院長BLOG

2020.03.03更新

コロナウイルスの影響で、軽症の風邪などでは病院に受診することを控えることが推奨されていることなどあって、当院は3月入ってずいぶん余裕が生まれました。

病気や手術のことについて、本気で相談したい人にとっては、この時期、ゆっくりと診察時間がとれるかと思います。

いまは病院はコロナウイルスの巣のように思われて忌み嫌われているかもしれませんからね、、。

今後どうなるか分かりませんのであまり軽率なことは言えませんが、コロナウイルスに関しては、知らないうちに国民全員が罹患して治って(そういうのを不顕性感染といって、他のウイルス疾患でもよくあることです)、みんなが免疫を獲得したら騒動終了、ということになるかと思います。そのことを免疫検査などで確認することや、罹患の有無を軽症の場合も検査するか、となると到底調べきれないし、また、重症化していないのに検査することは、すでにあまり意味がないステージに、いまの日本はあります。

下手に検査して魔女狩りのような状態になってしまうことを、すべての組織や会社や団体は恐れています。それは家族単位ですら同じでしょう。ですので、あくまでも肺炎などの場合に、ということにしなければ、意味がない、ということです。

インフルエンザでもなんでもそうですが、もともと、仕事などやむを得ずということでもなければ、好き好んで人混みに参加するのを控えることは、コロナウイルスに関係なく重要なことです。それが現実的にとることのできる可及的対応、というやつでしょう。それは、マスクを使い捨てでなければならないとかいうことなどよりよほど有効なことでしょう。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png