院長BLOG

2018.05.01更新

首にポツポツとした点々の茶色い病変で地味に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

当院ではラジオ波を使用して跡形もなく治すことができます。

費用もリーズナブルだと思います。もちろん病変の程度により違いますので個々に提示します。

一般的な皮膚科では液体窒素での治療がなされると思います。うまくやればそれでも良いでしょう。

ただ、液体窒素は調節が難しいです。一度で治らなかったり、凍傷の跡がひきつれてしまったり。そして1か所あたりの施術時間もかかることでしょう。病変の程度により、医師の技術で上手に凍結させてやらなければなりません。

当院の治療デバイスは、要するに美容用の電気メスとでも表現できるもので、ラジオ波という電波を病変に焼灼して蒸散させます。出力やハンドピースの先端の形状をいろいろ調節設定できるため、比較的簡単に治療ができ、病変に対して過不足ない焼灼ができます。

1,2週間のかさぶた期を経て、ポロポロと脱落すれば、その後の淡い赤みが自然に治まるのを待つだけです。治療時期を選びませんが、もしこのかさぶた期が気になる場合には、スカーフやハイネックの衣服を着用する季節が良いかもしれません。夏だからできないとか紫外線がどうだのと気にする必要はありません。

こういう病変の治療って、どこで相談すればいいのかな、と日頃から思っている方は少なくないのではないでしょうか。当院では口コミでどうやら伝わっているようですが、今回、ある患者さんから、当院でこの治療をしていることを教えてあげたら、喜ばれると思うよと言われたので、とりあえずブログで挙げることにしました。

ちなみに、このポツポツイボの原因は、、老化ではなく、パピローマウイルスのうちの1種による感染によるものです。このタイプの表現型に対する特効薬はありませんので、例えば、ヨクイニンの内服や何かしらの外用剤では治りません。

現在この手の小手術処置は2か月ほど待ちの状況となっております。治療希望の方はお早めに受診ください。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png