院長BLOG

2022.11.21更新

世の中の仕組みを作るのは過去の歴史から現在に至るまで、ほとんどが男性によって成されています。国家の代表などは紀元前から男性でほぼ100%埋め尽くされています。

また一方で、ほとんどの犯罪は男性によって成されているという面も否めません。戦争も大量殺人という意味では大いに犯罪といえるでしょう。

男は一見肉体的には強いようでいて、その実、何かしらの後ろ盾というのか、心のよりどころでもないことには非常にもろい、弱い、ということも言えます。

肉体に力を持っているだけに、相対的に弱さが目立ってしまうというのもあるかもしれません。

ただ、犯罪や麻薬、刺青に逃げるのが圧倒的に男性が多い事実を見るにつけ、同類として思うのは、

「男よ、強くあれ。」ということです。

犯罪、麻薬、刺青は、結局のところは弱さに起因するものです。そしてこれらは一度行なってしまうと、もうマッサラきれいには戻せない遺物となってしまいます。

男は頑張ってほしいなあと、思います。

ぐっとこらえて男の責任を果たす、それこそが、男の本当の強さです。

たとえば独身であっても社会に生きる一人の人間として、また、親に対する責任として、

伴侶や子供をもったならば、それこそ責任は増大します。そういう覚悟があってこそ、家庭を持つ資格があるというものです。

長い人生においては、いろいろな挫折やトラブルがありましょう。しかし、それらを一つ一つキッチリとした解決法で乗り越えるということ。決して安易な虚勢や安直なその場限りの逃避行動や無責任な手法に走ることはせず、男ならば、グッとこらえて頑張りましょう。

どんな屈強な格闘家やスポーツ選手であっても、ちょっとした挫折やトラブルには脆いものです。どんなに偉くなった政治家でも安易な無駄口を滑らせた結果、立場を失うともうタダの一般人になることは過去の事例に無数に転がっています。

そこをグッとこらえて、単に肉体を誇るとか、見た目を強そうにするとか、そういうことではなく、真に強い男を目指そうではありませんか。

昨今のいろいろなニュースや事象をみるにつけ、「男よ、もっとしっかりせいよ」、という思いがどうしても湧き出るのを禁じ得ません。

ぐっとこらえた先に栄光が待ち受けているのだと、そう信じて、1日1日コツコツと頑張ろうよ。

山本五十六の「男の修行」という詩を世の男性に贈りたい。

ぐっとこらえて男の責任を果たすことが、男の本当の強さである。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png