院長BLOG

2019.05.13更新

久々に中距離ツーリングをしてきました。

2月にも行ってますが、また焼津で、今回は、町を見下ろす高草山という、標高500米ほどの山に、ちょっとした登山をして山頂で昼食をとるというものです。

地元の人たちによって、よく整備された登山道や道路となっており、いかに地域に愛されているかが分かります。

山頂には鉄塔があったり、木々に囲まれているので、景色はむしろ少し下にある場所のほうが良いですが、ちゃんとコンクリート製のテーブルや椅子などもあり、いまの時期などは気持ち良い風を感じることができます。

今回、ライド&ハイク、という形ですが、私的にはさらに発展系である、ライド&クライミング、さらにはキャンプ、というのが完全形のイメージです。しかし、気持ちだけ前のめりでも、体が全然置いてけぼり、というのが現実でして、、。これは北アルプスを登山してしまう老人のことを揶揄できないな、と。

今回は何か月ぶりのハイキングだったので、前日が寝不足や脱水気味だったということもあり、友人ともどもヘトヘトになりましたが、頂上でのちょっとしたカフェでまずまず満足の運動レクになりました。こういう、ちょっとした運動を継続しなければ、と痛感しました。いかに毎日のちょっとした時間をつかった運動をするか。

さて、この高草山の中腹には笛吹段公園というキレイな広場があり、見ると、そこでテント泊して夜景を楽しむこともできるような素晴らしい公園でした。ただ、地元の人たちの憩いの場なのでしょう、そこへ至るために通る道路には、部外者は遠慮するように、という内容の看板があります。

さあ、今年はいよいよ、灯台下でテント泊をしようかなと考えています。いつも思うことですが、クリニック主催でそういうの企画しても良いなあ、と。多分マニアック度高くてなかなか手を上げる参加者いないでしょうけども。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png