院長BLOG

2020.09.14更新

先週は尊敬する先生とのお別れのこともあって、少々気落ちしていたせいもあって、土日に予定していた近場でのキャンプもウキウキワクワクでもなく、さりとて約束時間になんとか間に合うようにして、当日を迎えました。

今回の場所は近いとこでして、中津川からすぐ先の園原、昼神温泉郷からちょっといったところにあるキャンプ場でしたが、しみじみとした良いところでした。川が近くにあると周囲の雑音がかき消されるのでキャンプ地としては、比較的マナーの悪い人がいても悪影響を感じずに済みます。

でも、いつかは山の上の静かーな場所で、マナーの良い人たちばかりのところで、ひっそりとキャンプ、というのもしたいところですが、まだそういうところでの良い体験はありませんのでまた来年とかに期待したいと思います。

ともあれ、近くなのでツーリングに疲れるということもなく早めに到着できて、でも設営とか食事の準備などで結局3時間ほどかかるんですよね。何にそんなに時間かかるの?と我ながら思うのですが、1週間の疲れもあるので、休みに入ったからといってパッパとできないんでしょう。

夕食のころはちょっと雲間から星も少しは見える状況でしたが、夜になってザアザアの雨、、。どうも今年は天候には恵まれません。せっかく良いキャンプ場だったのですけど。

実は我ながら失敗してしまって、明るいうちは天気もよく暑かったので、設営したテントの寝床の窓を開けたままにしてあって、夜になり寝床に雨が入り込んでしまっているのを後になって気づいて、自分の馬鹿さにガッカリ。なんとか拭き取って寝ましたが、夜中の間も雨は結構ずっと降ってたので、防水テントといえども朝にはそれなりに浸水してて撤収作業がまた大変でした。あまり泥だらけだと片付けるにも残念なので洗ったり拭いたりして。でも一応、これまでの数回のキャンプ経験の中では一番眠れたほうかな、、。

キャンプといえば「たき火」じゃないかと思うほどに、案外たき火が楽しい。今回は私にとって2回目のたき火体験だったのですが、友人のたき火台でもって、3束も結局贅沢し長々と炎を見てぼーっとする癒し効果を実感しました。火が消えると寂しいものですけどね、、。その後、上述したように、寝るときの寝床の雨浸水のショックに続くんですけども。

料理は友人がおかずを仕込みから調理までやってくれましたので私は冷凍ものの主食を温めるだけ。若い人はみんなバーベキューなんでしょうが、私はどうも苦手です。年よりクサイこと言うようですが、、。

翌朝は何とか雨は上がっていて助かりました。設営や撤収の時に雨だと凹みますからね、、そうなるともう自衛隊の世界ですからね、、。

ともあれ、朝の片付けのあとは昼神温泉で日帰り入浴して、そのあといったん家にバイクを置いといて、名古屋市内のバイク屋さんに立ち寄って、前から依頼してあった、別のバイクのバージョンアップの完成したのを取りに行きました。

帰宅後の片付け作業がまた時間かかるんですけども、雨でひたひたになっているテントやら寝袋やら、片付けるまえに干すしかないのもあって、今日時点でまだそのあたりの片付けが終わってないです。今日は晴れてるからいい感じに乾くでしょう。

で、とりあえずの片付けをしたあと、バージョンアップしたバイクを試乗確認したところ、これが本来のコイツなんだな、、と思う、魂の解放とでもいうべきスッキリ感を確認しました。今回はバイクのことでしたけど、魂、自分本来の姿というものをどれだけ意識して日々過ごしているかというと、なかなか世間にまみれて分からないし意識もしていないもんですよね。

今回、バイクとはいえ、本来の実力というか本来のパワーというか、そういうものを解放してやったことで、ああ、そういうのに乗る自分も、自分の魂ってやつに本当の自分をのっけて生きていきたいものだと、そう思ったんです。まあ、それで何がどう、ということもないっちゃあないんですけども。毎日を一所懸命にやる、ということでしょうか。

それで、夕方には1週ぶりに息子と愛知池ランニング。先週は水曜日の午後がその時間がとれなかったので。しかし昨日は全体として曇りだったのですが、夕方の時間になるとまるで梅雨かと思うほどの湿度と、最後は雨もぱらついたりして、ムシムシ汗汗半端なしでしたが、何とか1時間走って、キャンプでの運動不足をチャラにできました。

遊びに行くにも体力が要るし、疲れますわね。でも気分転換やストレス発散にもなるし、なかなか難しいもんです。疲れたからといって寝てりゃ良いってもんでもないですからね。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png