院長BLOG

2021.04.29更新

でn

(よく見ると足のキャタピラがモニャモニャうごめいているのです)

2日続けて雨となっています。

昨日の愛知池にはウグイスがあちこちで縄張り主張のホケキョウ鳴きと、下を見ればあちこちに大小さまざまなカタツムリが這っていました。

でんでん虫というのは、半分動物半分植物のような、そんな感じの動きで、結果としてほんの数メートルの道を横切るにも30分はかかることでしょう。その間、自転車やランナーに踏まれないように幸運を祈れよ!と思うしかありませんな、、。何故にお前らは横切りたいのか?

これらに注意しながら、トボトボ走りの静かな夕方5時台。ずいぶん日が長くなりました。

翌明けて、本日は我々三本木クリニック職員は普段からお世話になっている愛知国際病院さんにて、他にも来られている大勢の医療関係者に混ざってのコロナワクチン第一回接種を受けました。

休日にも関わらず、井手先生、太田先生、宮崎先生、他看護師さんや事務職の方々が対応されており、ありがたく思いました。いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。第二回の接種も予約してありますのでよろしくお願いします。それにしても、自分が患者の立場になるとドクターは神様か菩薩のように思えますね。ただでさえ井手先生や太田先生は尊敬に値する人格者なのでなおさらです。

さてコロナワクチンですが、問診の時に井手先生に教わったこととして、このワクチンは注射部位が硬結し痛くなることは必発で、2回目の接種では3割程度が大なり小なり発熱を来たすそうです。筋肉注射なので、毎年のインフルワクチンとは受けた感がちょっと違います。接種後15分の待機の後、帰宅となります。本日のランニングはウオーキングに代用とする予定です。明日、注射部位がどの程度痛くなるのか、ある意味楽しみです。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png