院長BLOG

2019.04.01更新

昨日、日曜は珍しく鶴舞公園の花見会場を歩いてきました。報道ではちょうど見ごろとか言われていましたがまだ平均して4分から6分咲きといったところでした。そしてこの日はときおり雨ふったり風が寒い不安定な天候で、皆さん風邪ひくかもしれないような環境でよくこれだけ賑わうものだと驚きました。

もう何年前になるのか、私が大学院で名大病院と医局に4年間通ったころというと、15,6年前になってしまうんですが、そのころの鶴舞公園の花見というと、そんなに屋台出店もなかったし、浮浪者の建てた、ブルーシートで出来た家モドキの小屋がたくさんあったし、ましてやzip fmのイベントとかはなかっただろうし、という状況だったのですが、時代は変わるものだなあと感慨深いものがあります。

年をとると人混みに恐怖すら覚えます。とくに今の時代、凶暴な犯罪が多い印象もありますし、名古屋もずいぶん国際的な街になったなあと思うほどに多国籍な人たちがかなり花見に来ていましたね。外国人だから怖いということはないですが、マナーとかルールというものについては地元の人間である我々が少しずつ教えてあげるようにすると良い社会を形成できるだろうと思います。昼間はまだまあまあ騒いでいる人達がいるという程度でしたが、混雑がひどいというのもあるし、また、夜とかになったらちょっと危ないかもしれないと思います。

まだ1週間くらいは見ごろが続くでしょうが、花見も風邪ひかないようにしてほしいなあと思いました。浩養園とかが出店して鍋料理など提供しているのもあったりしましたが、そうでなければ火器使用禁止ということでしょうから、温まる要素はほとんどないですからね。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png