院長BLOG

2018.07.30更新

先週末土曜日は午後から夜まで研究会3件参加してきました。

1つめはおりど病院の講堂でのもので、糖尿病性網膜症についての講演2題でした。最初は日進市のいしやま内科クリニックの石山先生から、糖尿病とその合併症の1つである網膜症との関連についての一般的な解説、2つ目は名市大眼科寄付講座教授の植村先生による、現代の糖尿病性網膜症の治療についての概論についてです。昔はレーザー治療一辺倒だったのが最近では分子標的剤の局所注射や硝子体手術といった新しい技術や薬がでてきており、とくに分子標的剤の局注については主役になってきているとのことでした。

2件目の研究会は名古屋市内にて、愛知医大皮膚科との連携の会で、乾癬に対する現代の治療の進歩についてと、保湿剤の使い方という、最先端のものと日常臨床の内容との良い組み合わせ演題でした。尋常性乾癬については当院でも診ている患者さんが何人かありますが、重症の場合にはいまはいろいろな治療の種類が広がっており、何らかで対応すればうまくいきそうだという印象を持ちました。また保湿剤の使い方については、皮膚炎などの理由により汗腺の分泌がうまくできない病態に対して、ヘパリン類似物質保湿剤は非常に有効であることなど、専門医ならではの症例提示をされながら、我々開業医が翌日から実行できる知識を与えてもらえました。

3件目は同じホテルの別会場という好条件だったので、移動の手間なく済みました。漢方セミナーで、とくに六君子湯についての講演でした。この薬剤については当院でもよく使う種類の漢方薬で、これまでにたくさんのエビデンスが報告されているものですが、さらにそれらを復習するような形で、かつ、精神ストレスの緩和作用も期待できること、また、PPIといった強い制酸剤を増量する代わりにこの漢方を併用すれば同等の効果が得られることなどが臨床試験から言えることなどたくさんの結果報告をいただきました。

最近は暑さで夏バテぎみなのか、講演参加者はいずれも満員とはいきませんでしたが、では私はなぜにちょこまかと、貴重な休みを費やしてこのような講演会に積極的に参加するのかと、自分に疑問を投げかけたこの土曜日でした。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png