院長BLOG

2020.07.25更新

日進市でも若者が3人、コロナ感染となったようです。

与えられた情報からこの症例の症状をみるに、微熱程度、腹痛、味覚嗅覚の軽度障害、と、多少の上気道症状、というわけで、せいぜいそんなもの程度。ある一人は微熱だけ、ということで、そんなことでいちいち全員コロナ検査に回してたらパンクするだろうと思うのですが、結果的に陽性になってしまっているわけだから、侮れないことになります。

当院では今後そういう状況を踏まえてどうするかというと、発熱の症状の患者さんには車や別室で待機してもらって、個別に診察をするという対応にしたいと思います。もちろん必要があれば検査への紹介となりますが、検査自体は当院のようなクリニックでは扱えないのでしかるべきところへの紹介となります。

こういう対応が今後2年ほどは続くんじゃないかなと危惧しています。実際、安全かつ有効なワクチンが開発されないかぎり。

しかし、普通の良くあるカゼ程度の症状でもコロナ陽性症例がでてきてしまっては、これまでの第一波のときのように、呼吸器症状がひどいかどうか、とか、嗅覚味覚の問題とかのような特徴性がないので、これは病院泣かせです。もういっそのこと、一般のクリニックでも普通に迅速PCRキットを配布してもらって診断できるようにしてもらえないかなと思う次第です。これが常在菌扱いとなるのは時間の問題だろうと思うのです。ただし、現状ではまだまだ風評被害のリスクもありますので、医師会がどういう方針を取るのかによります。

シビアな持病のある高齢者は相変わらず重症となりやすいのでしょうが、今後は若者の感染対策、啓蒙、公衆衛生的アプローチがキモとなるでしょう。そして若者は基本死ぬことはまず無い。だからこそ厄介なんですね。中には検査逃れや行方をくらますのもあるようですからね。コロナ差別がどんどん増大すると尚更有害となるわけです。

とにかく当院では発熱患者さんに対してはこれまでより一層注意配慮した対応をとることになります。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png