院長BLOG

2021.08.25更新

最近は仲間に応援を頼んで、その仲間とさらにその仲間の人々が応援してくれるという、ありがたいことが数日続きまして、心当たりのある方々には心より御礼申し上げます。

コロナで世界中が鬱屈しているようなムードで、それもあってでしょうか、陰湿なネットでのいじめや悪さをする事例が増えているようです。

飲み屋でダラダラと憂さ晴らしをすればコロナに罹患するリスクもあるし、なかなか発散もできないのは確かに大変でしょう。しかし、だからこそね、仲間の存在のありがたさを再認識したいものです。私はそれを実感しているこのごろです。

1つ1つの仕事をきっちりやること。それの積み重ねが仲間の積み重ねにつながるんだと、そう思います。

こちらがきっちりとした診療をしようとしても、それをあえて拒否するとか通院しなくなるとかの事例もありますが、それはもうどうしようもありません。ワクチンを打たずして罹患死亡することと同類ですが、それもまたその人の人生なのでしょう。その行動により自分の生命を損ねているだけでなしに、実は周囲の人たちに迷惑をかけていることは残念にしても。

ワクチン懐疑派なる思想の持ち主が世界中に一定の率でいるようですが、客観的な事実を把握すれば、思い込みによる間違った行動からくる結果、後悔にさいなまれることは防げると思うのですが、妄信的思想となると宗教と同様、いくら救済しようとしても議論がかみ合わず、平行線に終わります。最近は価値観の多様化がどんどん許容されているため、その長所は確かにいろいろあるとしても、欠点として、常識として共有できるルールやマナー、エチケット、理論的な考え方といった、さまざまな概念の共有可能範囲がどんどん縮小してしまう面もあります。

そういう意味では、普通に常識的なやりとりをできる仲間を構築することは今後どんどん難しくなってくるのやもしれません。そうなるとますます仲間の重要性やありがたさや貴重さが浮かび上がってくるのではないでしょうか。

今回分かったことは、潜在的な仲間が実はたくさんあって、ただ自分が知らなかったとか、働きかけ掘り起こせばどんどん広がるんだ、ということです。これは、コロナで人同士のつながりが分断される時勢において、大変に大きな気づきではないかと思う次第です。

コツコツと真面目にやればこそ、実は仲間のネットワークがたくさん広がるのであって、それは大変に意味があり価値が高いのだということです。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png