院長BLOG

2022.12.08更新

以前のブログでもちらっと書きましたが、当院で長らく活躍してきたオーロラを終了し、同じ治療効果目的で全く新しい美顔治療機にバトンタッチします。

1

おそらく今月下旬には入荷するのではないかと思います。乞うご期待。

さて昨日の水曜日はひさびさに時間がありましたので、といえども山登りとかするほどの時間もありませんでしたので、とりあえずバイク磨きとひさびさに猿投神社にあいさつにいきました。四季桜が徐々に満開に近づいています。すばらしい。神社の今月の標語には非常に心温まる気持ちになる言葉が記されていました。皆さんも一度見に行ってみてください。

1

神社のあとは、来週末に向けての愛知池の練習ランニング。といっても、半分は歩いてしまいました。昨年のハッスルが夢のように思えるほどの落差。しかし大会に向けて遊歩道のアスファルトが着々と補修舗装されているので気持ちがイイです。なにせここを3周もしなくちゃならない。

 

このところ思うのは、コロナ禍で世の中が全体的に元気がないというか、暗いというか、そういう雰囲気があって、飲食などのお店でも流行っているところはバタバタと余裕がなくて殺伐としているし、流行ってないところは元気なくサービスの気遣いが弱く、ちょっとしたことだけど大事なフォローができないという印象があります。笑顔が無いなあ、と。

繁盛しているところについては、こんなコロナ禍不景気なのにお客さんがわんさか来てくれているんだから、心底ありがとうと、笑顔を振りまかなきゃならないのに、なんとなく淡々と仕事に追われているだけの感じだし、閑古鳥なところでは、こんな時期なのにわざわざお客さんが来てくれて本当にありがたいと思えなければならないのに、どうもどちらのパターンも元気がないように思います。それはどういう理由かというと、そらコロナの長い影響もあるし、ワールドカップで一瞬の夢に終わった虚しさやらいろいろあるでしょうが、やっぱりそのお店や会社なりのトップの人間が元気がないからだと思いますね。それほどに、たった一人の人間の姿勢によって組織やチーム全体も影響をうけます。

元気とは、心身ともに健康であること。腹八分にして適度に運動をすること。良い睡眠をとること。仲間とときどき会って遊びに行くこと。お気に入りの良いものを所有したり身にまとったり、良いものに囲まれていること。何か目標を挙げて、それを達成する。そういった物事によってもたらされます。

師走でバタバタとセワシナイ時期ではありますが、そうこうしているうちにあっという間に過ぎ去ってしまいます。カラ元気も元気のうち。他人を応援するのも尊いことですが、まずは自分を大事にして、自分を応援して、盛り立てていこう。自分が元気だからこそ他者を励ましたりできるんです。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png