院長BLOG

2020.05.23更新

五十肩にしては場所が肩甲骨の裏が痛いという理由で上肢の拳上ができなくなっている患者さんがあり、最初は近辺の局所注射で効果を期待したのですが肩甲骨の裏側というのは骨が邪魔でなかなか届かない場所であるため効果がありませんでした。

その後1週ほどして、今度はエコーガイドにひさびさに筋膜リリース生食注射をしましょう、ということになり、

具体的には、肩甲骨の裏に延びている肩甲骨周辺の筋肉の筋膜癒着部に対して、エコーで確認しながら僧帽筋、肩甲挙筋群、肩甲下筋といった筋肉同士の筋膜へ少量の麻酔薬+生理食塩水を注入したところ、直後にだいぶ改善したようでした。

まあ、本当の肩甲骨の裏の奥まではアプローチができないので、真裏から手前の半分の領域だけとなりますがそれでも効果はすぐに現れたのでまたゴルフでナイスショットができるかな?

この処置は繁忙期はなかなか時間がとれないのですぐにはできないですが、暇な時期なら予約なしでできます。慢性の症状の人には癒着をはがすこの治療、手っ取り早いです。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png