院長BLOG

2019.05.16更新

ヤフーニュースによると、このたび白血病の新薬が3千万円という異常な高額ながら保険適応となったことが報道されました。

 

海外のベンチャー企業による、日本の健康保険制度の乗っ取りともいえるような話と考えます。

 

また、その仲介する業者なりの反社会性を推察しています。

 

審議会のメンバーの恣意的な行動が何かに操られている可能性すら勘繰ってしまいます。それほど非常識な値段です。

 

我々町医者、町医者だけでなく、普通の病院では、10円20円の薬を削減されたりする扱いを日常的に受けていますが、そんな中、新薬で難病の白血病治療薬だからということで、桁外れの高額な薬。

 

これも高額医療制度を利用すれば、実質タダ同然で患者さんの負担は済むことになるわけです。それは、他の被保険者の負担となり、また、我々医療側への責任転嫁となって相殺することになります。

 

こういうことが密室会議で粛々と進んでいくことは、日本の健康保険制度がますます崩壊へ向かうことになると危惧します。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png