院長BLOG

2021.10.25更新

日曜の夕食後、私は冷えと肩こりからくる頭痛、片頭痛タイプの痛みがあり、ランニングをどうしようかと思うほどでした。一応葛根湯と鎮痛剤を服用したものの、どうも効果が薄い印象。

というのも土日はいろいろあれやこれやと活動をしており、ことに土曜日は大阪市内への往復ソロツーリングというのか、バイクの点検をうけに往復5時間ほど行ってきたのです。それの肩こりと冷えが一番原因かもしれない。

日曜もいろいろとメンテナンス作業などがあって、クルマの油膜とりなどしてたら蓄積で結構な筋肉痛。最近はダンベル筋トレも始めたからというのもあるかもしれないのですが、、とにかく外での作業もいろいろあって、日曜も冷えたかもしれない。休憩なしで夕方まで活動。

その後の夕食で、そのあとのランニングだからどうしようかなと。頭痛もあるし、薬は効かないし、、

しかし日曜は息子と一緒に走るので、しんどいけどやろう、ということで、息子に気を遣ってもらってゆっくりペースで愛知池1周を1時間弱のランニングとなりました。多少発汗して、帰宅したころには頭痛は治っていました。筋肉痛は多少あるものの、やはりランニングは肩の上下運動が自然に成されるので、肩こりの治療になるのだと思いました。また、冷えから肩こり、頭痛となるケースはこの時期から大変増えるのですが、運動は発熱量が増えるので、冷えにも効果的です。

ランニングをやり始めのころは、多少の足腰の痛みなどがあることは普通ですが、それで休むよりは、やれるペースでいいから休まずにやるんだ、という気持ちが大事で、そのうち痛みは筋肉がついてくると勝手に消失します。

70歳になったときにボケずに元気で若々しく勝ち組で生存しているのか、脳卒中後遺症や認知症でせつない思いをするのか、それが 「今」にかかっていると思います。

時間がないとか忙しいとか疲れているだとか、グダグダ言い訳理屈こねずに一歩踏み出して歩けよ走れよ。ということです。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png