院長BLOG

2021.08.27更新

更年期の顔のほてりや発汗は、比較的よく見聞きする症状です。

一般に更年期障害に対して有効とされる漢方薬のメジャーなものは、

1.桂枝茯苓丸

2.加味逍遥散

3.当帰芍薬散

の3つですが、

案外これらにても効かないことがあるのが顔のほてり、ホットフラッシュ、発汗、の症状です。

当院での経験では、そういう場合、

柴胡桂枝湯が有効なことがあります。もしまだ試していない人は一度試してみても良いかと思います。

 

また、これも更年期の女性に比較的多い相談として、頭髪の薄毛の問題があります。この場合、大体は血虚による症状ですので、漢方でいうと、十全大補湯を用います。そこへ亜鉛製剤を併用し、半年単位で服用してもらうとたいてい効果が実感できるかと思います。

男性でも更年期障害を自覚するほどですから、女性はいわんやをや、という感じで、その症状の苦痛は厳しいものだろうと推察します。そういうときには当院で長年扱っているプラセンタ注射もですし、上記紹介した漢方薬のいろいろも試す価値はあると思います。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png