院長BLOG

2019.10.18更新

昨晩はひさしぶりに藤田医科大学(以前の藤田保健衛生大学)に行き、小児科主催の、ワクチンに関する講演会に参加してきました。

藤田医大もずいぶんと建物全体が一新されて、とてつもなく巨大な施設になっていました。もう何年も来てなかったのだなあと思うと同時に、広すぎてこれは迷子になるなあ。

足腰の弱い患者さんだと大変でしょう。規模が大きくなると対応能力も上がるわけですが、なかなか受診するのも大変です。とんでもなく長い距離歩かなければ各部署やら駐車場やらを往復できません。

ワクチンについては、来年秋ごろからロタウイルスのワクチン投与が公費化される見込みだということで、それに伴う良いことや懸念されることなどが述べられました。

ワクチン行政というのは、費用対効果というものが配慮されるので、すべて理想的にということにはいかないので、常識的な落としどころを、ということになります。

当院ではあまたある小児科とは全く異なるスタンスを、ワクチン接種に対してとっています。すなわち、1つのワクチンを1回ずつ行う方式、ということです。ワクチンによる副反応、副作用というのは実際にはほとんどない(いま実質休止状態の子宮頸がんワクチンは別として)のですが、それでも万が一のことを考えると、3種類以上を一度に接種するやり方はどうも採用できないです。ゆえに当院では子供さんのワクチン接種の件数は他の小児科単科のところに比し圧倒的に少ないと思います。が、それはそれで構わないと思っています。また親御さんも、一度に何種類も済ませられる医院のほうが利便性が良いということでしょうけれども、当院ではまとめ接種は今後もやらない予定です。そういうポリシーを理解し賛同される方だけ、というのが現状ですね。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png