院長BLOG

2018.07.23更新

いま盛んに熱中症についてマスコミで取りざたされておりますが、例えば大災害で過労状態を強いられている被災者の方々が体調不良や病死してしまう場合、それは熱中症だけでなく、過労蓄積による脳梗塞や心筋梗塞である可能性があることも注意を呼び掛けてほしいものだと思います。

つまり、猛暑なので熱中症に注意をすることはもちろんのことですが、それだけですべてを解決理解したような気持ちになっていると、実は過労や慢性疲労の蓄積のことがおそろかにされ、熱中症だけ気をつけていれば良いのだということに誤解されかねません。

マスコミの責任はそれだけ大きい、ということ。

夏は脱水症状や消耗状態になりやすいので、全身の虚血、ひいては脳や心臓といった重要臓器の虚血を来たし、致命的なことになりかねません。

高齢者やメタボ症候群の人は注意していただきたいと思います。あまり熱中しすぎてはダメなのです。それが遊びだろうと仕事だろうと。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png