院長BLOG

2018.06.07更新

湿度が高い時期になったと思っていたら中部地方も梅雨入りしました。

蒸し暑くはありますが、気温が抑えられるため、熱中症や日焼けのリスクは減ります。

蒸し暑く感じたときに、冷たい飲食を摂りすぎると、内臓疲労から体調を崩す恐れがありますので注意したいところです。

また、寝入りのときに蒸し暑いかもしれませんが、だからといって、薄着すぎる寝間着だと、寝冷えして風邪ひくことになります。

とにかく、体を冷やさないように努めることが大事な時期ではありますが、それさえ気をつけていれば、風邪なども本来ひかない季節です。

ただ、カビの発生については室内のカーペットや畳、寝具などに注意が必要ですね。

そういえばこの時期、シミの治療相談が比較的目立つのが当院のパターンです。シミの治療はレーザーで簡単と思っていると意外にリバウンドしやすかったりするので、実際には肌質やシミの種類により治療方法をかなり用心深く吟味しなければならないのが本当のところです。

一番無難なのはフォトセラピーの軽いタイプでの治療です。これはリバウンドの副作用の心配がなく、ゆっくりと効き目を体感できます。

紫外線が多くて皮膚が傷みやすいいまの時期は、強いレーザー治療よりもこういった優し目のタイプのほうがお勧めです。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png