院長BLOG

2020.06.30更新

昨夜はひさびさに講演会を聴講しました。ただしウェブによるものです。

冠動脈疾患における包括的脂質管理と題して、熊本大学の辻田教授によるものです。

EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚のアブラに多く含まれている脂質改善剤ですが、それについてのこれまでの大規模臨床試験の数々を紹介しながら、この薬剤の有用性をしめされました。

内容そのものはこれまでに何度も聴いたようなものではありますが、こういう普遍的な勉強は何度でもときどき復習として受けることも大事です。

たとえばJELIS studyという日本発の大規模臨床試験では、18000人という症例数で比較検討しています。LDL悪玉コレステロールを主体的に低下させるスタチン製剤に対して、スタチンプラスEPAしかも高純度のEPAを1800mg(通常の使用量)を追加して上乗せ効果があるかどうかを調べたものです。

それによるとEPAの追加により、

1.中性脂肪を有意に低下させ、

2.冠血管イベントを19%減少させ、

3.脳卒中既往の患者の二次予防として脳卒中の再発を20%抑制し、

4.高トリグリセライド(中性脂肪)血症かつ低HDL(善玉)コレステロール血症の人に50%もの冠血管イベントを減らした、

という結果を得ております。

さらに

5.動脈の内膜の安定化のために重要とされるEPA/AA(EPAとアラキドン酸比)が上昇つまり改善されたことも確認されました。

 

EPAはプラークの安定化に寄与するので、例えばLDLが十分にスタチンで正常値に維持されていても、動脈壁内膜のプラークが安定してなければ容易に心筋梗塞を起こしうるということがあり、そのリスクを減らす作用を有します。

LDL悪玉コレステロールは「Lower, the better」と言われており、現在ではさまざまな治験の結果から、悪玉LDLコレステロールは低ければ低いほどに生命予後や血管イベントの抑制にとって良い影響を及ぼすことが判明しておりますが、しかし、LDLを正常値に維持していても、イベントを起こしてしまうケースもあり、それが「残余リスク」と言われるものです。ちゃんと治療しているのにある日突然死、という症例にはこういうケースがあります。

ちなみに、高トリグリセライド(中性脂肪)血症は、通常、空腹時で正常ならば、「よし」とみなされがちですが、実際には、non fasting TGつまり、空腹時でない状態で測定して200以上の高値であれば(正常値は約150未満)、もうそれはリスクがあることとなり、数値が200以上ならば有意に動脈内壁プラークは悪化することがIVUS(血管内超音波検査)を用いた貴重な臨床試験により証明されています。

中性脂肪はどうも軽んじられている印象があり、LDLばかりが脚光を浴び続けているように私は常々感じておりますが、中性脂肪も高値だと確実に心血管イベントに悪さをすることが分かっているのは、もうずっと昔からですので、日々これについては啓蒙活動をコツコツとしつづけるべきだろうと思うとともに、どうしても治療や薬が増えるのを嫌がる患者さんについつい迎合して緩めの対応をしてしまう自分を反省しました。

実際、私自身が遺伝性もあろうと思いますが高中性脂肪血症であり、この、高純度EPAを毎日服用していますからね。これを服用してからというもの、不整脈の発生が激減しました。

血液がドロドロになるからこそ不整脈が起こり得るわけで、それは狭心症の前兆とも言えなくもないわけです。ですので、長生きしたければEPAを服用せよ、ということです。

EPAはちなみに、高純度でないとあまり意味がありません。メーカーによっては、EPAとDHAがセットになった(というより原材料の魚からEPAだけを高純度に抽出する技術がなかったから結果としてそうなっただけですが)ものがありますが、それは高純度EPA製剤に比較して明らかに効果が弱いということも分かっております。ですのでどうせ服用するならEPA単独製剤が望ましいです。そもそもDHAなどは、せいぜい幼児時期には必要かもしれませんが、成人にはなんら意味がなく、ましてや認知症の予防効果などは全くもって証明されておりません。なお、いまはジェネリック薬品が普通に薬局では扱われておりますが、私は個人的にはやはり先発品がこの場合は良いかと思っています。一般に言えば、先発品の8割がけ程度の効能、というのがジェネリックに対しての印象です。そして値段も8割がけ程度です。費用と効果は大体一致しているというわけです。こんなことは日本だけのことであり、正直言うとバカバカしいことです。原因は健康保険の財政の問題に由来します。その問題については過去にもブログで散々述べてきたことですのでここでは割愛しますけれども、日本の医者は本当に苦労させられている、ということだけ言っておきます。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png