院長BLOG

2019.11.18更新

先週末はいろいろ活動量が多い土日でした。

まず土曜日は午後老人施設の往診のあと、東名古屋医師会の総会および講演会。「高齢者の全身を診る フレイルと低亜鉛血症」という内容。近年取りざたされているフレイルについての総論各論、そして亜鉛の重要性についても。

フレイルと認知症とは密接な関連が有意にあり、フレイルには単に運動機能のことだけではなく社会的なフレイル(脆弱性)も重要であること。

講演された先生が亜鉛欠乏症についての専門家でもあるということで、高齢者と亜鉛欠乏についても展開され、亜鉛の補給が生命活動の活力に重要であること、また、上述のフレイルにも関与することが示されました。

亜鉛欠乏症についての分かりやすい情報について、当院待合室の自動血圧計のところに配置しましたのでご覧ください。

亜鉛はちなみに、牡蠣、たらこ、ホタテ、ウナギといった、一部の魚介類、レバーや赤身肉などに含まれています。

 

その次にあわただしく参加したのが漢方の講習会です。日本臨床漢方医会の漢方家庭医講習会ということで、小児科の先生で漢方の達人先生が講演されました。題して、漢方の独壇場、という内容。これからの時期、風邪患者さんが増えますが、風邪は万人が罹患する割に西洋医薬でははなはだお粗末な対症療法しかなく、一方漢方では多種多様な処方ができる、ということから始まり、また、今回の講師先生は小児科ということで、乳児の風邪や下痢にどういう処方が良いのか、ということについて、たしかに一般臨床医としては大変助けになる内容の数々でした。

驚いたことや初めて知ったこととして、赤ちゃんの水様性下痢には平胃湯、悪心のある風邪には小柴胡湯、参蘇飲は用量を増やして投与する総合感冒剤、葛根湯は下痢止めにもなること、桔梗湯は甘草が多いので、うがい薬のみとして使用するでもOK、など、いろいろありました。

 

翌、日曜日は、以前ブログにも予告していたことで、千葉、東京と、日帰りツーリングをしてきました。過去学生時代に住んだ3か所の下宿の再訪、そして東大病院での研修時代や国立がんセンター研修時代に住んだ地区の再訪。おまけとしてかねてから行きたかったラーメン屋。これで多少はすっきりしたかなと思っています。800km11時間の行程。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png