院長BLOG

2019.05.11更新

3月4月は花粉症が目だちましたが、4月末あたりから今度は、喘息とかアトピーの患者さんが目立つ印象があります。

内因性のステロイドの低下が原因なのだろうかと考えています。

現代人はアレルギーを来たすことが多い、また、それはストレスが関与している印象も実臨床をしていて感じます。

私、開業医となり10年を過ぎましたが、開業後の10年間の方が、それまでの10年間よりも、経験値が桁違いにたくさんです。

小児から老人まで、ワクチン業務、健診業務といった、予防医学から、実践的医療、老人医療たとえば認知症とかフレイル、老人ホームの往診などまで、そして内科も外科も、ありとあらゆる科目をプライマリケアとして診療対象としています。いまどきありがちな、専門性をしぼるというトレンドに敢えて反する形、私自身の地域医療の原点、本質的医療とはこうあるべきだというスタンスです。結果的に美容領域や日帰り手術まで、かなりの範囲領域で、何でも対応できるようになっています。

最近では患者さんの診療を通じて、社会の傾向まで透けて見えるような感覚があります(それは言い過ぎかもしれませんが)、、。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png