院長BLOG

2021.03.30更新

昨夜の愛知池は満月でしたが、雲か霞か、はたまた黄砂か、という具合にかすんでいる状態でした。

月夜に照らされる桜が場所によってはかなり満開近くになってきており、ただ、前日の雨で太い枝が折れてしまっているのもあったりして、たしかに日曜の雨は激しかったから仕方ないか、と思いつつ。動物だったら骨折とかに相当するんだろうが、木だから、まあ良いのかと。

もう3月が終わろうとしておりますが、今年の3月は何かとバタバタした印象があります。外来診療自体は大してバタバタすることもありませんでしたが、時間外の活動があれこれと埋まっているようなことで、手術や処置や往診などです。

そして今月はかなりいろいろな書籍を読んでいますが、珍しくひと月に12冊ほどとなりました。とはいえまだ読み終えてないのも数冊ありますので4月以後はどうなりますか、といったところです。

3月というのは季節の変わり目で、また生活様式も変わるし、花粉症や紫外線の問題などいろいろとそれまで相談のなかったような症状や患者さんが増える印象があります。心身ともにフワフワと落ち着かないのだろうという感じです。

世の中には専門医が専門分野の医学書や健康読本といった書物が無数にあり、また一方で、スピリチュアル系というのか、そういうものも無数にあるのですが、それらを両方含んだ、しかも特殊な専門分野だけに絞らないもので、かつ、なんら特殊な霊能力もないような人間にとってどう生きていくべきか、という内容の書物は私の知る限りでは、あまり世に見当たりません。この春におそらく出版するだろう私のブログ本第二巻は、第一巻もそうですが、徐々にそういうような内容、さらには人生の目的である幸せになるための考察をするところまで内容を昇華していく流れになっていきます。内容がコアなものとなって、一般に公開するにはすこし通常臨床とは違ってくるかなという内容については以前のブログでも報告したとおり、会員限定ブログとして改変しようと考えています。そしてそれを後追いで書籍化するという形になると思います。

精神科医のyoutuberである樺沢紫苑先生は、現在では臨床家としては卒業されているようですが、うつ病をなくす、減らすことから世の中を良くする、健康にする、ということのために活躍されている作家ですが、結局はどうやって人生を幸福に成功させるかということになっていくんです。当然そうなるんです。真面目に小局~大局を考える医師はそうなっていくんですよね。

私の場合、実地臨床をリアルに継続しながら、かつ、ブログや書籍で内科的健康知識の紹介や、正しい幸福な人生を凡人がどのようにして成し遂げるか、そのためには当然ながら心身が健康でなければならないわけですが、そういった内容を少しずつ啓蒙できればと思って、私なりのアプローチで進めていく所存です。

健康になりたい、幸福になりたい、と思っていても、しかもそれにはどうしたらよいかということも大体分かっているのに、なお、何となく足踏みをして、一歩踏み出す行動ができない、というケースが本当に多いなかで、どうやって心身ともに健康になり、その先にある幸福な人生に向かって正方向の行動を起こすのか、ということを、日々いろいろな人々を見ている町医者の立場から、考察したり提案していきたいと思っているわけです。究極的なことをいえば、それにより世界平和にもつながるのだと思います。

松下幸之助さんは「素直な心」をモットーに、さまざまな説話を遺しています。素直な心とは、正しい行動を素直に実践すること、ということに言い換えられると思います。頭ではわかったつもりでもそれを行動にうつさないと実現しないのが地球上での生活というやつです。それをどうやって、無用な足踏みをせずに普通に一歩前に動くのかということ。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png