院長BLOG

2018.02.17更新

良い仕事とは単に割安だとか、逆に高い値段だからいいだろうとか、そういうものではなく、リーズナブルであるということが大きいポイントではなかろうかと思います。

公平性を保つというのも同じことで、誰かだけ特別扱いは他の人にとってリーズナブルではないでしょう。

そのリーズナブルという感覚は各々違うのは当然やむなきことであって、その感覚がその店なり病院なりに合った人がそこを利用する、つまり、価値観が共有できるパーセンテージが多い場合、継続的な付き合いができるのではないかというのはあるはずです。意識してなくても。

医院や病院はパターナリズム(父性)が求められることが少なからずあります。それをどこまで許容できるかを各々の施設で設定しているのは独自性でしょうが、リーズナブルであることに反する程度にまでなるとそれは破たんを招きます。

当院では美容医療についてはかなり安いと思いますが、それは当院なりのリーズナブルな設定をしているだけであって、格安を売りにしているわけではありません。

また、肛門や鼠径ヘルニアの手術を日帰りでやる、しかもおそらく日本一安いと思いますが、それも最低限の保険診療請求しかしていないからというだけのことです。でも、だからといって、いい加減な治療や苦痛を強いる治療はしてません。おそらくもっとも気軽に、短時間で、苦痛なく、通院に際しての制約や事前の煩わしい不必要な検査や処方や前処置を強いることもなく、良い治療ができると自負しています。

例えば肛門疾患の手術でいえば、当院ではほとんどが比較的若い女性患者さんです。出産後に発症したイボ痔というケースが一番多い印象があります。

痔ろうの手術の場合、かなりのバランス力や総合力が試される手技なので、なかなか日帰りで行うところは多くないですが、当院はそれもすべて日帰りです。手術時間も短いです。決して無理をしないようにしています。でも根治性もきっちり確保するようにするのです。

鼡径ヘルニアの手術もそうです。必要最小限の侵襲を意識した術式なので、術後の痛みが大変少ないです。

投稿者: 三本木クリニック

  • まずはお気軽に
    当院へご相談ください
    内科/小児科/肛門科/外科/形成外科/皮膚科/美容
  • common_tel.png