院長BLOG

2018.09.18更新

先週末は土日を利用して、まず土曜日に、東京は杉並高円寺にて、学生時代の先輩、同級生との会合があり、各々の専門分野の知見や各々の職位立場での諸事情などを聞いたりして、たくさんいろいろなことを学ばせてもらいました。

日曜は早朝出発して銚子、犬吠埼灯台へ。

日本では現時点で登れる灯台15か16基あるのですが、そのうちの1か所がこの犬吠埼。それだけでも貴重なのですが、関東最東端、そして明治時代にイギリス人技師ブラントンの指揮により建設されたもので、なおかつ日本で最初に国産のレンガで作られた灯台、という、いろいろな意味でもまた貴重。そして最大の特徴は、いまとなっては本当に数えるほどの灯台でしか使用されていない、第一等フレネルレンズが現役で稼働している、ということです。

またこちらには資料館がしっかりしていて、初代犬吠埼第一等フレネルレンズの展示や、沖ノ島で使用されていた一等フレネルレンズ(大正11年から平成19年までしようされていた)が回転装置と一体となり実際に点灯し回転している展示(一等レンズが回転装置と一体になって展示されているのは犬吠埼の展示館のみ)、霧笛装置の展示など、かなり価値の高いものの数々が、もったいぶるようなことも一切ない気楽というか気さくな感じで展示されており、その凄さに大変に感動し、また展示のありがたいスタンスに好感を持ちました。地元の人はあまり思わないかもしれませんが、遠方から来た身としては、そして灯台を好む人間としては、犬吠埼の価値は実にものすごく大きいのです。ちょっと観光地、というような軽いものではなく、ものすごく価値の高いところなのです。

銚子や犬吠埼にはほかにもいろいろ観光地や土産物店や飲食店があるようですし、ちょっと行けば九十九里浜があるのですが時間の関係で今回はスルーしましたが、九十九里浜は学生時代以後行ってないのでまた行きたいところです。夜中引き潮で波が静かなとき、月明かりがきれいだったことを思いだします。砂浜で防波堤を背中側にして立っていると、波音が360度の方向からサラウンドで聞こえてきて感動した記憶があります。

犬吠埼の近くには刑部岬というところもあり、ここにも小さいながら飯岡灯台というのがあり、そこにも立ち寄りました。しみじみとした景観や風情が味わえます。

房総へは東京から高速道路で移動したのですが、途中にある湾岸市川パーキングエリアのカツサンドはめちゃくちゃ美味しく、犬吠埼からの帰路でもまた立ち寄り食べたラーメンがまた大変美味しくて驚きました。スープをほぼ全部飲み干したほどです。

 

足の調子もだいぶ改善してきましたし、去年は中止となってしまった日進の花火大会も今年は無事成功裡に終わったようですし、やっと涼しくなってきたので、これからはいろいろとまたでかけたいと思います。今年の夏は本当にしんどかったですし、9月に入ってもこれまで台風や秋雨続きでなかなか秋晴れを目にすることがなかったですからね。

 

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png