院長BLOG

2019.04.09更新

普段当院が何かとお世話になっている、愛知国際病院ですが、小児科の先生が退職されることとなり、小児科自体がなくなるという話を患者さんから伝え聞きました。

何とも寂しいことですが、他にお仕事が何かしらあるとのことですから、仕方がありません。私が独立開業するまえの時代には、うちの子供も何度かお世話になったこともあります。ありがとうございました。

これまで地域の大きな役割を担っていたと思いますが、それが消失するとなると、、、。また別の先生が来られて再開されるかも知れませんけれども。

とりあえずは当院は小児科を標榜しておりますので、もし子供さんの病気やワクチン接種などのことでお困りでしたらお気軽に受診ください。

当院も開院し10年を過ぎましたので、いろいろな変化が地味にいろいろあって、時の流れというものを実感するようになりました。定点観測ですから。親しくさせてもらった患者さんもお亡くなりになったりとか、寂しいことも増えました。

まあ、そうは言っても、頑張って生きていくしかないのですから、頑張るしかありません。

当院ではアミーゴの結界を張っています。ツバメもその一員であり、観葉植物もしかり、象徴です。この結界に入ることで何かしら元気になり、インスパイアされるように、ときには診察において厳しいことも言わせてもらいますが、それは背景に大きな気持ちの裏付けがあってのこととご理解くださるようお願いいたします。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png