院長BLOG

2020.07.29更新

長かったですね~今年の梅雨は。入梅の6月10日から急に梅雨入りしたのを覚えていますからね、もう7週間になりました。さすがに今週後半には明けそうです。

コロナショックでいろいろと経済の再編というか悪化というか、クリニックでも倒産するところもあるようですので、本当にほとんどの業種が悪化していると思います。

ただでさえデフレなのに、また今後も拍車がかかるのか、、、?

秋冬になれば今度はインフルが流行しはじめるとなると、普通の風邪もあるしもう滅茶苦茶ですわね。

そんななかでもたくましく生きていかねばならないわけで、、

あらゆる業界業種職種が、パラダイムシフトを強いられることになっているように思います。

ただ、私が思うに、真の実力者が適正に評価される時代になるとも言えるかと思います。

春に出した拙著でも、本質とは何ぞや、ということを底流に訴えているつもりです。本質が価値でありリーズナブルでもあるんです。

正しい人生とは、幸福に生きることだと、最近つくづく思います。

各々の境涯はいろいろあるでしょうが、そんな中でも幸福に生きることが人生の目的であり正しい人生だと言えます。

そのためにはそれなりの努力や苦労は当然乗り越えなければなりません。そして、社会の一員ですから、バランス感覚も大事です。それが幸福への道であり、正しい人生だと言えます。

たとえ病気があっても生命力というのかな、生きる火がわずかでもあればそれは価値ですし、原動力になるはずです。一人だと悶々として死んでしまいたくなることも普通にあることでしょう。でも誰かしか話し相手なり一緒に酒をのむ連れだったり、そういう人というか仲間があれば、ギリなんとか生きれるんじゃないかなあと思うんですね。

梅雨も明けます。カラッと晴れた夏がきます。でも猛暑でしょう。そして気持ちの良い秋が来ます。でもコロナの不安は続くでしょう。いろいろ上下ありますわね。

一番かわいそうなのは来年度新社会人となる人の多くが内定取り消しになったこと。ほんのたまたまの1年の経済状況の変化によって、その人の一生が狂わされるわけです。

自分がその立場だったら、もう、、、想像がつきませんわ。

それでもまあ、話を聴くことくらいはできるかな、、、。私も開業して何年間かは本当にしんどかった。でもそれらを乗り越えたら本当に自分に自信がついたし、過去の自分、そのころの自分に会えるのならば、飯でもおごって励ましてやりたい。

苦闘している若者たちに言いたい。君らなア、上から目線で悪いけど、何かあったらいつでもうちへ来いよな。とりあえず話聞くことはできるよ。そんな程度でもな、薄いうすーい仲間かもしれないけどもな、それでもそういうやつがここにいるんだということだけは知っておいてくれよな。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png