院長BLOG

2018.11.26更新

私自身が乾燥肌になりやすい(年齢に伴い)ので、このところ風呂後や起床時の顔の乾燥はひどいです。

ちりめんジワになるし。これは乾燥肌によるものです。

ちりめんジワがいずれ大ジワになりますからね。治療が大切です。

 

良くヒルドイドローションが塗りやすいからといって年中季節関係なくこれを所望される患者さんがあるのですが、この時期冬はローションでは不適切なことが多いです。軟膏、クリームタイプを推奨しています。

塗りやすいイコール効き目が良い、ということではないのです。

人は皆、楽な方法を好みます。でもそれはときとして不適切になります。機械はどんどん楽になる方向で良いでしょうが、人間は生き物です。いくらいまの時代でいろいろ便利なものや薬があっても、やはり相手が生身の人間で生き物ですから、簡単にはいきません。

また、皮膚炎がひどくなって、明らかにステロイドの使用を推奨される場合でも、患者さんによっては保湿剤だけで良いと主張されることがしばしばありますが、当院においては通用しませんのでよろしくお願いします。

成人のアトピーとか慢性湿疹では、経過が長いため、治ってないのにすこし症状が緩和するともう治療を中止してしまうことが多々あります。

子供さんの場合でも、親がそういうスタンスだと結局成人アトピーになるまでダラダラと完治させずに終わってしまうこともあります。

乾燥肌とか、夏だとトビヒとか、最初はそういうきっかけから皮膚炎に発展増悪します。その時にバチっとしっかり治療をしてやればすぐ治りますが、それを中途半端にするとダメです。

皮膚のバリヤーが破たんすると皮膚のリンパ系に入ってしまい、病変が広がってしまいます。つまり局所皮膚炎だったのが全身免疫疾患となってしまうのです。

女性で化粧をする人の場合(ほとんどの女性はそうでしょう)、この冬は乾燥が余計に顔の皮膚に悪影響を及ぼします。化粧や洗顔をする顔だけに乾燥性皮膚炎を発症することがあります。これは保湿剤とか化粧水励行とかそういうレベルではない、要治療です。のちのちの炎症後色素沈着(つまりシミ)にならないために大変重要なところです。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png