院長BLOG

2020.07.16更新

今年はしっかりした梅雨ですね。西日本では災害が続いており大変なこととなっています。

長い梅雨により日照時間が短いと、心理的影響もでてきます。また、一応はポストコロナということで、関東や東京はともかくとしても愛知県や東海地区では各種産業や仕事が通常に戻ってきて忙しくなってきている業種もあるのではないでしょうか。

そんななか、日照時間が短いと一般的には脳内セロトニンの生成が減り、ウツになるということが知られています。私もさすがにバテました。しかしあと少しの辛抱ですので何とか頑張ろうと思います。

人生は生きるのが大変です。毎日毎週が闘いです。当院なんぞ特に敷居が低いからですね、まあ勘違いした非常識な人もときどきいますから大変です。だからということでもないですが、昨日はクリニックのお浄め作業などしたりして、その際のスギナの草取り中に蜂に刺されてしまったりして驚きました。すかさず駆血して、洗浄し吸い出して、局所治療をしたので何ともなく終わりましたがあれはびっくりと痛いですね、、痛さだけならまだしも、毒素がググッと中枢に向かって伸びてくる入ってくるのが腹立ちますね。ああ、こういうことを繰り返しているとそのうちアナフィラキシーになるのだなあというのは良く分かりました。それほどに、蚊とかとは違う感覚。アシナガバチでこうだから、スズメバチだとドエライことになるでしょう。

スギナの雑草取りといえば、ある園芸家がユーチューブで「スギナはとにかくむしり取りを1、2年頑張ってやると根絶できる」というのですが、ホンマかいなと思いながら今年は励んでますが、全然その人がいうほどに枯れてこないです。結局除草剤が必要なんじゃないか??所詮は個人の感想というかその人個人の話であって、地下茎がしっかり残っている場合には延々毎年繰り返しちゃうんかと懐疑的です。除草剤は他の雑草には良く効きますがスギナだけは効かないんですよホンマに。

昨日水曜日は午後休診日なのですが、先週先々週と雑用仕事でキツキツだったので今週はまあちょっとクリニックの作業もあるにはあったのですが、何をするという訳でもなくまあまあのんびり過ごしました。とはいえ仕事が一段落したのが2時過ぎでしたけれども、、。その後最近便利に使っているミニバイクで猿投神社に行ったりして。地味につい日曜日も行ってますけどね。海上の森の山歩きの後に。

日照時間が短いことによるウツについて、に戻りますが、私がユーチューブで唯一チャンネル登録している精神科医の樺沢先生の動画は私は非常に共感することが多いのと、私なんぞより数倍凄い人ですのでいろいろと勉強になっています。もし精神的にも日常的にもいろいろと悩みがある場合には一度そのチャンネルにアクセスしてみたら良いかと推薦します。著書もたくさん出されているそうです。世の中にはこういう凄い先生もいるんです。まあ大体世の中にたくさんの仕事を出している先生というのは、大学教授もそうですが、パワフルですね。生命力をどう涌現するか、ということについてもいろいろと解説されています。こちらは科学的アプローチですね。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png