院長BLOG

2018.10.01更新

土曜日は台風上陸前夜ということで、大雨でしたが、名古屋市内でのセミナーに参加してきました。

 

大阪市内でクリニックをされている千福先生による講義でした。講演、というよりはより実践的な講義、という印象。

毎回この先生の講演を聴くたびに思うことは、本当に賢い人というのはこういう身近なところにもいてしまうものなのだなあ、ということです。そして大変にお元気。

講演のされ方も大変に素晴らしく上手。

世の多くの開業医はくたびれている印象があります(それは医師会での大きな集まりでいつも感じること)が、この千福先生はなんと元気なことでしょう。顔ツヤも御髪もパリッとフサフサ。

そして今回の講演でも新しい知見をたくさんいただきました。

あとで全部復習しないととても覚えきれないわと思うほどの盛りだくさんの濃い内容でした。

千福先生の講演が素晴らしいのは、難しい漢方の理論や文献を、西洋医学とうまく合致させてエビデンスをからめて分かりやすく分類解説される点です。こういうことは相当賢くないとできないことです。名前が福々しいだけあって、何か神仏がこの世に遣わされた人物ではないかとすら勘繰っています。

私がメモしただけでも、

人参湯、黄耆湯、柴胡、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、小建中湯、甘麦大ソウ湯、黄連解毒湯、抑肝散加陳皮半夏湯、加味帰脾湯、五苓散、麦門冬湯、小半夏加茯苓湯、呉茱萸湯、などなどの漢方が紹介され、それだけでなく講義内容資料にはもっと多数の漢方が紹介されています。

理論についてもいろいろと解説され、先述のようにうまく分かりやすく分類し、難解な古典文献を現代語訳され、かなり実践的に説明してくださいました。

今回はとくに、これからの季節、秋冬に有効な漢方、というテーマでいろいろ紹介してくださったので、またまた嬉しい内容でした。

この日この時間、行きも帰りも大雨でしたが、名古屋市内繁華街は人やタクシーが大賑わいで、明日台風が来るというのにやたら景気がいいことだなあと感じました。今月半ばに東京に行ったときにも感じましたが、例えば東京では早朝から皆さん頑張って働いている、そして夜中明け方まで飲み屋街はワイワイ賑わっていたのをみるに、今回の大雨の名古屋繁華街の賑わいを重ね合わせると、景気は今後良くなるのではないかと思っています。

ただし、そこへ水を差すのが働き方改革と称した大企業の業務縮小。これは大企業しかできないことであり、中小零細企業では到底できないことではありますが、大企業が働かなくて景気が改善するわけないです。これが残念なことです。ただし、中小零細は今後しばらく上昇するでしょうし、大企業もサボり方針になるのであれば何年かかかって低迷することになるでしょう。こんなことは、ゆとり教育が失敗したことからも明らかなことです。官僚が考えることって、プレミアムフライデーとかいう言葉のでたときもそうでしたが、たいていはロクでもないように思ってしまいます。高級国家官僚の皆さんは責任とらなくていいんだから楽ですわね。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png