院長BLOG

2018.11.29更新

今年も11月いっぱいで住民健診、がん検診が終わります。

予約はすでに満杯なので、今年申し込まずに終わった人は来年是非早めに受けましょう。6月から始まりますのでね。

ちなみに今年は当院のエコー検査で肝臓腫瘍が見つかりました。

幸いなことに紹介先で精査したところ、良性であることが判明し安堵しました。いずれにせよ、苦痛を伴わずにすぐに結果が分かる画像検査として、エコー検査は大変有用です。

当院では腹部全般のスクリーニング(肝臓、膵臓、胆嚢、腎臓、膀胱、前立腺、卵巣、子宮)と、乳腺エコーと、必要に応じて甲状腺、ガングリオン、頸動脈、静脈瘤、といった病変や臓器にもエコー検査を行うことができます。

エコー検査は最近の若いドクターはおそらく専門以外の臓器についての訓練は受けていない時代だと思いますが、私世代はちょうどなんでもやらせてもらえた時代だったため、また、大学院ではエコーの達人の上司といっしょに勉強会を続けたりして、それなりに修練を積みました。現在ではクリニックの医師なので、スクリーニングを主として行なっておりますが、エコーのスペックも中規模病院並みの機種であり、苦も無く病変の描出や判読可能です。

東大病院での肝移植チームに所属していたときには肝臓のエコーを中心に学びました。いまもそうだろうと思いますが、いまから16,7年前のことですが、ほとんど病院に泊まっていた濃密な3か月の研修期間でした。それほどに肝移植チームの激務には驚かされました。東大の先生方は体力がスゴイし知力もスゴイと感嘆した覚えはいまだに鮮明に残っています。

 

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png