院長BLOG

2021.09.06更新

昨日の日曜日はかれこれ3つのお祝い事がありました。

1つは、クリニックのお隣さんの新築お引越し。ちょうど荷物を運び入れているところに出会いまして、お祝いを申し上げました。新しいお家はイイですね。

2つめは、私の一家一族の至宝である、息子の誕生日。ちなみに至宝とは、宝に至る、という意味ではなく、この上ない宝、という意味なんですよね。親ばかなんでしょうけども、私にとっては間違いなくその通りです。昨日の夜も2週間ぶりでしたが一緒にランニングしました。先週はコロナワクチンを打ったばかりなので彼は自重させたのです。

そして3つめは、同門の先生がみよし市で開業されたことです。私の自宅に新聞の折り込みチラシが入っていて、内覧会があるということで初めて知ったのですが、知らぬは私だけなり、というほどに、同門の先生たちからたくさんのお祝いの花が届いていました。研究室が違うのでお話ししたことはありませんでしたが、私が大学院の時期に大学で一緒だったと思います。今回の開業地は私が昔、このあたりで開業できたらいいなあと思っていた場所あたりで、近隣には医院が全然ない場所なので、地域の人たちからの歓迎と関心度が大きいようです。駐車場も広くて、いくらでも入れる感じ。中に入ると大勢の見学者でにぎわっていたし、マスクしてる私の顔など分かるはずもないだろうと思ってたのですが、お祝いのあいさつをした途端に私のことを認識してくれて、びっくりするやらなんやら、さすがだなあと思いました。開業はいばらの道ですが頑張っていただきたいと思うし、彼なら成功するだろうと思います。

 

いっぺんに3つもの祝い事を1日のうちに経験して思うことは、隔世の感、というか、月日の流れというか、ああ、もうそんなになるんだ、、、ということです。クリニック開業だって、私が開業した13年ほど前とくらべると建物から何から昔とは違う感じだし、息子が生まれた日の未明から朝にかけてのこととか、クリニックのお隣さんとのおつきあいも長くなってきたところで新しい家族と家が建つということとか、いろいろなことを走馬灯のように思った次第です。

引っ越しも内覧会も、昨日は晴天に恵まれて良かったですね!

夜の息子とのランニングでは一言も特に話すこともないけれども、こうして一緒に走れること、家族で一緒に夕飯を食べることができることの、ありがたさをしみじみと感じた秋の日でした。昼間はまだまだ暑いですが朝晩は完全に秋ですわ。

みんな、秋のシミジミとしたパワーを受けたかったら当院にいらっしゃいよ!握手して腕組んで、肩たたきあってね、ウオーっと讃えあおうじゃないか!

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png