まりました。

40分程度で30名を流れるように接種することができました。

当院では診療の都合上、土曜日の昼からしか予約枠を設けられませんので、宜しくお願いしたいです。

なお、1回目接種すれば自動的に3週後に2回目の予約をとらさせていただきますが、その日を希望されない場合には対応いたします。

なお、ワクチンの予約についてはかなり逼迫(ひっぱく)している状況らしく、これからまた大企業での接種が行われるようになることで、ますますワクチン供給が厳しくなってくるようです。

そのため、約3週間前までに予約受付終了を余儀なくされており、追加の注文は絶対に無理ということです。逆に、予約していたのが他所で早くできるからという理由でキャンセルされることも倫理に反しますので、そういうダブルブッキング形式は厳に慎んでいただきたく思います。

 

そんな状況で開始となったワクチン接種ですが、初日の様子としては、当院にかかりつけの患者さんばかりでしたので、大変スムーズに進みました。なかには「待ちに待ってたよ」とおっしゃられる方もありました。ワクチンの副作用の危険性は全くゼロとは言わないまでも、基本的にはデメリットよりもベネフィットのほうが当然上回ります。マスコミが不安をあおるようなことを報道することもあり、受けるかどうか逡巡される人もあることでしょうが、実際には一連のワクチン接種を終えてスッキリとした安心感を得ることは無用なストレスを感じる日々から解放されることを意味します。ワクチンの性質と発注ルール上、3,4週前までにしか予約できないこと、また当院の診療体制などから土曜しか接種日がないことをご理解の上、予約なさってくださいますようにお願いいたします。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.10更新

梅雨の合間が長いこと続いているこの頃です。

 

昨日、おとといと、蒸し暑い夜ではありますが例によってランニングをしていますと、今年も小さい光がフワフワ。

1周して2、3匹しかこの光には出会えないほどの少なさですが、明らかにホタル。小さい小さいやつ。

こんな小さくてもちゃんと発光するんだから大したもんだと思います。

 

昨日はちょっと食べ過ぎて、「どうせ走るから良いだろう」だなんてやってしまって、そうするといざ走りはじめるとおなかが苦しい。

食後まだ時間がさほど経過していないタイミングだったということもありましたがやはり食べ過ぎた。

満腹状態だと内臓、とくに胃腸が動揺する度合いが大きくなるため、上下運動となるランニングはとても厳しいものがあります。これは満腹状態でなくてもおなかが肥満状態であれば同様なことがいえるでしょう。

従って、肥満体の人は最初のうちはいきなりジョギングではなく、まずは早歩きから始めるのが良いと思った次第です。

私は昨日はそういうわけで、半分走って半分歩いてという1周となりました。

今週末ころから本格的な梅雨に入るのかと心構えをしているところです。

当院軒下にいるツバメもタマゴがいくつかあるようで、おそらく週明けに1つずつ孵化していくと思われます。カラス対策をすべきかどうかが難しいところです。下手な事をすると逆効果ということもありますからね、、。

 

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.07更新

3月初めから毎日愛知池をランニングすること13週が過ぎ、その間一瞬減ると思った体重。実際にはまだ、増えはしないまでも、どうにも停滞して下がらなかった体重。

今朝、とうとう目標の壁を越えました。

まだまだ油断せずに、このベスト体重をキープしたいと思います。夏場は発汗しやすいので、脱水に気をつけながらも脂肪燃焼は得られやすく、有酸素運動には効果的となりやすいので、是非コロナによる運動不足を解消しましょう。

この1年、メタボ体型の生活習慣病患者さんを見ているとかなりの高率で体重が増えている印象があります。

コロナだから運動しなくていいなどということはありません。むしろ野外へ出て、人混みのない場所を探して運動をしましょう。歩きましょう、走りましょう。

投稿者: 三本木クリニック

2021.06.07更新

当院に長いこと通院されており、80ー20(80歳で自分の歯が20本以上ある)を余裕でクリアしてる方が、今回も私の著書を購入してくださったと報告していただきました。

「難しいところは頭に入らんけども、読み飛ばすことはしないで読んでるよ」

と、驚きのコメントを頂きました。

読み飛ばさずに読むというのはなかなか忍耐と頭脳を要する作業なので、これは凄いことだと思いました。

私も最近は緊急事態宣言の影響で、外来診療が少し暇になったこともあって、またあれこれと本を読みだしたところなのですが、どうしてもグダグダした内容や本質に関係なさそうな部位は読み飛ばしてしまいます。本によりますね。専門書などは読み飛ばすとたいてい内容が分からなくなるから結局じっくりと読まざるを得ない。

私の本の場合、講演会というのか研究会に参加して得た知見の紹介をあちこちに交えたエッセイ本なので、いわゆる書き下ろし本ではないので、それなりに抜粋して凝縮した内容となっています。よって、この患者さんのように、ゆっくりじっくりと読んでいただければ良いかなあと思います。

私は認知症の入所者さんが大勢いる特養老人ホームを12年も担当して見ているので、認知症になる患者さんとそうでない頭脳明晰な人と、その中間の患者さん、というのをいろいろ観察してきました。

どういう傾向で認知症になるのか、ならないのか、そして中間か、ということについて私の頭の中にはそれなりにイメージができあがっているように思っています。

勉強している人、世の中のトレンドについていっている人、目、耳、歯、足腰がしっかりとメンテナンスされている人、というのは、どうやら頭脳明晰な高齢者となる傾向があるように思います。

私の本は医者の書く専門書でもなく、有名人が書けば価値はあるんだろうけども一般人が書いても読者には何の意味もないような、ぼんやりしたエッセーでもなく、言ってみれば、昔シリーズで何巻も出版されていた「読むクスリ」のような本かなと自負しています。

昔流行った「読むクスリ」は、たしか雑誌の連載をまとめた本だったと思います。いろいろな著名人や成功者やらのエピソードを取り上げて、人生にちょっと役立つ生き方のヒントのような内容を提供する本だったように記憶しています。一方、私の本は、誰かにインタビューしてどう、というものではありません。すべて自分の中から出しています。私という人間をしらない人からしたら、また、異様にローカルな内容ということもあり、どこまで読者にとって有益なことがあるかなあと、ちと申し訳ない気もしなくもないですが、かりに私の患者さんでなくても、日進市や愛知県の人が読者でなくても、それなりに読めるように、と考えて作っていて、なおかつやっぱりローカルな内容となっています。これはこれで一つの新しいカテゴリーじゃないかなと思っています。

 

投稿者: 三本木クリニック

前へ
  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png