院長BLOG

2021.07.17更新

医者というのは病人を相手にする因果な商売ですから、

患者さんによっては強烈な毒気を放つのもあって、その悪影響をまともにくらってしまうと、しばらくその毒の消化には時間がかかります。

幸い、というのか、私の場合、開業以来、過去最大レベルの瘴気とでも表現すべき、患者さんから発せられる強烈な毒を身に受けても、その毒を雲散霧消してくれる存在というのか目に見えない力というのが作用し助けてくれるらしく、いろいろ身内や仲間に毒の消化を手伝ってもらったりもして、なんとか平常状態に戻ります。ただ、相手の毒の程度によっては、そして、私自身の体調や疲労など健康管理の状態次第では長引くこともありうるわけです。

それで、絶えず一定の体調を維持する、体力を維持する、精神を平常にする、というために、いろいろとやっていることはあります。当然、神仏の助けをお願いすることもあります。目に見えない世界というのは、こういう仕事をしていると、どうしても必ずある、と思うし、いえ、むしろ、「ある」というよりも、目に見えない世界の方が圧倒的に配分が大きいだろうことも推察されます。

ともあれ、体調を整えておくことは大変大事で、私も更年期の年齢となり、それが如実に理解できるようになりました。それでランニングなどの運動が必要なんだということです。

かれこれこの1年で8kgの体重減少を果たしましたが、脂肪も減ったけど筋肉も減ってしまいまして、いよいよ、プロテインの補給を開始しなければならない、というステージになったようですので、このたび、そのあたりの手配をしたところです。

ちなみに、近日中に、各一般的食品における、タンパク質の含有度の一覧表を待合室にいくつか配置する予定です。パンフレットなので皆さんに持ち帰っていただく予定です。なかなか面白いものです。塩分の含有量についての表もあるようなので、それも意外にびっくり、という世界もありますので、またそれもおいおい陳列することになるでしょう。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png