院長BLOG

2019.05.30更新

フォトセラピーはフラッシュランプという光を当てる治療が基本原理です。

ある特定の波長だけを発生するタイプのものと比べるとまんべんなくいろいろな効果のある波長を発生することで、皮膚のさまざまな色素病変に対して効果があります。

色素に対して反応する、ということだけではなく、水にも反応しますので、色のない病変にも効果があり、毛穴の改善、引締め効果、ニキビにも効果があります。

1,2回やっただけでは、表面のシミが落ちる効果しか分かりませんが、例えば10回程度続けた人では、明らかに全体の肌質が改善しています。それは私がひいき目で見たからではなくて、患者さん自身がそう実感され報告してくれます。

もともと白斑症がある患者さんで、それの治療を意図していたわけではなかったのですが、その病変まで改善してきているのには驚きました。が、原理的な見地からいえば当然といえば当然です。ただし、それに特化した波長を強化した光というわけではないので、他の病変や肌質改善効果に伴って、「ついでに」改善してしまった、という感覚です。

このように、たいてい、メディラクスプラスにせよ、オーロラ(E-max)にせよ、10回もやればかなり状態がいろいろ改善されます。1年ほどかけて。

1年ぶりに会った友人知人からは「何か良い治療した?」と問われることでしょう。

重症のニキビには20回程度のフォト治療を要しますが、それにより、相当改善します。そして驚くことに、一旦完治してしまうと、もうそれ以後はニキビのためのフォト治療を全く要さなくなります。これが不思議なことですし、延々と続けなければいけない無限感なく、完治の気持ちよさを味わえます。

オーロラ(e-max)ではラジオ波のパワーも併用するタイプなので、ときに熱傷となることがありますが、頻度はかなり少ないです。また、そうなった場合でも、放置していれば時間経過で勝手に治まります。

引締めについてはPelleveという単極式のラジオ波発生器で、または、もっと安価なやり方としては、e-maxのマトリクスパワーというハンドピースで照射することで、1回やるだけでもなかなかの効果が得られます。これについてはキャンペン中で安価で提供しています。

当院は内科が主体ではありますが、サービスとしてこういう美容治療も提供しています。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png