院長BLOG

2018.04.05更新

3月も花粉症がひどかったですが、、4月に入ったらモノスゴイキツイです。

黄砂によるアレルギー症状についても徐々に研究されはじめており、どうやら花粉プラス、ハプテンとしての黄砂が余計に悪さしているようです。

考えたら単なる砂にすぎないのに、あまりにも細かすぎるとやはり生体に何かしらの異物反応を惹起させるのでしょうね。それはアスベストや粉じんによる健康被害も同様かと思います。

さらにPM2.5やら何やらというものまで吹き込んでくるわけですから、この時期は何かと大変です。

私の場合、内服と点鼻と点眼の3種盛りで治療して何とか対応しています。このようなバランス治療をお勧めします。

この時期しばしば会話にでる「花粉か風邪か分からない」というセリフは、たいてい花粉だと思った方が良いでしょう。でもまあ対症療法として、ノドが痛ければ痛みを緩和する治療も当然併用します。つまり、抗生剤を要するほどの感染性のものはあまりないよ、という意味です。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png