院長BLOG

2021.01.12更新

年明けて最初の1週間が終わり、成人式の祝日も終わり、今日から第二週。

連休中は極寒で、自粛ムードもあり、これといったこともたいしてせず、さらに愛知県にも緊急事態宣言が出されるかもしれない状況のため、自他ともに今週以後もますます閉塞感が募るイメージが先行しています。

日曜は意を決して伊勢鳥羽方面にと走り出しましたが、三重県に入ると横風がひどく、嫌気がさして、松坂でUターン帰宅しました。寒いとなにかにつけ行動意欲が低下しますね。また、そんな中でも活動すると、一応筋肉が燃焼代謝活動をするのか、カロリー消費はするようです。

それにしてもせっかくの連休なのにじっとしてばかりもつまらないので、急に思い立って今度は車で浜名湖の動物園に行ってみたのがもう午後の3時。動物園はかなり閑散とした展示かつ工事中でゲートが入れず植物園(それも枯れ木ばかり)から大回りして入園し、雌ライオン、トラ、キリン、ペンギン、シロクマ、バイソン、鶴、クジャク、サル、シマウマ、ゴリラチンパンジー、ロバ、ヒグマ、ツキノワグマ、フラミンゴ、ヤマアラシ、カピバラ、フクロウ、、、ほかにも多少なんやかやあったかな、そういうのなどを見てきましたが、みんなわびしそうで、お客も子供連れがパラパラ程度だし、チンパンジーなんか、コンクリの部屋で薄っぺらい毛布だけを与えられて寒そうに貧乏ゆすりしていたのが可哀想だった。せめて何か敷物でもあればなあと。チンパンジーなどは人間と同じ程度のサイズだから、感情移入してしまいました。

自粛営業のため4時に閉園ということで1時間だけの見物し、虚しく寒さだけが身に染みた感じになって、その後、家内の要望で東郷のららぽーとに初めて行ってみたのですが、ここだけは別世界ですか?というほどに、老人以外の比較的若い人たちがまるでパラダイスのようにショッピングをしている光景。異様なギャップを感じました。みよしのイオンは閑散としているというのに、、、。これ、コロナ下でもこんな風だから、通常なら激混みとなるところでしょう。

月曜の今朝は雨模様ですが、昨日は晴れていて、運動しないといつまでも寒いので、気合をいれて夜ランニング。嫌がる息子を強引につきあわせて。明るいところで犬の散歩をさせてる夫婦だけしかすれ違わない。このところ寒くて毎回こんな程度。夜に周回ランするような人は基本的にいませんな。

ラン後の体重測定ではとうとう昨年春から比較して7kgも減量となったことを確認し、週2程度の愛知池などのランニングがこういう結果をもたらしたと実感を深めました。

このところ、メディアマスコミなどみていると、ほぼすべてコロナ関連一色のことしか言ってなくて、ネットニュースですらほぼ内容がスカスカとなっています。ユーチューブも新しいことがあまりでていない印象(あくまでも私の趣味や興味の問題範囲での話ですが)。こういうときにしぶとく、クリエイティブな価値を作り出すことが大事だと思います。文化芸術面が社会不安時にはここまで廃れるんだということが良く分かりましたし、人間には適度な無意味かもしれないけど遊びも必要なんだなと思います。ただ、学校が休校になってないため、学生さんの自殺ニュースは激減しましたね。これは良かった。このコロナ蔓延の冬にも休校しなくても子供たちにはコロナ発症がほとんどないこと、ましてや死ぬことは皆無であることから、休校の必要はないことがほぼ証明されたと言えましょう。それが自然にそういう流れになっています。

世の中がウツ状態だと、大人が自殺したり、また何しても楽しくない、となったりしますが、もともと大人になり年齢を重ねるにつれ、そうそう面白いことなんかでてこないのが普通でしょ。何かしら苦労して、その反動での嬉しさや感動があるんであって、例えば苦しい運動したあとの飯が美味いとか、そういうこと。

仕事でもそうでしょう。趣味でも。コツコツと積み重ねる努力して、その結果しみじみとした成果を自画自賛して味わう。

そういえば、先日、、私が多少関わっていた患者さんで、「二回も救命してくれた」と過分な謝意を表明しにわざわざ来てくれた人があって、さすがに嬉しかったなあ。ただ、実際私が治療をしたんでなくて、2回とも、しかるべき専門に紹介したというだけのことなんですけれど。それがプライマリケアの役割なんですよね。治療そのものを自分が直接しないからといって無価値じゃない。そのことを、分かる人には分かってもらえる。一方で、そういうことが分からない人は、こちらがいくら親身になってもそれを疎んじて、まったく逆の態度をとる。

そもそも、価値などというものは、その人が個人個人で価値だと思えば価値、という面もあって、水木しげる著「ねずみ男の冒険」ちくま文庫 にある、錬金術に夢中になる夫婦の話で、ねずみ男がそこの家の息子に「価値なんかなくても夢中になれるなにかがあればそれで幸せなんだ。逆に、実際にこの世の中に真に価値のあることなんかあるかね。すべてがまやかしじゃないか」と語る場面があるんですが、そういう面は確かにあって含蓄深いと思います。

とはいえ、私もコロナ関係なく手術治療をコマゴマとできていることが価値だと自負しているし、赤字でも今年はブログ本第二巻を出しますし、それがせめて自分にできるクリエイティブ活動だと思います。

かりに嫌なことであっても頑張ってやることが、そのこと自体が価値なんです。価値の蓄積になるんです。仕事でも学校でも勉強でも。私も最近は漢方の教科書の新らしいのに入り、少しずつ進めています。内容の難解さに悩みながらも、少しずつ進めていく。それが勇気であり価値であると、自分で自分を鼓舞しているんです。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png