院長BLOG

2020.11.16更新

精神科医で作家でユーチューバーの樺沢先生によると、

うつ病の治療には睡眠、運動、朝散歩、の3つが必要ということですが、

朝散歩と運動毎日20分以上を毎日行うことでメタボや精神不調が改善し、それらが睡眠をもたらしてくれるというのですね。

睡眠剤を漫然と処方、使用するのは日本だけだという衝撃的な事実は、いかに日本だけが睡眠剤依存症に陥っているかということを表しています。

メタボの人もそうですが、実際に運動をする、というのがなかなかできないのがまずは一番のハードルですね。。しかも、たとえば30分以上運動といっても、ただダラダラゆっくり歩くだけでは、やはり治療効果としては物足りないのが現実で、息切れを多少以上する程度の歩きや走りや運動が、呼気からカーボンを安静時よりは排出するので初めて燃焼効果を発揮する、つまり痩せれるということになるわけです。

かつ、運動はメタボだけでなく、さらにはロコモシンドロームだけでもなく、精神にも良い作用をもたらすのです。老いも若きも運動が大事だということです。

そういうことを習慣にして、まずはベースのレベルでのとりあえずまあまあ調子はいい、という状況を作る。

その次に、さらに調子よい状態を、となると、樺沢先生によれば3つの方法があるというのです。

1つは、運動の負荷を少しずつ上げてやること

2つめは、本を読んで他人の知恵や新しい物事を学び、それらのなかで自分にとって好ましいアドバイスを見つけていろいろ新しいことを試すこと

3つめは、そうして日々改善していく自分を日記などの方法で客観的に評価する、フィードバックする

というような内容のことをすれば良い、とおっしゃられています。

下記のサイトの動画にそのあたりを簡潔分かりやすく解説されていますので興味ある人はご覧ください。

*** 絶好調の上のパフォーマンスを出す3つの方法【精神科医・樺沢紫苑】 ***

https://youtu.be/93CKsLgu2EU

 

私もこの動画は参考になりました。そして、どうやら自然にそういうようなことをしているなあということも分かりました。言ってみればこのブログもそういうようなものだし、ときどきは本も読むし、こういう動画などの情報をみて新たな知識を得たりもするし、最近は、50歳を過ぎて急激に劣化した体力を補うために運動もわりかししています。朝の散歩はしてないです。ほんとはそれもすると最高なんでしょうね。早起きして三文の得、か。

たまったストレスとやすまらずにリセットしない脳をどうするか、という問題があって、睡眠剤で強引に脳の活動をシャットダウンしてしまうのはあまり脳機能生理学的によろしくないでしょうから、上記のようなことをまずして、それでも例えば私などは夜寝てても仕事してる夢ばかり見ているようなので、ちっとも休んだ気にならないというのがあって、

1年以上ぶりに千葉に旧友らに会いに行きました。電車はやはりちょっとコロナとかが気になるので自動車(二輪)で。お互い医者なので、そのあたりは注意して、食事する店も現地の友人が予約したのは静かな店で個室のとこにしたりして。それでなんということもない他愛もない話をダラダラして過ごし、私以外の2人は心臓血管外科医なので(これ6月に埼玉であった面子と同じ)、彼らにしか分からない専門的会話をただ漠然と聞いてるだけの時間もあったり、ことさら爆笑するような年でもなく話題もない時間だったのですが、なんだかんだで5時間過ごして、お酒も少々飲み過ぎたかなあというトータル量になったり。

でも、翌日、帰り道、あれだけその前まで頭ん中飽和状態だったのが、別に記憶をなくすわけでもないし、睡眠もビジネスホテルだから大して良質でもないし、多少頭痛などもあったりしたからそんなに良い体調でもない夜中だったのですが、朝帰り道をだんだん愛知県に近づくにつれ、「あれ?異様に頭がリセットされてスッキリしてる」と気づきました。普段会わない、たまに会うだけの友人らとの異次元のような時間としゃべりによるおかげだったのです。本当にありがたいし、本当にスッキリしました。眠剤や安定剤で誤魔化すのとはわけが違いますね。不眠や精神疾患を抱えている患者さんにはぜひ樺沢先生の動画もそうですが、いろいろ参考にしていただきたいなあと思います。

日曜の昼に帰宅後は、あれやこれやと雑用や仕事をして、夜家族とちょっとドライブしたりして、クルマ磨きとか、散歩とかもして、いろいろのんびりできた感じ。こういうのが本当にありがたいしヒーリング効果があるんですわ。

また月曜で仕事が始まります。ボチボチやりますわ。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png